The Kink Controversy: July 2013アーカイブ

retweet

久々にザ・キンク・コントラヴァーシーの更新でございます。本当はもっと頻繁に更新したかったのですが、諸事情が重なりまして、ほぼ休止状態になっていました。申し訳ございません・・・。しかし、現在は投稿の受けつけを再開しましたので、ぜひ送っていただければと思います。詳しくはこちらのニュース記事をご覧ください。


さて、今回掲載するのは、森豊和さんの原稿です。今年4月におこなわれたパブリック・イメージ・リミテッドの来日公演について、勢いのある言葉で語ってくれました。かつてジョン・ライドンは、セックス・ピストルズのジョニー・ロットンとして《No Future》(「God Save The Queen」)と叫び、PiLのアルバム『That What Is Not』に収められた「Acid Drops」では、そんな自分の過去を諧謔的に皮肉るような行為に及んでいます(ピストルズの代表曲「God Save The Queen」をサンプリングしている)。


こうしたことをふまえて森さんの文章を読むと、より面白い観点を見つけられるかも。もちろん文章自体も興味深いものですが。「時代が否定に覆われ尽くす前にYESを復権させなければいけない」という一節には、グッときました。



(近藤真弥)