taiyaku seminar: March 2012アーカイブ

retweet

オトトイで、ぼく(伊藤英嗣)がおこなっている講座をベースに、歌詞対訳の妙味をお伝えするこのコーナー、久々の更新となります。

というのも、実は(以前もそれをにおわせることをお伝えしましたが)あるレコード・レーベルから「権利関係の問題上、当社から音源をリリースしているものに関しては、このコーナーでとりあげないでほしい」という申し出があったりして...。

それは、納得のいくことではあります。歌詞の権利を持っているのはアーティストであり、それを無許諾で使いつつ「利益」をあげた場合、どう考えても理論的におかしい。ただ、たとえば趣味で、もしくは「評論」(とか「教育」など)のため(特にその一部を)使用/引用する場合は法律的にも認められる。また、歌詞対訳の場合、実は法律で保護されていない(日本における音楽著作権管理会社のもとじめ的存在であるJASRACも、歌詞対訳は管理外ということらしい!)ため、そういった「グレイゾーン」が、かなり大きくなってきます。

にしても、このままウェブで「歌詞対訳1曲まるごとフル・ヴァージョンを発表しつづける」のは、なんとなく(クッキーシーンとしては)気がひける...。

というわけで、このコーナー、これからもなんらかの形でつづけようとは思っていますが、それとは別に新しい企画を考えました!

オトトイ歌詞対訳講座の課題として提出していただいた作品をもとにして、同じオトトイから電子書籍を発行する予定です。2012年4月11日(水)から始まる「第3期」が終わるまでには発行の具体的アナウンスができれば、と思っています!

制作は、クッキーシーン編集部が担当します。ちゃんと調べて必要だった場合、アーティストには適切なパーセンテージをお支払いします。もちろん作品を使用させていただいた受講者のかたにもです(ただ電子書籍は価格が安い、そしてあまり売れるものでもないので「適切なパーセンテージ」ではあっても、とりあえず金額的には本当に驚くほど低い可能性が高いです...。まあ、そういった「システム」を体験していただくのも学習のうち...なのか?:汗)。

オトトイ歌詞対訳講座では、現在第3期の受講生を絶賛募集中です。講義内容としては、たとえば普段ぼくが(かなり断片的に)おこなっている対訳とか英語とかアーティストに関するツイートを、かなり濃密に体系的にまとめたようなもの...になると言えばいいのか...(アバウトな説明で、すみません...)。

興味があられるかたは、こちらをご参照のうえ、是非お申込ください!

その前に、第2期受講生のかたに提出していただいた「課題」のなかから、ぼくがとくに「いい!」と思ったもののうち、「曲を聴かなくとも、日本語の対訳だけ見ても、なんかおもしろいと感じるもの」を厳選しておとどけします(ついでに、ぼく自身の対訳も1曲まぎれこんでいます:笑)。もちろん、その曲を知ってるかたであれば、さらに楽しめるはず。

1「Astronomy Domine」ピンク・フロイド
(対訳:加納由紀子)
2「Harborcoat」R.E.M.
(対訳:澤美佐子)
3「Fall On Me」R.E.M.
(対訳:伊藤英嗣)
4「It's The End Of The World As We Know It (And I Feel Fine)」R.E.M.
(対訳:太田健介)
5「Man On The Moon」R.E.M.
(対訳:西山由里子)
6「Imitation of Life」R.E.M.
(対訳:卯月香名子)
7「Loaded」プライマル・スクリーム
(対訳:松井喜和)
8「Losing My Edge」LCDサウンドシステム
(対訳:太田健介)
9「North American Scum」LCDサウンドシステム
(対訳:小泉幸子)
10「If I Had A Gun」ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズ
(対訳:小口瑞恵)

では、どうぞ!