news

retweet

今回の「表紙」にフィーチャーされたのは、来週末に待望の来日を果たすワイアー。彼らのインタヴュー記事は、こちら

「DLすると横幅が1500pixel」となる画像をアップしました。あなたのPCの壁紙に使えるかも?

2011年6月26日10時25分 (HI)

retweet

絶賛発売中クッキーシーン・ムック第2弾『Pop & Alternative 2011』の出版を記念しておこなわれるトーク・イベント、しめくくりはこれ! 去る2月に開催して大好評だった「サエキけんぞう×クッキーシーン presents 洋楽トーク」のニュー・ヴァージョン!

今回はゲストに「プロ・インタヴュアー&プロ書評家」吉田豪さんをお迎えして、「80年代から10年代を逆照射する」というテーマでお送りします。

豪さんは、日本のロックやアニソンのみならず、ディープな洋楽ロック愛好家でもあります。そんな彼が(主に)「洋楽」について語るイベントというのは、なかなかレアなのでは?

いろんなビデオ映像などもお見せしつつ、かなり濃い(約)3時間になると思われます。前半(1時間半)はユーストリーム中継もおこないますが、(2月の「洋楽トーク」もそうだったように)ユーストリームが終わってからのほうがさらにリアル(デンジャラス)になる...と思われます!

そして、日本一のマイ・ブラッディ・ヴェレンタイン・マニアとして知られる(『シューゲイザー・ディスク・ガイド』でおなじみ)黒田隆憲さんのゲスト参加も決定!  ← 【6月28日追記】

よろしければ、是非ご来場ください!

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

日時:7月6日(水)19時30分〜22時45分ごろ
場所:ototoy

トーク・テーマ:「80年代から10年代を逆照射する」
出演:吉田豪、サエキけんぞう、黒田隆憲、伊藤英嗣

料金:2,500円(セルフ・サービスで、お茶、コーラなど飲み放題)

詳しくは、こちらototoyのページ下部のフォームから!

注)今回は「予約」なしでもご来場可能です!←【7月6日追記】

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

なお、ユーストリーム放送は、こちらからご覧になれます。7月6日(水)19時30分ごろから約1時間30分(イベント前半のみ)配信開始でございます。微妙にせこくて、すみません m(_ _)m ←【7月5日追記】

よろしくお願いします!
2011年6月28日14時56分(HI)

retweet

絶賛発売中クッキーシーン・ムック第2弾『Pop & Alternative 2011』の出版を記念して、6月後半から7月前半にかけてトーク・イベント3連発をおこないます。

1発目、6月22日にドミューンで配信された「クッキーシーン presents サマー・オブ・ラヴ」は大盛況のうちに終了しました。ありがとうございます! 2発目は、以下のとおりになります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

日時:7月1日(金)19時〜20時
場所:タワーレコード新宿店10F

トーク・テーマ:「ポスト・パンク(とエロ)」
出演:ロマン優光(ロマンポルシェ。)、伊藤英嗣

料金:無料
タワーレコード新宿店にて『Pop & Alternative 2011』をご購入の方には、サイン会参加券が配布されています。サイン会はトーク終了後におこなわれます。

なお、当初このイベントは、ブラッドサースティ・ブッチャーズのDVD『kocorono』の発売記念イベントも兼ねた合同企画でしたが、吉村秀樹(ブラッドサースティ・ブッチャーズ)の入院により企画変更となりました。吉村秀樹(ブラッドサースティ・ブッチャーズ)のサイン会参加券をお持ちのお客様には、タワーレコード新宿店にて、サイン会参加券と映画 『kocorono』パンフレット(ブラッドサースティ・ブッチャーズ・メンバー全員のサイン入り)を引き換えさせていただきます。引き換えは、上記イベント終了後より店頭にて行ないます(7月2日以降も店頭にて受け付けさせていただきます)。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

ふるってご参加ください。お目にかかれるのを楽しみにしています!

