feature

retweet

Top50_18_01.jpgTop50_18_02.jpgTop50_18_03.jpgTop50_18_04.jpgTop50_18_05.jpg






01. PAUL WELLER『TRUE MEANINGS』Modfather's 14th album is the most brilliant one since The Jam and The Style Council. II (Ichiro Inukai)
02. BLOOD ORANGE『NEGRO SWAN』The greatest Alternative R&B/Hip-Hop work by Dev Hynes, ex. Lightspeed Chanpion, ever. HI (Hidetsugu Ito)
03. DAVID BYRNE『AMERICAN UTOPIA』Talking Heads' founding member's 7th solo album. He collaborated with Oneohtrix Point Never on 2 songs. II
04. THE ORIELLES『SILVER DOLLAR MOMENT』From Halifax, I mistook as Canadian town at first, but UK. Top new band at the moment. Kawaii. HI
05. GO-KART MOZART『MOZART'S MINI MART』One of the biggest originator of UK Indie/Alternative scene's finest work. Ex. Felt and Denim. HI

Top50_18_06.jpg
Top50_18_07.jpg
Top50_18_08.jpg
Top50_18_09.jpg
Top50_18_10.jpg






06. PARQUET COURTS『WIDE AWAKE!』Avant-Garde Garage band from New York US. Their 6th, produced by Danger Mouse. II
07. ASIAN KUNG-FU GENERATION『ホームタウン』One of the most important Japanese band for these 20 years, of course even today. HI
08. ALISON STATTON & SPIKE『BIMINI TWIST』Ex. Weekend (band, '80s) from Wales, not The Weeknd, as you know it and I feel Jazzy fine. HI
09. MITSKI『BE THE COWBOY』5th album of American-Japanese Alternative singer songwriter, is so emotional and beautiful. II
10. CORNELIUS『RIPPLE WAVES』Remix album of Mellow Waves (2017), top one is the track by Lawrence a.k.a. Go-Kart Mozart‏. HI

Top50_18_11.jpgTop50_18_12.jpgTop50_18_13.jpgTop50_18_14.jpgTop50_18_15.jpg






11. CALVIN JOHNSON『A WONDERFUL BEAST』He's a founder member of Beat Happening, Dub Narcotic Sound System, and the boss of K Records, Olympia US.  II
12. CERO『POLY LIFE MULTI SOUL』Their electronic band sound with Japanese lyrics, remind me of great US novels, is so fresh. Neo lost generation. HI
13. DEATH CAB FOR CUTIE『THANK YOU FOR TODAY』They are not dead at all, moreover, back in your life firmly using Kintsugi (2015) technique. HI
14. PETE MACLEOD『WALK TO THE LIGHT』3rd album by the guy from Sctoland. "Saudade" is the most impressive experimental Pop tune in 2018. HI
15. OH SEES『SMOTE REVERSER』Alternative Hard Rock band based in California US, known as Orange County Sound, OCS and Thee Oh Sees etc. II

Top50_18_16.jpgTop50_18_17.jpgTop50_18_18.jpgTop50_18_19.jpgTop50_18_20.jpg






16. THE CORAL『MOVE THROUGH THE DAWN』8th of the band from Liverpool UK, invites you to their most adventurous colourful pop trek. II
17. NENEH CHERRY『BROKEN POLITICS』Beautiful 5th solo album by a daughter of Don Charry, produced by Four Tet. II
18. THE CHILLS『SNOW BOUND』An ideal comeback. They're one of the biggest pioneer of Alternative/Indie Pop/Rock in New Zealand. HI
19. BIG RED MACHINE『BIG RED MACHINE』Collaboration work of Bon Iver a.k.a. Justin Vernon and Aaron Dessner from The National. II
20. THE FROOT『FORBIDDEN FROOT』Psychedelic/Progressive now. Astonishing debut of teenage band from Hull UK, via Glass Records. HI

Top50_18_21.jpg
Top50_18_22.jpg
Top50_18_23.jpg
Top50_18_24.jpg
Top50_18_25.jpg






21. SLOAN『12』Great achievement before 13th. From Halifax Canada. "44 Teenagers" reminds me of Woodstock I've never seen. HI
22. THE 1975『A BRIEF INQUIRY INTO ONLINE RELATIONSHIPS』Dance Rock band from Manchester UK becomes more experimental.  II
23. SUPERORGANISM『SUPERORGANISM』Nice Indie debut of the members from various countries, including Japanese vocalist, Orono. II
24. JUSTIN COURTNEY PIERRE『IN THE DRINK』1st solo album by Motion City Soundtrack's front man. Twisted, cool and emotional as the band. HI
25. ONEOHTRIX POINT NEVER『AGE OF』8th album by one person unit of Daniel Lopatin, filled with chaos and calms via Warp Records. II

Top50_18_26.jpg
Top50_18_27.jpg
Top50_18_28.jpg
Top50_18_29.jpg
Top50_18_30.jpg






26. MGMT『LITTLE DARK AGE』One of the most prominent US Alternative band appeared in '00s. I love this more than their other 3 . HI
27. CALEXICO『THE THREAD THAT KEEPS US』9th by the band from Arizona US, just another true stories now. II
28. PETE ASTOR『ONE FOR THE GHOST』Top singer songwriter in Indie/Alternative history. Ex. The Loft and The Weather Prophets. HI
29. THE GOOD, THE BAD AND THE QUEEN『MERRIE LAND』This is one of 2 albums by Damon Albarn in 2018. The other is of Gorillaz. II
30. YOUNG FATHERS『COCOA SUGAR』3rd album by the experimental Hip-Hop trio from Scotland, via Ninja Tune. II

Top50_18_31.jpg
Top50_18_32.jpg
Top50_18_33.jpg
Top50_18_34.jpg
Top50_18_35.jpg






31. RAY DAVIES『OUR COUNTRY: AMERICANA ACT II』Modfather for me is The Kinks, led by him. This is a sequel of Americana (2017). HI
32. GOSPELBEACH『ANOTHER WINTER ALIVE』Including new songs and live tracks. Paired with Another Summer Of Love (2017). More Alternative Country Rock. HI
33. SUPERCHUNK『WHAT A TIME TO BE ALIVE』Powerful and wonderful 11th released from their own label, Merge. II
34. SHAME『SONGS OF PRAISE』Splendid Debut from London UK. They've got the spirit of Post Punk music in late '70s ~ early '80s directly. HI
35. BELLE AND SEBASTIAN『HOW TO SOLVE OUR HUMAN PROBLEMS』3 EPs released in 2017 and 2018 were fully compiled on this. II

