The Kink Controversy: April 2014アーカイブ

retweet

ワープ・レコーズの伝統...みたいな言い方をしてしまうと、主にアラサー以上のひとたちは「ああ、テクノですか?」みたいに早合点してしまいそうだけど、もうひとつ重要なポイントがある。それは(同じく地方ベースで始まり、地元にも深く根ざしつづけていたインディー・レーベルであるファクトリーと同じく)昔から「アートのヴィジュアル面」が、ぼくら日本の音楽ファンからぱっと見ても「すげえ!」と即座に感じられるほどクールかつグレイトということだ。


先月後半に代官山ユニットでおこなわれたワンオートリックス・ポイント・ネヴァーとパテンのパフォーマンスをぼく自身は観れなかったものの、この文章を読むとそれが、うん、よくわかる...!


(伊藤英嗣)



このThe Kink Controversyは基本的に読者の方々からの原稿を掲載する場として作られたコーナーです(が、「関係者」が投稿することもあります)。


投稿時の主なルールは以下のとおりです。


・文字数は最低でも1000字以上。


・原稿の内容は、音楽に関することを主題にお願いします。ただ、主題と文脈的に繋げられるなら、アニメ、映画、小説、哲学など、他要素を混ぜても問題ありません。


・掲載する際には、投稿されてから10日以内に編集部のほうから連絡させていただきます。連絡がない場合は、申し訳ないのですがボツということになります。


・ライヴ写真などの画像類を掲載する場合には「権利者の許諾」が必要になります。その作業は「かなり大変」であることも少なくありません。それゆえ、申し訳ありませんが写真は送らないでください。場合によっては編集部で画像をそえることもありますが「投稿自体はテキストのみ」でお願いします。


・送っていただいた原稿の表記については、クッキーシーンにおける表記統一の決まりに合わせるため、編集部側で変えることもあります。それらがあまりに大量になったり、それによって文章のトーンが変わってしまう場合など問題があると判断した場合も、編集部のほうから連絡させていただきます。


音楽について語りたい欲求がある若者(近藤くんのような?)から、いまだ中二病が心に残っているせいで音楽にロマンを求めてしまう大人になりきれない大人(伊藤のような?:笑)まで、どんな方でも大歓迎。FEEDBACKから投稿できます。


皆さまからの熱い原稿を心からお待ちしております!