2011年6月24日14時43分 (HI)

retweet

先日、ここでお伝えしたとおり、標題の件をアップしましたが、読者(Readers)さんパート伊勢谷真臣さんの記事をアップする際に不手際がございまして、リンクされていない状態になっていました。

それを修正させていただきました(汗)。

伊勢谷さん、ならびに読者のみなさん、本当に申し訳ありませんでした...!

2011年6月13日5時34分 (HI)


retweet

今回の「表紙」にフィーチャーされたのは、セカンド・アルバムがリリースされたばかりの4人組、グラスヴェガス。中心人物ジェームズ・アランのインタヴュー記事は、こちら

「DLすると横幅が1500pixel」となる画像をアップしました。あなたのPCの壁紙に使えるかも?

2011年6月10日21時28分 (HI)

retweet

標題の件、去る2月14日に第1弾をアップした際にここで予告していた第2弾を、ようやくアップすることができました。

ここで述べたような事情(?)があったとはいえ、大変遅くなってしまい申し訳ありませんでした...。

読者の方4名、そしてコントリビューター4名、計8名です。ここの「Enter」から入っていただき、並んでいるもののうち「2011年6月8日更新」と表記されている8件が今回のアップ分となります。

先日発売されたムック第2弾にも、2010年をふりかえるガイド・ページがございます。なんというか、それと並んで、お楽しみいただければ幸いです!

2011年6月8日21時33分 (HI)


retweet

長らくお待たせしてすみませんでした。先ほどカヴァーを更新しました。今回フィーチャーされたのはザ・ヴァクシーンズです。

震災直後(3月18日)に無理をおしてアップしたR.E.M.から久々の更新となります。

それから現在まで、レヴューなどは少しづつアップしてきましたが、より複雑な作業となるインタヴュー記事のアップが滞っていました。

あの天災/人災の余波で精神的にきつかったことや、周囲もかなり浮き足立っていたということだけではなく、もとは3月から始める予定だったクッキーシーン・ムック編集の実作業のスタートも遅れたことにより"修羅場"度が増したことなど(使用する予定だった紙が入手できなかったりとかも...)さまざまな理由が混在しています。とにかく、そこでしばらく物事が完全にストップしてしまったのは大きかった。そのうえ、震災後、このクッキーシーン・サイトの編集部体制も変わることになりました。

これまでスタッフとして約1年間がんばってくれていた小熊くんが辞意を表明(とりあえず、コントリビューターとしては、ひきつづき関わってくれる予定になっています)、新しい編集部となります。

その形もほぼ決まっている感じですが、ひきつぎなどに、あと1ヶ月くらいはかかってしまいそうです。伊藤は伊藤で、ちょっと別の仕事も抱えていて、なんやかんやでドタバタと(すみません...!)。

というわけで、新体制が動きはじめるまで、まだ「再スタート!」と声高には言えない感じですが、この先インタヴューや「表紙」の更新なども、少しづつ頻度を高めていきたく思っています。

伊藤個人としては、このヴァクシーンズのあとにおこなったインタヴュー(いわゆる「新譜インタヴュー」ではありません)を、あと2本抱えています。

また、先日グラスヴェガスの取材をおこないました。これは「新譜インタヴュー」であり、より早めにアップしたい! というわけで、来週末までの発表を予定しています。そして、これは是非「表紙」にしたい! というわけで、ヴァクシーンズの表紙期間が短くなってしまいますが、このインタヴュー記事の最後にも触れたとおり、ヴァクシーンズにはもう一度取材したという希望を持っています。その際には、また彼らが「表紙」になるかも?

というわけで!

2011年6月3日13時51分 (HI)

retweet

昨年12月に発売された大好評のムック第1弾につづき、今度は『Cookie Scene Essential Guide: POP & ALTERNATIVE 2011』の登場!

6月2日(木)に、第1弾と同じく、CDジャーナルでおなじみ(株)音楽出版社から発売されます。

表紙&内容は以下のとおり!