Top50_18_36.jpgTop50_18_37.jpgTop50_18_38.jpgTop50_18_39.jpgTop50_18_40.jpg






36. SPIRITUALIZED『AND NOTHING HURT』Jason Pierce, formerly Spacemen 3, made a brilliant album without taking drugs, maybe. II
37. THE VACCINES『COMBAT SPORTS』Combat Rock? No! Is this it? Yes! One of the most important Rock 'n' Roll band appeared in this decade. HI
38. THE BANGLES, THE THREE O'CLOCK, THE DREAM SYNDICATE, RAIN PARADE『3X4』They covered each other's songs. Paisley... Overground. HI
39. ELVIS COSTELLO & THE IMPOSTERS『LOOK NOW』The Imposters' album, for the first time in this decade. Precise and vivid. II
40. PAUL HAIG『THE WOOD』You don't have to forget the fact that he's a front man of Josef K, and he's been making good Alternative Dance music. HI

Top50_18_41.jpgTop50_18_42.jpgTop50_18_43.jpgTop50_18_44.jpgTop50_18_45.jpg






41. TRACEY THORN『RECORD』Half of E.B.T.G. Her last (mini) album, Songs From The Falling (2015) reminds me of early days, and this is matured Dance Pop. HI
42. GUIDED BY VOICES『SPACE GUN』How many albums have they released? Yeah, this is their 25th. So great! II
43. MANIC STREET PREACHERS『RESISTANCE IS FUTILE』Their 13th. A Samurai on cover art was photographed in the late 19th century. II
44. SPARE SNARE『SOUNDS』Their re-recording-greatest-hits album from the session with Steve Albini. Scottish Lo-Fi is not dead. HI
45. MATTHEWS' SOUTHERN COMFORT『LIKE A RADIO』Iain (Ian) Matthews music has always been audible missing link between '60s Rock and Post Punk. Tasteful. HI

Top50_18_46.jpgTop50_18_47.jpgTop50_18_48.jpgTop50_18_49.jpgTop50_18_50.jpg






46. THE CLEANERS FROM VENUS『LIFE IN A TIME MACHINE』UK Lo-Fi/Post Punk hero for a long time, formed by Martin Newell. Check their (his) Bandcamp page. HI
47. INTERPOL『MARAUDER』If you love Joy Division or Echo & The Bunnymen, you should hear this. Even now, I could say so. Standout 6th album. HI
48. ARCTIC MONKEYS『TRANQUILITY BASE HOTEL & CASINO』Their 6th is a soundtrack for the trip to Tranquility Base on the Moon, not Mars. II
49. DRAKE『SCORPION』Moody, but not downer. Personal, but not closed, even open to some parties. This Canadian Rapper's works are signs of the times. HI
50. PAUL MCCARTNEY『EGYPT STATION』He's 76 years old. But his music is still bright and powerful as The Beatles and Wings era. II

Top50_18_extra1_Acr Set.jpg
Top50_18_extra2_Virtue.jpg
Top50_18_extra3_Head Over Heels.jpg
Top50_18_extra4_There's A Riot Going On.jpg
Top50_18_extra5_Gaz Coombes.jpg






年度もしくは西暦年数の変わりめ? どうでもいいや、とか言ってると話が終わらない、もしくは始まらない(笑)。50選から漏れたものたちについて。

まずは、ア・サートゥン・レイシオ(A Certain Ratio)の『Acr: Set』。いわゆるベスト盤に、最高の新曲ふたつを加えたもの。事前にシングルとして売られていたのは、片方のショート・ヴァージョンで、アルバムにはそのロング・ヴァージョンが入ってる。12インチ・シングル全盛期には、むしろその逆が多かったことを考えると、7インチ時代に戻ったようだ(笑)。

個人的に「亡くなったひとについて作られたもの」は聴きたくないので、アルバート・ハモンド・ジュニア(ギタリスト)のソロは避けてしまったが、ジュリアン(シンガー)率いる別バンド、ザ・ヴォイズ(The Voidz)『Virtue』 は素晴らしかった。2019年には、ザ・ストロークスのライブ活動再開という情報も入ってきている。むちゃくちゃ楽しみだ!

その他、順不同でざっと並べておこう。ジ・オーブ『No Sounds Are Out Of Bounds』、ライ(Rhye)『Blood』、クローミオ(Chromeo)『Head Over Heels』、セクション25『Elektra』、マッドハニー『Digital Garbage』、ザ・ジェイホークス(The Jayhawks)『Back Roads And Abandoned Motels』、フランツ・フェルディナンド『Always Ascending』、ジョニー・マー『Call The Comet』、ヨ・ラ・テンゴ『There's A Riot Going On』 、小野洋子(Yoko Ono)『Call The Comet』、星野源(Gen Hoshino)『Pop Virus』、ザ・ビートニクス『Exitentialst A Xie Xie』等々。

是非挙げておきたいEPも! ギャング・オヴ・フォー「Complicit」(2019年早々リリース予定のアルバム、超期待してる)、ライド「Tomorrow's Shore」(2017年のアルバム、最高だったよ)、ディスクロージャー「Ultimatum」、ニック・ロウ「Tokyo Bay」、マジー・スター「Still」、ラバー・ジョウ(Rubber Jaw)「Feeling Funny」(アラン・マッギーらによるEPレーベル、クリエイション23からの第一弾リリース)、スカート「遠い春」、米津玄師(Kenshi Yonezu)「Flamingo / Teenage Riot」(たしか〝Lemon〟は、アルバートのところで述べた件にひっかかってしまう。だから、それよりこっちのほうが好き)。

シングルまで含めれば本当にきりがなくなってしまうけれど、これだけは。ファウンドリングス(Foundlings)の〝Horizon〟。2018年のトップ・インディー・ポップ(笑)曲だった。

HI

1月のポール・ウェラーのライヴで始まった僕の2018年。40年にも渡る歩みを総括するようなセットリストと熱いプレイは、キャリアのピークと思えるほどだった。でも、そんな彼の新譜はさらにその上を行く素晴らしさ! 堂々の1位です。僕のモスト・フェイヴァリット・ソングは1曲目〝The Soul Searchers〟。タイトルどおり、何かを求めて歩み続けるその姿勢には、何度も背中を押される思いがした。

ここで、僕が候補に上げながらも、伊藤さんとの白熱の議論の末、惜しくもトップ50に入らなかったアルバムをいくつか紹介します。

ザ・ゴー! チーム『Semicircle』は、サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ高等学校ブラス・バンドな感じが最高だった。そしてスーパーグラスの頃よりも音の冒険と実験を楽しんでいるようなギャズ・クームスの『World's Strongest Man』。ギャズはこの先どうなってゆくのか本当に楽しみ。もう1枚はメリル・ガーバスのソロ・ユニットからふたり組になったチューン・ヤーズの『I Can Feel You Creep Into My Private Life』。気色悪い(笑)タイトルとは裏腹に、ますますパワー・アップしたトライバルなグルーヴが心地いい。私生活にこっそり潜り込んでくるのは、音楽のエネルギーなのかもしれない。元気をもらいました!

