The Kink Controversy: 2010年8月アーカイブ

retweet

先日このコーナーの「Shall we talk more about "Radiohead Syndrome"?」トピックにも投稿してくださった近藤真弥さんから、さらに興味深いお便りが届きました。

ダンス・ミュージックとは、いったいなんなのか? それに対する答えは人それぞれだと思いますが、みなさんもそれを考えていただくきっかけとなれば幸いです。

ちょっと前から(4、5年前からって感じかな?)、おもしろいと思うミュージシャンにインタヴューすると「音楽にのめるこんだきっかけは、両親のレコード棚」といった応えが返ってきたりして、当年とって47歳のぼくにとってはけっこう面食らってしまうことがよくありました。最近はさすがに慣れましたが。

なにせぼくらくらいの世代にとっては、まだまだロック/ダンス・ミュージック/ポップ・ミュージックといったものが親(の世代)に対する反発と直接結びついたりしてたから(でも、まあぼくの場合、エキゾチックな50年代以前の音楽も好きなのは、そういうのをよく聴いてた両親の影響なのかも...と、あくまでおとなになってから気づいたり...)。

彼の文章からも、そんな新世代感覚がバリバリに伝わってきます(俺も歳をとったものだわい、という:笑)。

では、どうぞ!

retweet

さてさて、フジロック前のドタバタのなかアップしたタモリに関する松浦達氏の原稿に対するレスポンスを、財津奈保子さんよりいただきました! ありがとうございます! 早速アップさせていただきます!

retweet

タモリとは、今、日本で最も「特殊」な人物のひとりなのかもしれない。

ある程度年齢を重ねた方であれば(もしくは、そういった世界に興味がある方であれば)、彼が「どんな場所」から「浮上」してきたのか、ご存知だろう。たとえば、ハナモゲラ語。ああいったものがこの10年代に出てきたら、どんな受け止め方をされるのだろう? 現在の状況では「自主規制ゆえメジャーな電波で流れることはむつかしい?/いわゆるネット右翼的な人たちがそれにどんな反応を示すか、なんとなく考えるだけでおそろしい」という、極端な二律背反を呼ぶ気がする。

そして「今」の彼は?

実に興味深いテーマだ。これを機会に、タモリについて、またはビートたけしや松本人志について考えてみるのも楽しいのではないだろうか。