interviews: August 2010アーカイブ

retweet

BLACK REBEL MOTORCYCLE CLUB

音源を聴いて叩いてみてくれないかって言われた
そして今私の夢が叶ったってわけね


ブラック・レベル・モーターサイクル・クラブ。このバンドを最近知った人もいると思うのでまずは簡単に説明しておこう。元々一緒にバンドをやっていたピーターとロバートが当時一緒に脱退し新バンドを結成するためドラマーを探していた。そこへイギリス人のニックが加入。3人はデモ・テープを作り、サンフランシスコからロサンゼルスへと移り住む。L.A.で本格的にバンド活動を始め、EMI傘下ヴァージンと契約。2002年にセルフ・タイトルのデビュー・アルバムを本国でリリースし、翌年日本でも東芝EMIからデビューした。同年フジ・ロック・フェスティヴァルにて初来日を果たす。ところが4thアルバム『ベイビー81』をリリース後ニックが脱退。今回の5thアルバムでは新たなドラマーを迎えレコーディングされた。

ピーターとロバートは声や風貌が似ているが、それ以外の部分では対照的な存在である。違う意見を持ち、違う立場を持っている。ニック脱退において重要だったのは、彼のことを客観的に見られるロバートと主観的に見られるピーターの彼に対するケアにあると思う。それがどこかでニックを閉鎖的にし、完全にオープンになれないまま脱退するに至ったのではないかと筆者は推測する。ニックは常に孤独だった。前途のフジ・ロック・フェスティヴァルで全員にお会いしたときも単独ツアーで日本に来たときも常にニックだけが単独行動をとっていたり、バンドの練習やツアーでのショウに一人だけ来なかったときもある。何が彼をそこまで追いつめたのか、それは今や永遠の謎である。

ここでお届けするのは今バンドの中立地点にいると言える新ドラマーのリアのインタヴュー。中立だからこそ見えてくる、そして新加入だからこそ言える、レアな内容となっている。

BRMC_2010_A_1.jpg

ザ・コーラル

|

retweet

THE CORAL

魔法みたいな瞬間をとらえる
ミステリアスな場所、って感じなんだけどね


しなやかさと力強さが同時に激しく増している。2008年のベスト・アルバム『シングルズ・コレクション』では、スタイルに左右されないザ・コーラルの「曲そのものの素晴らしさ」をあらためて痛感した。オリジナル・アルバムとしては2007年の『ルーツ&エコーズ』以来となる、彼らの新作『バタフライ・ハウス』には、誰もが一聴して耳(と心)をうばわれてしまうような、彼らのそんな魅力が最大限に発揮されている。とても風通しのいい形で。問答無用の気持ちよさではないか。

エコー&ザ・バニーメンやティアドロップ・エクスプローズ、アイシクル・ワークスから、ザ・ラーズをへて今に至るマージーサイド・ミュージックの豊穣さを、00年代から現在にかけて、誰よりも鮮やかに提示してきたのが彼らなのだ。一瞬の輝きを放って「伝説」になるバンドもいる。しかし彼らは、そういった者たちに勝るとも劣らないインパクトを各アルバムで残しながら、一歩ずつ着実に成長してきた。この『バタフライ・ハウス』は、そのあまりにも見事な証左となっている。中心人物ジェームス・スケリーに聞いた。

The_Coral_A1_1008.jpg

retweet

TIRED PONY

確かに、オレゴン...ポートランドは
アルバムに大きな影響をあたえてくれた


かつてベル・アンド・セバスチャンと同じジープスターからレコードを発表していたグラスゴーのバンドということで、いまだに彼らの弟バンド的にとらえる向きもあるかもしれないが、スノウ・パトロールは今や英米ではビッグな存在となっている。とくにUKでの人気はすさまじく「00年代にUKのラジオで最もたくさんオン・エアされた曲」は、スノウ・パトロールの「Chasing Cars」(2006年のアルバム『Eyes Open』収録曲)なのだ。ジェームス・ブラントやテイク・ザット、シザー・シスターズやシュガーベイブスよりも上(ちなみに、トップ10にコールドプレイが入ってないのは、ちょっと意外。彼らの人気って、アメリカ・ベースなんですね...)。

そんなスノウ・パトロールの中心人物ギャリー・バックが、R.E.M.のピーター・バックらと組んだスペシャル・バンドが、タイアード・ポニーだ。ほかにも、ベル・アンド・セバスチャンのリチャード・コルバーン、M・ウォード、彼といっしょにシー&ヒムをやっているズーイー・デシャネル、エディターズのトム・スミス、そしてザ・ヤング・フレッシュ・フェロウズ/ザ・マイナス・ファイヴ(R.E.M.へのゲスト参加でもおなじみ)のスコット・マッコーイなど豪華な面子が参加したデビュー・アルバム『ザ・プレイス・ウィー・ラン・フロム』は、感情の流れがダイレクトに伝わってきて、心にしみる傑作だ。ギャリー・ライトボディに聞いた。

Tired_Pony_A1_1008.jpg

retweet

BAND OF HORSES

日常生活でどんなに辛いことがあっても
前を向いて進んでいく、っていう


バンド・オブ・ホーセズが奏でるメロディはまるで星が瞬く宇宙のような包容力を持ち、私たちを希望の光が差す場所へと連れて行ってくれる。あのエディ・ヴェダーも絶賛する実力派バンドだが、今年リリースされた新作もすこぶる評判が良い。もはや彼らはある限られたカテゴリの人たちに熱心に聴かれるバンドではない。そのサウンドはノスタルジックでつい涙腺が緩んでしまうが、ただの逃避行に終わってしまわないのが彼らの魅力。前へ進むことはこんなにも切なく、美しいことなのだ。やたらと気の優しそうなドラマーのクレイトン・バーレット(外見は刺青だらけでゴツい)とギター&コーラスのタイラー・ラムゼイにインタビューした。

Band_Of_Horses_int_10.jpg

retweet

DARWIN DEEZ

荒さがあるからこそリアルな質感が生まれる

Darwin_Deez_int_10.jpg


「NME期待の新人」に選ばれ、NME Rader Tourへの参加が決定し、サマーソニック2010にも出演したダーウィン・ディーズ。



彼は超が付くほどの気分屋ポップ・シンガーだった。



跳ねるようなポップ・ソング・アルバム『ダーウィン・ディーズ』について、そして彼の素顔に迫った。



というより素顔そのままであった。

retweet

LOCAL NATIVES

フリート・フォクシーズが出てくる前から
レコードに収められている曲は書きあげていたよ


野性的で熱のこもったサウンドと美しく息の合ったヴォーカル・ハーモニー、圧巻のステージングでロサンゼルスから頭角を現し、主要メディアから多くの音楽ファンまで絶賛を集め、早くも独特の地位を築いた新鋭バンド、ローカル・ネイティヴス(Local Natives)。インタヴューでは昨今のUSインディー勢に通じる知的さ/真面目さを印象づけられた一方、ファニーで初々しい一面もときおり垣間見せてくれた。大興奮のパフォーマンスが繰り広げられたフジロックの前日、キーボード/パーカッションを担当しステージでは中央を陣取る最年少のケルシー、インタヴュー中にずっと自分の手に落書きをしていたお茶目なベースのアンディ、愛くるしい童顔とパワフルな叩きっぷりのギャップが痛快なドラムのマットの三人に話を聞いた。

LocalNatives_int_10.jpg