そして、2018年でいちばん印象的だったライヴは、フジロック3日目のボブ・ディラン。少し長くなりますが、ライヴ・レポをお届けします。

激しい雨と風、そして灼熱の陽射しが数時間のうちに目まぐるしく変化するかなり過酷な天候。それでも増え続けるグリーン・ステージの観衆たち。空模様は落ち着きを取り戻していた。

「ディランがついにフジロック降臨!」とか「ノーベル文学賞のディランが!」とか...。そんな異様な雰囲気になるのかな、とも想像していたけれど、実際は全然違った。固唾を飲んで見守る、なんてことはなくて、みんなが思い思いにベストなポジションでセット・チェンジを待つ。ステージ左右に設置されたスクリーンに「NEXT UP BOB DYLAN & HIS BAND」の文字が映し出されるたびに拍手と歓声がわき上がる。このフジロックらしさが逆に、どこか現実とは思えないような気持ちにさせる。本当に、このあとディランが登場するのかな?

予定時刻のほんの少し前、ここ数回の来日公演でもおなじみになったチャーリー・セクストンをはじめとするバンド・メンバーがふらりとステージに登場すると、なんの前触れもなく演奏が始まった。カウント・ダウンどころかグリーン・ステージいっぱいに集まったファンへの挨拶もなし。気がつけばグランド・ピアノの前に座っている。そして、あの声が響き渡る。聴き慣れない楽曲に戸惑いながらも、徐々に歓声が大きくなってゆく。「知らない曲?」「それとも、歌い方のせい?」そんなみんなの気持ちを知ってか知らずか、黒いスーツに身を包んだディランは歌い続ける。待ちに待ったステージは、オリジナル・アルバム未収録の〝Things Have Changed〟でぶっきらぼうに、ディランらしい先制パンチでスタートした。

「ネヴァー・エンディング・ツアー」と称して、こんなふうに真夏の日本でも未だにステージに上がり続けるボブ・ディランがそこにいる。ピアノに向かったまま〝It Ain't Me, Babe〟や〝Highway 61 Revisited〟を淡々と繰り出すその姿が、僕にはなぜだか現実だとは思えない。そんな気持ちとは裏腹にバンドの演奏は熱を帯び始める。原型をとどめないほど崩されているメロディを追いかけていくうちに、タイトルを思い浮かべることさえやめてしまおうと思った。音楽に身を委ねて、この時を楽しもう。そんな気持ちになったとき、僕はふと「I'm Not There」という言葉を思い出した。「私は、そこにはいない」。

『アイム・ノット・ゼア』。それは、2007年に公開されたトッド・ヘインズ監督によるディラン公認の伝記映画だ。ただし、ディランの足跡を辿っただけのよくある武勇伝ではなく、6人の俳優がディラン(らしき人物)を演じ分けるという斬新なアプローチが試みられている。女優ケイト・ブランシェットがそのうちのひとりを演じたことでも話題になった作品だ。放浪者、ロック・スター、宣教師、吟遊詩人など、時代も人種も超えて現れては姿を消すひとりの男。そこには言葉と音楽だけが残される。

ディランの音楽を再現するサウンド・トラックもすごかった! エディ・ヴェダーからウィルコのジェフ・トゥイーディー、そして、ディランの登場前にステージを盛り上げていたジャック・ジョンソンまで、錚々たる面子が集結して30曲以上もの楽曲をカヴァーしている。中でも、この日のステージでも演奏された〝Ballad Of A Thin Man(やせっぽちのバラッド)〟他数曲のバッキングのために結成されたミリオン・ダラー・バシャーズもヤバかった! そのメンバーはなんと、ソニック・ユースのリー・ラナルドとスティーヴ・シェリー、トム・ヴァーライン、ウィルコのネルス・クラインなど。こうして集まった面子とそのクオリティから、図らずもディランが「オルタナティヴ・ロック」の原点にいたことが浮き彫りになったことも忘れてはならないだろう。

ステージに目を戻すと、夕暮れが過ぎ、夜の闇がグリーン・ステージを包み始めていた。いっそう鮮やかな光を放つ巨大スクリーンには、グランド・ピアノに向き合うディランの姿が映し出されている。阿吽の呼吸でタイトなリズムと豊潤なアンサンブルを響かせるバンドの演奏に合わせて波打つように揺れる観衆の姿が壮観だ。

僕が感じていたステージ上のディランの現実感のなさ、それは神秘的とかレジェンドのオーラとかではなく、変化し続ける「つかみどころのなさ」なのだと思う。映画『アイム・ノット・ゼア』では描かれていなかったもうひとつの姿があるとしたら、それは老齢を迎えたディランの在り方だろう。77歳になった今、ギターを抱えて長時間のステージを乗り切ることは厳しいのかもしれない。それでも新たなスタイルとしてピアノと向き合って歌う。その姿は、偏屈ジジイにも預言者にも見えた。ディランは今も変化し続け、「オルタナティヴ」な表現方法をつかみ取ろうとしている。そう、いまだに現在進行形なのだ。

II

というわけで、今回も編集部がセレクトした音源をDJミックスしたCDRプレゼント、やります。HI(伊藤英嗣)ヴァージョンと、II(犬飼一郎)ヴァージョンを、それぞれ3名のかたに。選曲はすべて上記トップ50アルバムズから。なお、どちらかを「選ぶ」ことはできません。

ご希望のかたは、住所氏名(本名限定)および記事の感想を添えた電子メールを、info(at-mark)cookiescene.jp までお送りください。〆切は、2019年1月31日(木)。

楽しみにしてます!

