live reports: February 2012アーカイブ

retweet

 08年に結成され、4月にファースト・アルバムを発表する男性2人女性3人の5ピース・バンド、ヘラジカ(Herajika)。彼らの音楽が持つ重要な要素は「聴き手が漠然と思い描いている音楽」の先を、まるで天気の話でもするように自然に鳴らすところにある。ロック、ヒップホップ、ワルツ、フォークなど、様々なジャンルの共通項となる「点」を射抜き、軽やかに音をステップさせることができるのは彼らの音楽的バックグラウンドの広さとともに、ポピュラー・ミュージックとして開けた音楽であることを雄弁に物語る。そして聴き手の「イメージとしての音楽」を少しずつ広げ、感覚を更新する。

retweet

  2012年1月28日。場所は赤坂ブリッツ。そこで七尾旅人による《百人組手》というイベントが行われた。《百人組手》は、七尾旅人VSゲストという図式で次々と即興演奏が繰りひろげられるイベント。なにが起こるのか、当日になってみなけりゃわからないガチンコな企画です。今回のゲスト陣はザゼン・ボーイズ、近藤等則、坂田明、櫻井響、AFRA、飴屋法水、Chara、大友良英 オーケストラFUKUSHIMA&YOU!(「YOU!」は、一般参加した方たちのこと。客席最前列で楽器を持って演奏していました)といった面々。ご覧の通り、曲者かつ確かな実力を持った表現者が集結した。