CSM2_H1_226.jpgCSM2_H4_226.jpg


Side A(文章横書き)

表紙:デンジャー・マウス&ダニエル・ルッピ&ジャック・ホワイト&ノラ・ジョーンズ

特集1:デンジャー・マウス&ダニエル・ルッピ・プレゼンツ『ローマ』スターリング・ジャック・ホワイト&ノラ・ジョーンズ


その名のとおり「デンジャー」なヤツ! 00年代後半以降、ナールズ・バークレイや『ダーク・ナイト・オブ・ザ・ソウル』などによって世界を騒がせてきたデンジャー・マウスが、イタリア出身の映画音楽家ダニエル・ルッピと組んで架空のサウンドトラック・アルバム『ローマ』を制作した。リード・ヴォーカルを務めるのは元ホワイト・ストライプスのジャック・ホワイト、そしてノラ・ジョーンズ! この特集では、昨夏に来日を果たした際に取材をおこなったデンジャー・マウスの未発表インタヴューもフィーチャーしつつ、このアルバムの、そしてデンジャー・マウスの魅力にさまざまな角度から迫ります。

特集2:セレクション2011

2011年1月〜6月にリリースされたディスクからクッキーシーンお薦めの「ポップ/オルタナティヴ/21世紀ロック」な105枚を厳選して、一気に紹介します。もちろん全部は無理でも、まずは興味をひかれたものから聴いてみよう!

特集3:セレクション2010

2010年1月〜12月にリリースされたディスクからクッキーシーンお薦めの「ポップ/オルタナティヴ/21世紀ロック」な200枚を厳選して、一気に紹介します。(以下同上)

Side AA(文章縦書き)

表紙:プライマル・スクリーム


特集1:Second Summer Of Love Again

80年代後半のUKを席巻して、90年代初頭にプライマル・スクリームの傑作『Screamadelica』(今年20周年記念盤がリリース)や「インディー・ダンス」〜「マンチェスター・サウンド」を生んだムーヴメント「セカンド・サマー・オブ・ラヴ」とはいったいなんだったのか

パート1:プライマル・スクリーム:『Screamadelica』解説、プライマル・スクリームのボビー&イネス&マーティン(元フェルト)&マニ(元ストーン・ローゼズ)そして『Screamadelica』の立役者アンドリュー・ウェザーオール・アーカイヴ・インタヴュー集

*お詫びと訂正:この部分の、P151-150、『Screamadelica』に関する解説記事中、その20周年記念版日本盤の限定盤に関して「CD4枚+DVDヴァージョン」という表記がございます。これは誤りです。正しくは「CD3枚+DVDヴァージョン」となります。詳細は、サイドAA表紙裏(表3)の広告ページなどをご覧ください。申し訳ありませんでした!

パート2:ニュー・オーダー:セカンド・サマー・オブ・ラヴの拠点のひとつとなったマンチェスターのクラブ、ハシエンダの共同運営者でもあったバンド、ニュー・オーダーの(サマー・オブ・ラヴに結びついた)本質を浮き彫りにします。

パート3:80年代にはUK在住だったフォトグラファー&ライター久保憲司 vs クッキーシーン編集長伊藤英嗣による、ちょっと危険な(?)対談です。

特集2:Dig Post Punk

サマーソニック2011に、ザ・ポップ・グループとPILが出演! 00年代に始まったポスト・パンク再評価の波は、まだまだ終わりそうにない。でも、ポスト・パンクっていったいどんなもの? アーカイヴ・インタヴューを駆使したザ・ポップ・グループ&スロビング・グリッスル&ギャング・オブ・フォー詳説記事、そして縦横無尽に切りまくる吉村秀樹(ブラッドサースティ・ブッチャーズ)vs ロマンポルシェ。対談などをとおして、その"自由さ"を明らかにしていきます。

特集3:'80s Rock Now

ここ最近、80年代から活躍するバンドたちの見事な新作がたてつづけにリリースされています。それなら、'80sロックをあくまで"現在"の視点から見てみよう、という企画。冒頭に、ヒダカトオル(モノブライト) vs カジヒデキ対談を大フィーチャー! R.E.M.とディーヴォ、そしてOMDの、彼ら自身の発言を盛りこんだ記事のあとは、ザ・カーズ、ザ・フィーリーズ、デュラン・デュラン、トーマス・ドルビーなどの新作から、80年代(もしくは70年代末)までを逆照射する!