retweet

Top_50_17_001_Noel.jpgTop_50_17_002_LCD.jpgTop_50_17_003_Temples.jpgTop_50_17_004_TJAMC.jpgTop_50_17_005_Cornelius.jpg






01. Noel Gallagher's High Flying Birds 『Who Built The Moon?』
02. LCD Soundsystem 『American Dream』
03. Temples 『Volcano』
04. The Jesus And Mary Chain 『Damage And Joy』
05. Cornelius 『Mellow Waves』


Top_50_17_006_Charlatans.jpgTop_50_17_007_Peter.jpgTop_50_17_008_Black_Grape.jpgTop_50_17_009_Michael.jpgTop_50_17_010_Ride.jpg






06. The Charlatans 『Plastic Machinery』
07. Peter Perrett 『How The West Was Won』
08. Black Grape 『Pop Voodoo』
09. Michael Head & The Red Elastic Band 『Adiós Señor Pussycat』
10. Ride 『Weather Diaries』


Top_50_17_011_Slowdive.jpg
Top_50_17_012_GospelbeacH.jpgTop_50_17_013_Horrors.jpgTop_50_17_014_Gist.jpgTop_50_17_015_Feelies.jpg






11. Slowdive 『Slowdive』
12. GospelbeacH 『Another Summer Of Love』
13. The Horrors 『V』
14. The Gist 『Holding Pattern』
15. The Feelies 『In Between』


Top_50_17_016_Arcade_Fire.jpgTop_50_17_017_Martin.jpgTop_50_17_018_Daniel.jpgTop_50_17_019_Sugiurumn.jpgTop_50_17_020_Liam.jpg





16. Arcade Fire 『Everything Now』
17. Martin Carr 『New Shapes Of Life』
18. Daniel Wylie's Cosmic Rough Riders 『Scenery For Dreamers』
19. Sugiurumn 『AI Am A Boy.』
20. Liam Gallagher 『As You Were』


Top_50_17_021_Wire.jpgTop_50_17_022_Phoenix.jpgTop_50_17_023_Sky-Hi.jpgTop_50_17_024_St_Etienne.jpgTop_50_17_025_TDS.jpgTop_50_17_026_Fall.jpgTop_50_17_027_Chainsmokers.jpgTop_50_17_028_B&S.jpgTop_50_17_029_U2.jpgTop_50_17_030_Cut_Copy.jpg



21. Wire 『Silver / Lead』
22. Phoenix 『Ti Amo』
23. Sky-Hi 『Marble』
24. Saint Etienne 『Home Counties』
25. The Dream Syndicate 『How Did I Find Myself Here?』
26. The Fall 『New Facts Emerge』
27. The Chainsmokers 『Memories... Do Not Open』
28. Belle And Sebastian「How To Solve Our Human Problems, Pt. 1」EP
29. U2 『Songs Of Experience』
30. Cut Copy 『Haiku From Zero』


Top_50_17_031_King_Krule.jpgTop_50_17_032_Shins.jpgTop_50_17_033_Maximo.jpgTop_50_17_034_Roger.jpgTop_50_17_035_Maroon_5.jpgTop_50_17_036_Pere_Ubu.jpgTop_50_17_037_Rostam.jpgTop_50_17_038_Hercules.jpgTop_50_17_039_Skirt.jpgTop_50_17_040_Methyl_Ethel.jpg



31. King Krule 『The Ooz』
32. The Shins 『Heartworms』
33. Maximo Park 『Risk To Exist』
34. Roger Waters 『Is This The Life We Really Want?』
35. Maroon 5 『Red Pill Blues』
36. Pere Ubu 『20 Years In A Montana Missile Silo』
37. Rostam 『Half-Light』
38. Hercules & Love Affair 『Omnion』
39. スカート(Skirt) 『20 / 20』
40. Methyl Ethel 『Everything Is Forgotten』


Top_50_17_041_QOTSA.jpgTop_50_17_042_Dirty_Projectors.jpgTop_50_17_043_Depeche_Mode.jpgTop_50_17_044_National.jpgTop_50_17_045_Stereophonics.jpgTop_50_17_046_Beck.jpgTop_50_17_047_Strypes.jpgTop_50_17_048_XX.jpgTop_50_17_049_Gorillaz.jpgTop_50_17_050_Ginnan_Boyz.jpg



41. Queens Of The Stone Age 『Villains』
42. Dirty Projectors 『Dirty Projectors』
43. Depeche Mode 『Spirit』
44. The National 『Sleep Well Beast』
45. Stereophonics 『Scream Above The Sounds』
46. Beck 『Colors』
47. The Strypes 『Spitting Image』
48. The xx 『I See You』
49. Gorillaz 『Humanz』
50. 銀杏 Boyz(Ginnan Boyz) 「恋は永遠」Single


2017年は、素晴らしいアルバム(やEPやシングル)が多すぎた。かなり悩んだが、結構いい感じにおちついたんじゃないかな? トップ10に、ジ・オンリー・ワンズのピーター・ペレットと、ザ・ペイル・ファンテインズやシャックなどを率いてきたマイケル・ヘッド、ポスト・パンクUKを代表する二者のアルバムが入ってるのも、今のクッキーシーンならでは。

12位のゴスペルビーチはファーザー(Further)やザ・タイド(The Tyde)、ビーチウッド・スパークスなどでおなじみブレント・ラドメイカー、14位のザ・ジストはヤング・マーブル・ジャイアンツのステュアート・モクサム、17位はザ・ブー・ラドリーズのマーティン・カーのバンドなわけで(ザ・ジストは、基本レア・トラック集とはいえ、約35年ぶり)、2017年は「英雄帰還の年」だった。

19位のスギウラム、ぼく的にはいつまでも若手って気がしちゃうけれど、ここには彼(杉浦くん)の娘さんの声まで入ってる。どこかミュート・レコーズっぽい感触もあって、もちろんアーティフィシャル・インテリジェンス(人工知能)をアイ(I:i:わたくし)にかけたんだろうタイトルの冒頭が偶然ぼくの息子の頭文字と同じ(笑)という点もふくみ、あらゆる意味でシンクロした。

23位のスカイハイ(残念ながらここに〝キョウボウザイ〟は入っていないにしても)や34位のロジャー・ウォーターズの位置づけに関しては、「クッキーシーンは政治的なメディアである」という命題をあてはめてもらって、かまわない。40位の新進豪州バンド、メチル・エーテルは4ADからのリリース。〝ユビュ(Ubu)〟という曲に、完全にやられた。

