interviews: July 2011アーカイブ

retweet

HER SPACE HOLIDAY

結局、終わりが訪れることには変わりがない
それならお祝いで終わりにしよう


梅雨も明け、これからの季節にふさわしいアルバムが、絶妙なタイミングでリリースされた。90年代後半から、その名を冠して活動をつづけてきたマーク・ビアンキによるひとりユニット、ハー・スペース・ホリデイ、初のセルフ・タイトル・アルバムだ。

これまでにブライト・アイズやザ・ゴー・ティーム、ピンバックやボブ・モウルド(元ハスカー・デュー)とツアーを行い、R.E.M.からブーム・ビップまでのリミックスを手がけてきたハー・スペース・ホリデイだが、この『Her Space Holiday』がファイナル・アルバムとなる。

ベッドルーム・レコーディングのドリーミー・ポップからエレクトロニカをへて、フォーキーなオーガニック・ポップに至った彼(ハー・スペース・ホリデイとなる前には、ハードコア・バンドにも所属していたという)の、まさに集大成的な作品となっている。

アンセミックとさえ言える美しい"うた"の数々は、アコースティックな演奏とあいまって、とてもオープン。晴れわたった夏の空が目に浮かぶようだ。これが「最後の」アルバムなのに?

7月のある晴れた日、マークに電話インタヴューを試みた(注:伊藤英嗣が質問を作り、中谷ななみさんが話を聞いています)。

HSH_110706_A1.jpg