live reports: October 2012アーカイブ

retweet

 かつてシカゴには、ロン・ハーディーというDJがいた。ロンのプレイを知るデリック・メイいわく、ロンは「マッド・サイエンティスト」だったそうだ。ロンは激しいEQ使いやトリッキーなプレイを得意とし、それはデリックのプレイを観たことがある者ならわかるように、多くのDJたちに影響をあたえるビッグ・インパクトだった。そして、ジューク/フットワークのオリジネイターであるトラックスマンもまた、ロンに影響を受けたひとりだ。詳しくは『Da Mind Of Traxman』のライナーノーツに書かれているが、トラックスマンは「ロンは、俺にハウスが何たるかを教えてくれたDJ」と語っている。


 冒頭からロンの話をしてしまったが、もちろんそれなりの理由はある。10月12日に代官山UNITでプレイしたトラックスマンは、そこで「Strings Of Life」をスピンした。かなり速いBPMではあったものの、デリックによるこのテクノ・クラシックを聴いたとき、過去/現在/未来をひっくるめたダンス・ミュージック史が目の前に現れたような気がした。


 ロンやフランキー・ナックルズによってハウスが開拓されていた頃のシカゴに訪れたときの感想でデリックは、「そのアイディア、コンセプト、彼らのパーティーのやり方とか、そういうことをデトロイトに持ち込もうとしたわけではない」と語り、また、「彼らの環境やコミュニティーは独特のものだった」「俺達はデトロイト出身だから、デトロイト独自のシーンを構築したかった」とも語っている。


 しかし、あの日の「Strings Of Life」には、「すべては繋がってるんだぜ!」というトラックスマンの歴史観が込められてるように思えた。それは、シカゴで自身の音楽を育んできたがゆえのプライドと豊富な音楽的知識が入りまじったもので、シカゴのトラックスマンがスピンするからこそのリアリティーと説得力がそこにはあった。というのは筆者の考えすぎ? しかし、トラックスマンによって次々とスピンされるトラックをあの場で浴びた者なら、その音の奥底にある"深み"と"強度"を感じられたはず。


 リード文としてはあまりにも長くなってしまったが、筆者が感じた"深み"と"強度"を少しでも伝えようと、言葉にしがたい"あの空気"を言葉にしてみた。読んでもらえたら幸いだ。



(近藤真弥)