そして1位のノエル。日本盤を入手して、本当によかった。海外盤ボーナス・トラックは〝デッド・イン・ザ・ウォーター〟。どうしても一道くんを思いだしてしまう...。邦盤はそのあとに〝ゴッド・ヘルプ・アス・オール〟が入ってる。まじ救われた。

(伊藤英嗣)

2017年は、音楽の楽しみ方がガラリと変わってしまいました。というのも、ふとした思いつきで始めたスポティファイが、想像以上にすごかった。圧倒的な手軽さと天文学的な物量にも埋もれることのない音楽を見つける、個人的にそんな行為が楽しかった。

8位のブラック・グレイプは20年ぶりの新作。ジョン・ライドンにセックス・ピストルズとPiLがあるように、ショーン・ライダーにもハッピー・マンデイズとブラック・グレイプが必要なのかも。マンデイズよりも自由で、実験的で、ひたすら明るい。31位のキング・クルールは前作よりもバンドっぽさを増した生演奏のグルーヴが最高! いつかベックのような存在になるかもね。

00年代に登場したバンドたちが素晴らしいアルバムをリリースしてくれたことも、うれしかった! 37位は元ヴァンパイア・ウィークエンドのロスタムのソロ。「バンドを離れて自ら歌う」という選択が何よりも挑戦だったはず。『Half-Light』というタイトルにも示されているとおり、不安と希望が折り重なるサウンドは儚くも新鮮。41位のダーティ・プロジェクターズは、実質デイヴ・ロングストレスのソロ・プロジェクトになってしまったけれど、独特のメロディとグルーヴへの探究心は相変わらず。むしろ、研ぎ澄まされているとさえ思える。そして、43位はザ・ナショナル。サウンドの緻密さとは裏腹に熱量が増したこのアルバムは、彼らの最高傑作だと思う。今こそライヴが見たい!

(犬飼一郎)


今回はいいレコード(録音作品)が多すぎたので...さらに50点!


retweet

FRF17_A_main.jpg

Introduction


忘れもしない1997年3月にこのクッキーシーンは始まった。そして、その数ヶ月後、同じ年の夏にフジロック・フェスティヴァル第1弾が開催された。


ぼく自身は上記の事情で超どたばた(なにせ自費で「雑誌」をスタートさせた直後)だったため行けなかったが、創刊号で告知したスタッフ募集に応えてくれた初代相棒=副編集長、畠山実くん(現アンド・レコーズ)は、とにかく好奇心旺盛だったのだろう「ぼくは行きますよ!」。


超うらやましかった。土産話を楽しみにしていたところ...、いや、なんとなく想像つきますよね、台風直撃でやばかった、大変だったということをそのあと数年間延々と聞かされた。ただ今となっては、それも貴重どころか伝説的体験だったとさえいえる。この20年のあいだに、フジロックが日本などという枠を軽く飛びこえて、世界を代表するサマー・フェスティヴァルのひとつになったから。


1998年には、前年の経験を踏まえて、台風の影響が少ないと思われる場所に変更された。それは即座に納得のいくことだったのだが、驚くべきことに、1999年にはまた会場を変えた。それ以降ずっと、毎年同じ場所で開催されている。季節はずれの苗場スキー場という、ちょっと考えると不便極まりない山のなかで。


逆説的な話になってしまうが、それもフジロックがここまでつづいた理由のひとつではないか。なにより重要なのは、ロックやポップ・ミュージックのファンなら誰もが膝を叩くようなラインアップが毎年揃っていることだが、それを喜ぶ「ロックやポップ・ミュージックの(ディープな)ファン」は、どちらかといえば都市型もしくは郊外型の生活を送っていることが多い。


そんなぼくらにとって、苗場の現会場は、かなり異世界に近い。だからある程度の苦労は強いられるにしても、それゆえ単に与えられるだけのショッピング・モール/近代的テーマ・パーク型の楽しさとはまったく違う。田舎/D.I.Y.的ノリの生活様式と、元来都市型もしくは郊外型エンターテインメントであるロックやポップ・ミュージックが混ざりあい、実に不思議な空間が生まれるのだ。


90年代初頭からクッキーシーンを始めるまでのぼくはイギリスに入りびたっていた。年の1/3くらいそこにいたこともあったくらい。なにが魅力だったかといえば、まず現地のミュージシャンやレーベルやってるひとと普通に会えること、小さな会場でやるライヴの値段がとても安いこと、そして毎年おこなわれる伝統あるサマー・フェスティヴァルのラインアップがいつも最高なこと。


それから20年以上、少なくとも上記みっつめは、日本もようやくイギリスに追いついた。もちろん、そんな動きの中核にあるのがフジロックであることは、1997年から現在まで変わっていない。今年はとりわけ素晴らしい、ってなわけで(「媒体」として)同い歳クッキーシーンのぼくらは、第21回めの会場で、お互いの20周年を祝いたいと思う。


そして以下は、クッキーシーン的に、とくに注目の12出演者をピックアップしたもの。執筆を担当した編集者がこれらを確実に観れるかは、わかりませんが(笑)。

(伊藤英嗣:以下:

7月28日(金)


GORILLAZ

FRF17_A1_GORILLAZ_120.jpg

初日のグリーン・ステージのヘッドライナーを飾るのはゴリラズ! 7年ぶりの最新作で描かれている〝トランプ政権の誕生〟を軸としたダークだけれどポップでタフな世界観がどう再現されるのか? 〝バーチャル・バンド〟として出発したゴリラズが、図らずも現実とリンクしてしまう今こそ、そのサウンドとヴィジュアルに注目しよう。(犬飼一郎:以下:犬)


QUEENS OF THE STONE AGE

FRF17_A2_QOTSA_120.jpg

ファック・テロリズム! アリアナ・グランデのマンチェスター公演での事件も記憶に新しいが、近年、音楽を標的とした最初のテロは15年11月、パリでのイーグルス・オブ・デス・メタルのライヴだった。そのメンバーでもあるジョシュ・オム率いるクイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジがホワイト・ステージに立つ。暴力に屈することのない最強のロックンロールを。(犬)


