interviews: January 2012アーカイブ

ナダ・サーフ

|

retweet

NADA SURF

未来には希望を持っているよ
だけど今は本当におかしな時代だ

2012_01_nada_surf_A1.jpgダイナミックかつナチュラルな躍動感が、彼らの"うた"の素晴らしさを際立たせている。デビュー以来15年以上を不動のトリオ編成でサヴァイヴしつづけてきたナダ・サーフのニュー・アルバム『The Stars Are Indifferent To Astronomy』は、そんな彼らのフランクかつオネストかつ真摯な姿勢が、この激動の時代にさらなる輝きを持つことの証左のごとき傑作だ。

今回も本国ではデス・キャブ・フォー・キューティーとの関係で知られるバーサクからのリリースとなる『The Stars Are Indifferent To Astronomy』は、ガイデッド・バイ・ヴォイシズのダグ・ギラードをフィーチャーし、ボブ・ディランからファウンテインズ・オブ・ウェインまでを手がけてきたクリス・ショウをプロデューサーに迎えて制作されている。中心人物マシュー・カーズが「このレコーディングは本当に楽しかった、今までで一番たっだよ」と語っているとおりの雰囲気が、スピーカーやヘッドフォンから伝わってくるようだ。

2012年はいい感じになるといいな...なんて思いつつ、年明け早々、マシューにスカイプで話を聞いてみた。

マッドエッグ

|

retweet

MADEGG

イマジネーションを沸き起こしてくれる一瞬一瞬を
大切にしたいと思っていて


2011年も、たくさんの素晴らしい音楽が生まれた。そんな2011年において、最大の発見の1人と言える人物に話を訊いた。その人物とは、マッドエッグだ。彼の音楽に出会ったのは、"分解系"からリリースされた『Players』。この作品に収録されたドリーミーな電子音の虜となってしまった僕は、クッキーシーンでも何度かレビューを書くことになるわけだが、書いているうちに、マッドエッグ自身に訊いてみたいことがいろいろと思い浮かんできた。今回のメール・インタビューで、そのすべてが訊けたわけではないが、高知の田舎で走り回って育ったエピソードなど、非常に興味深い話が聞けたと思う。少々前フリが長すぎたかな? ではでは、ブレインフィーダー(Brainfeeder)のイベントに前座として出演するなど、今後の活躍が期待されるマッドエッグのメール・インタビューです。どうぞ!

1112_madegg_A1.jpg