定価はムック第1弾と同じく1,500円となります。

一生懸命作りました。よろしくお願いします!

2011年5月21日0時22分 (HI)

retweet

先ほどカヴァーを更新しました。今回フィーチャーされたのはR.E.M.。彼らのニュー・アルバムに関するインタヴュー記事は、こちら

「DLすると1500pixel角」となる画像がアップされています。ダウンロードすれば、あなたのPCやiPad、iPhoneの壁紙に使えるかも(ちなみに弊記者はiPhoneのロック画面壁紙に使おうかな...と思ってます。時間があれば、ですが...:笑)!

2011年3月19日0時51分 (HI)

retweet

大変遅くなってしまい申し訳ありません。「2010年のあなたのプライヴェート・ライフを最も彩ってくれた10枚のアルバム」特集「第1回アップ」のための最終作業、この連休中ずっとつづけておりましたが、ようやく完成しました(汗)!

題して...これが『最先端』音楽事情だ、なう!

...かどうかはよくわかりません。でも、すでに全部を読んだ拙記者からすると、図らずも「総体」としてそうなっているのかも? と思えます。

今これをご覧になっているページの右側からではなく、(「表紙」を除く)トップ・ページ右側最上段のバナー、もしくはこちらから、どうぞ!

>>>>>>>>>>

以前お伝えした〆切日(2月7日)をすぎていますので、読者のみなさんからのご投稿は受付は完了とさせていただきます。すみません...。なお、2月7日の夜、〆切ギリギリにお送りいただいた分に関しては、「第2回アップ」にまわさせていただきます! ご投稿いただいたみなさん、本当にありがとうございました!

「第2回アップ」は、遅くとも今月中には(なるべく早めに)おこなわさせていただきます(2月7日の夜にお送りくださった方々にメールでお伝えした予定より遅くなってしまいそうです...。どうかご了承ください...)。

以前お伝えしたご応募要項から大きくはずれた形でお送りいただいた数通(たとえば、ご自分のブログへのリンクのみをお送りいただいた方や、2009年リリースのものが大量にセレクトされているうえになんのコメントも書かれていなかったものなど...)に関しては、大変申し訳ありませんが掲載させていただくことができませんでした。こちらも、どうかご了承ください。

1)「正しい形でお送りいただいたはずなのに載っていない」という場合は、当方のミスということも考えられます。お手数ですが、FEEDBACKコーナーからご一報いただければ幸いです。

2)表記などは、できる限りクッキーシーンの書式にのっとって修正させていただいております。なるべく細かく校正したつもりですが、絶対に完璧ではないと思います。すみません。ご自分の原稿にアップ時のミスを発見された場合も、どうかご一報ください。

3)プレゼントにご当選された方には、2月10日までにメールをお送りするとお伝えしましたが、「第2回アップの直後にお送りします」と訂正させていただきます。すみません!

>>>>>>>>>>

返す返すも、申し訳ありませんでした。今後こういったことがないよう、精進していくつもりです。何卒ご容赦を...。

奇しくもヴァレンタインズ・デイのアップとなってしまいました。

チョコレートではありませんが、ぼくらから「愛」のこもったプレゼント。「♪It's my bloody valentine's day party, so cry if I want to...」とかおっしゃらず(正直「Me, too...」ですけどね:笑)、どうかお楽しみください!

なお、こちらのデザインは、今週中にちょっとモディファイさせていただきます。また、ロゴまわりのヴァージョン表記が、のちほど(今から48時間以内くらいには?)Version 4.5に変わります。

2011年2月14日14時18分(HI)

*「第2回アップ」のほう、2月中にはできませんでした...。もう少々お待ちください。申し訳ありません!【3月1日(土)追記】

 1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  | All pages