THE XX

FRF17_A3_The_XX_120.jpg

ダブステップをベースとした緻密でクールなサウンド。〝X〟を象徴的にレイアウトしたミニマムなアートワーク。ロミーとオリヴァー、そしてジェイミーが貫いてきた姿勢は最新作『I See You』でも揺らぐことはなかった。そして何よりも感動的だったのは(いい意味で)ポップになったこと。開かれた世界へと向かうエックスエックスを体感する絶好の機会だ。(犬)


7月29日(土)


CORNELIUS

FRF17_A4_Cornelius_120.jpg

メロウな波が、緑のフィールドを包みこむ? 昨年のアメリカ・ツアーでライヴの手応えも得たコーネリアスこと小山田圭吾が、そのあと久々のオリジナル・ニュー・アルバム・リリース、そして秋以降のジャパン・ツアーという体勢に入ったのは「流れ」としても実に美しいといえるだろう。新作の内容からも明らかなとおり、一皮剥けた彼を、大自然のなかで目撃せよ。)photo by Sukita


THE AVALANCHES

FRF17_A5_The_Avalanches_120.jpg

昨年のフジロックで残念だったのはアヴァランチーズのキャンセル。16年ぶりのセカンド・アルバム『Wildflower』が期待をはるかに上回る完成度だったからなおさら...。でも、そのリヴェンジを果たすときは意外に早くやって来た! 〝膨大な数のサンプリング・ソース〟ばかりが話題になる彼らだけど、そのライヴこそが未知数。必見!(犬)


LCD SOUNDSYSTEM

FRF17_A6_LCD_120.jpg

断言しよう、今年のラインアップでぼくが最も期待しているのは、彼(ら)のギグだ。かつて体験したLCDのそれは、個人的フジロック・ベスト・アクト・トップ5に確実に入る(第1位は2001年のニュー・オーダー、第2位以降はなかなか決められないよ、順位なんてやつはさ:笑)。インターネット映像をとおして昨年チラ見したアメリカのフェスにおけるショウも、今年の春リリースされた新曲2トラックも素晴らしすぎ。ニュー・アルバムを待つまでもなく、すでに期待で倒れそう。



小沢健二

FRF17_A7_Ozawa_Kenji_120.jpg

近年のゆるやかなライヴ活動、今年2月のニュー・シングル「流動体について」のリリースに続く本格的な音楽活動の再開が期待される中でのフジロック初登場は、オザケンの〝今とこれから〟を知るうえでも重要なステージになるはず。2017年に元フリッパーズ・ギターのふたりが同日に出演し、共に最新の音楽を届けてくれるなんて、やっぱり最高!(犬)photo copyright by Hihumiyo.net


TEMPLES

FRF17_A8_Temples_120.jpg

2014年に続いて2回目のフジロック出演となるテンプルズ。3月にリリースされたセカンド・アルバム『Volcano』を引っさげて、レッド・マーキーのヘッドライナーとして堂々の帰還だ。サイケデリックな浮遊感はそのままに、よりポップさを増した今の彼らにとって最高の舞台が整った。グルーヴが渦巻く極彩色の"別世界"へ飛びこもう!(犬)


THE LEMON TWIGS

FRF17_A9_Lemon Twigs_120.jpg

いわゆるインディー・ポップの枠に括られそうなサウンド傾向で、それは別に問題ないのだが、思うに彼らの音楽性はそれを大きくはみだしている。たとえば昨年の最新アルバム『Do Hollywood』1曲めの変則リズムとか、ねじれぶりがすごい。そんな部分も含み、幾分ザ・ビーチ・ボーイズっぽいけれど、ぼくとしては「それを超えている」とさえ言ってしまいたくなる。)photo by Autumn De Wilde


7月30日(日)


THE STRYPES

FRF17_A10_THE_STRYPES_120.jpg

ロックンロール! ニュー・ウェイヴ! この叫びに呼応するひと、必見! グレイトだったニュー・アルバムを聴いてもわかるとおり、彼らは今のところ(極初期、サード・アルバム以前のU2がそうだったように)「スタジアム向け」というよりは、リスナーとのインターアクションでさらなるパワーを発揮するバンドだと思う。レッド・マーキーの「大トリ」、盛りあげたいね!


SLOWDIVE

FRF17_A11_Slowdive_120.jpg

過去、ライヴを観たいアーティストは大抵観てきたぼくだが、どういうわけかスロウダイヴのそれは、まだ一度も体験できてないんだよな...。いわゆるシューゲイザーに分類されるアーティストとしては、その無限度の高さがトップ・クラスに位置する音楽性だけに、是非ともライヴで味わいたいと思っていた。新作、最高傑作とぼくは感じている。グッドなタイミングだ。


THUNDERCAT

FRF17_A12_Thundercat_120.jpg

今回ピックアップしたなかで唯一主要3ステージ(グリーン、ホワイト、レッド)以外の登場アーティスト。最終日フィールド・オヴ・ヘヴンの「大トリ」。なるほど! スーパー・メロウ・ポップでありながら狂ってる、いや酔っぱらってる(確実に今年のトップ20に入るだろう最新作のタイトル『Drunk』ですし:笑)彼の音楽は、ぼくらをきっと天国に導いてくれるはず。こんなところも、フジロックの粋な部分だよ、まったくさ!



FUJI ROCK FESTIVAL '17

7/28(金)29(土)30(日)

新潟県 湯沢町 苗場スキー場

http://www.fujirockfestival.com


retweet

Various Artists - Ask The Sky.jpg

This is a stopgap update before we make a new paper book.


いよいよ「紙の本」を、まずは1冊、本気で久々に作ります。それまでクッキーシーンは更新お休みです。


その後レヴューの更新を(以前より緩いペースで)復活させ、それからこのコーナー含むほかの記事も更新する予定です。このあと少なくとも1、2ヶ月は更新できないと思うので、その前にちょっと「お遊び度」高めの更新を(笑)。


80年代前半、商業誌(最初は『フールズ・メイト』)に書きはじめる以前からバンド活動をやっていた伊藤英嗣が、唯一メジャーの資金で93年に録音した音源2曲。


83年に大学サークル内で背徳者というバンドに加入したぼくは、同年から自分のバンドも始めました。90年代なかばまでメンバーは超流動的、ベーシストが最初から最後まで一緒だった以外「常に変わってる」ような状態でした。名前も何度か変えました。この2曲を録音したときはセヴン・ストーリーズという名前にしてましたが、ドラムを叩いてくれたのは当時ルーフのメンバーだったひと、ギタリストは高校の同級生。前者はルーフで忙しかったし、後者は録音直後のリハを無断欠席して音信不通になってしまったから、このメンバーではたしか一度もライヴをやってない(笑)。


1曲めは、80年代なかばに書いて、仮題のまま放置してたもの。曲調がちょっと80年代っぽすぎると思ったので、タイトルをピンク・フロイドへのオマージュにしつつ『Rubber Soul』期のビートルズっぽいハミング・コーラスをスタジオ即興で入れてみた。


2曲めは、当時最も「時代遅れ」っぽい存在と目されていた(でも、ずっと大好きだった)トーキング・ヘッズと、70年代後半のニュー・ヨーク・シーンを意識しつつ、録音直前に書いた曲。


これらは、エドウィン・コリンズとザ・ポウジーズとレッド・クロスが参加してくれることになっていたオムニバス『Ask The Sky』収録曲。でもって録音時点、後者を書いた時点で、タイトルは決まっていました。R.E.M.〝Fall On Me〟の一節からとったフレーズです。アルバム・アートワークは「酸性雨をもたらすレーガン政権へのプロテスト」と評されたその曲の、ミュージック・ヴィデオへのオマージュ。そして、そのヴィデオ、酸性雨どころか核戦争後の風景みたいだとずっと思ってました。だから、この2曲め〝Terminal Greenfield〟の歌詞は、核戦争を奇跡的に生きのびたカップルを想定したものになってます。


それが微妙にこそばゆい、恥ずかしいと思ってたんですが、なんか、2017年のトランプ時代、ポスト・トゥルース(笑)時代に合ってる気もして、発表する気になりました。


よろしければ、是非!





Summer '86


When the night, it's coming around

Your eyes cannot see the shade

Though I know you're deadly afraid

Will you stay or get out?


Around the corner I just picked you up

Destination's never told

I don't remember why I stopped my car

And what's the way we've been driven through


* You could find me on the lonely street

  Far away from home

  Now you never know even how I feel

  Though you sit there by my side


You said lights are coming down

That shining on us everyone

But when I look around all the ground

All I see is darkened land


I could drive you to any place

Where you always long to go

But there we forget everything

That we have done before


* (Chorus)


written in 1986



Terminal Greenfield


I've never dreamed of these things

Bright fields with strange distant shade of means


How I was deceived by that

What I had was broken down into pieces


Blue sky and horizon that hold us here

From past till the end of the time


I see the glass steeple so high

Far away, we don't need it anyway


Oh, it is the vision of desperate souls

Like the ancient wall in the land of the fools


* You said, I don't have to go

  Back to anyplace where

  The rain never stops


  And I swear

  I'll never leave you alone

  In this terminal greenfield


I saw a bird in the grass

Fly away into the wide open sky


I always dance to the song

It was sung in many different keys


Blue sky and horizon that hold us here

From past till the end of the time


* (Chorus)


written in 1993



words & music by Hidetsugu Ito

copy rights controlled by Hidetsugu Ito and EMI Music



2017年5月2日6時25分(HI)

retweet

2012年から絶賛放送中TVCS、時代を超えてグレイトな曲を常にお届けしています。


さて、本来ならこの3月に第67弾となるプログラムを更新予定でしたが、5~7月ごろまで、ちょっとお休みさせていただきます。上記タームのあいだに復活できるよう、もろもろがんばります。よろしくお願いします!


2017年3月30日5時36分(HI)

retweet

2012年から絶賛放送中テレヴィジョン・クッキーシーン、時代を超えてグレイトな曲を常にお届けしています。第66弾のテーマは「New Releases」。




上記リンクからご視聴いただく場合、画面左上隅のマーク部分あたりをクリック →「リスト一覧」がポップアップ → その最上部あたりをクリック、という手順でもご覧いただけると思います。


また、ユーチューブ内でTELEVISION COOKIE SCENEチャンネルをフォローしていただければ、ユーチューブ・ダイレクトでお届けするようになった2015年3月(TVCS#57)以降のアーカイヴも観やすくなるかと。まあ、ユーチューブ自体から削除されてしまったヴィデオは、当然消えますが。


選曲者がクッキーシーンのツイッター・アカウント https://twitter.com/COOKIE_SCENE からおこなう各曲の簡易解説も、1週間くらいのうちに。


なお、次回第67弾は、2017年3月(前半か後半、いつかは謎)更新予定です。


よろしければ、是非!


2017年2月10日23時25分(HI)

retweet

2012年から絶賛放送中テレヴィジョン・クッキーシーン、時代を超えてグレイトな曲を常にお届けしています。第65弾のテーマは「クッキーシーン20周年:その1」。


1997年3月に創刊されたクッキーシーン、20歳のアニヴァーサリー・イヤーってことで今年はこれ、20周年記念特集が多くなると思います。たぶん、少なくとも「その5」くらいまではいくんじゃないかな?


とりあえず「その1」は「曲名に years が入ってる曲」を集めようと思ったんですが、選んでるうちになんとなくつまらなくなってきたので、基本的にそんな感じのコンセプトは残しつつ、この20年間のぼく(編集長伊藤)の気持ちとシンクロするような流れで選曲してみました。基本シリアスながら、途中、ちょっと笑える感じも、もりこみつつ。






上記リンクからご視聴いただく場合、画面左上隅のマーク部分あたりをクリック →「リスト一覧」がポップアップ → その最上部あたりをクリック、という手順でもご覧いただけると思います。


また、ユーチューブ内でTELEVISION COOKIE SCENEチャンネルをフォローしていただければ、ユーチューブ・ダイレクトでお届けするようになった2015年3月(TVCS#57)以降のアーカイヴも観やすくなるかと。まあ、ユーチューブ自体から削除されてしまったヴィデオは、当然消えますが。


選曲者がクッキーシーンのツイッター・アカウント https://twitter.com/COOKIE_SCENE からおこなう各曲の簡易解説も、数日中には。


なお、次回第66弾は、2017年2月(前半か後半、いつかは謎)更新予定です。


よろしければ、是非!


2017年1月26日14時55分(HI)

retweet


16-01_Frank.jpg
16-02_Blood.jpeg
16-03_Justice.jpeg16-04_Chance.jpeg16-05_Primal.jpeg





01. Frank Ocean『Blonde』

02. Blood Orange『Freetown Sound』

03. Justice『Woman』

04. Chance The Rapper『Coloring Book』

05. Primal Scream『Chaosmosis』


16-06_Avalanches.jpeg16-07_Roses.jpeg16-08_Rostam.jpeg16-09_Bowie.jpeg16-10_Teenage.jpeg






06. The Avalanches『Wildflower』

07. The Stone Roses〝Beautiful Thing〟Single

08. Hamilton Leithauser + Rostam『I Had A Dream That You Were Mine』

09. David Bowie『★』

10. Teenage Fanclub『Here』


16-11_Tim.jpeg16-12_Coral.jpeg16-13_Drake.jpeg 16-14_Conor.jpg16-15_Pop.jpeg






11. Tim Burgess & Peter Gordon『Same Language, Different Worlds』

12. The Coral『Distance Inbetween』

13. Drake『Views』

14. Conor Oberst『Ruminations』

15. Pop Etc『Souvenir』


16-16_Mitski.jpeg16-17_Disclosure.jpeg16-18_Spitz.jpeg 16-19_Pete.jpeg16-20_Nick.jpg






16. Mitski『Puberty 2』

17. Disclosure「Moog For Love」EP

18. スピッツ『醒めない』

19. Pete MacLeod『Crestfallen』

20. Nick Cave & The Bad Seeds『Skeleton Tree』


16-21_Travis.jpg
16-22_Strokes.jpg

16-23_Pop_Group.jpg16-24_Billy.jpg16-25_JahWobble.jpg16-26_Wilco.jpg16-27_Gotch.jpg16-28_Underworld.jpg16-29_Jake.jpg

16-30_Ryuichi.jpg




21. Travis『Everything At Once』

22. The Strokes「Future Present Past」EP

23. The Pop Group『Honeymoon On Mars』

24. Billy Bragg & Joe Henry『Shine A Light - Field Recordings From The Great American Railroad』

25. Jah Wobble & The Invaders Of The Heart『Everything Is No Thing』

26. Wilco『Schmilco』

27. ゴッチ『Good New Times』

28. Underworld『Barbara Barbara, We Face A Shining Future』

29. Jake Bugg『On My One』

30. 坂本龍一、Alva Noto etc『レヴェナント - 蘇えりし者』Soundtrack


16-31_Eno.jpg
16-32_Dylan.jpg16-33_Miles.jpg16-34_Hurricane.jpg16-35_Badbad.jpg16-36_Mogwai.jpg16-37_Takkyu.jpg16-38_Trashcan.jpg16-39_Floyd.jpg16-40_Whitney.jpg




31. Brian Eno『The Ship』

32. Bob Dylan『Fallen Angels』

33. Miles Davis & Robert Glasper『Everything's Beautiful』

34. Hurricane #1『Melodic Rainbows』

35. Badbadnotgood『IV』

36. Mogwai『Atomic』Soundtrack

37. 石野卓球『Lunatique』

38. Trashcan Sinatras『Wild Pendulum』

39. Pink Floyd『Cre/ation - The Early Years, 1967-1972』

40. Whitney『Light Upon The Lake』


16-41_Dinosaur.jpg16-42_Ra.jpg 16-43_Justin.jpg16-44_Hooton.jpg16-45_Willow.jpg16-46_James.jpg16-47_Lemon.jpg16-48_Peter.jpg16-49_Local.jpg16-50_Stones.jpg




41. Dinosaur Jr.『Give A Glimpse Of What Yer Not』

42. Ra Ra Riot『Need Your Light』

43. Justin Courtney Pierre〝Everything That Hurts〟Single

44. Hooton Tennis Club『Big Box Of Chocolates』

45. Willow Robinson「Ocean Blue」EP

46. James『Girl At The End Of The World』

47. The Lemon Twigs『Do Hollywood』

48. Peter Bjorn & John『Breakin' Point』

49. Local Natives『Sunlit Youth』

50. The Rolling Stones『Blue & Lonesome』




ゆっくりと、もっとゆっくりと時が流れてほしかった2016年。うれしかったこと(ストーン・ローゼズの新曲リリース、フジロックのウィルコとベック、個人的なあれこれ...)も、悲しかったこと(ローゼズの武道館キャンセル、イギリスのブレグジット、アメリカ大統領選挙、大好きなポップ・スターたちとの突然の別れ、そして個人的なあれこれ...)も、あっというまに僕のもとから過ぎ去ってしまったような気がする。


そんな中でも、大切な人たちとの時間と音楽だけは、つかのまだとしても呼吸を整え、言葉と笑顔を取りもどさせてくれた。耳を傾ければ、2016年はいつも以上に素敵な歌と新しいビートが聞こえてきた。


4位のチャンス・ザ・ラッパーは混沌とするアメリカ、そして世界の中でもポジティヴでありつづけた。フリー・ダウンロードのミックス・テープというリリース形態もさることながら、ヒップホップというスタイルを超えて、現代のゴスペルにも聞こえるそのサウンドには何度も背中を押された。「やれることをやりなよ」と。彼の存在そのものがメッセージなのだと思う。


そして、不安と期待がごちゃ混ぜになった未来とほんの少しのノスタルジア。今年のそんな気分にぴったりだったのが8位のウォークメンのヴォーカリスト、ハミルトン・リーサウザーと元ヴァンパイア・ウィークエンドのロスタム・バトマングリのコラボ作品。インディー・ロックがソウルやドゥーワップとやさしく混ざりあう、その瞬間がたまらなくロマンティック。


14位はブライト・アイズではなく、ソロ名義でリリースされたコナー・オバーストのアルバム。故郷オマハでレコーディングされたそのシンプルなアコースティック・サウンドは、ブルース・スプリングスティーン『Nebraska』やボブ・ディラン『Another Side Of Bob Dylan』にも通じるモノローグ。『Ruminations(熟考)』というタイトルも示唆的だ。


2017年はもっと〝ゆっくり〟とまわりを見渡す余裕がほしいな。ストーン・ローゼズの来日(キャンセルしないでよ!)とニュー・アルバムのリリース(されるかな?)に期待。そして、前年以上にたくさんの素晴らしい音楽と出会えますように!


(犬飼一郎)




2015年の正月早々知った佐藤一道くんの訃報を1年かけてなんとかのりこえかけたところ、デヴィッド・ボウイが...。息つく暇もなくモーション・シティー・サウンドトラック活動休止、プリンス、キース・エマーソンの訃報、スマップ解散、グレッグ・レイク、ジョージ・マイケルまで...。2016年は、まるで1977~80年のようだと思ってしまった。


そして、やはり当時のように、素晴らしい音楽は、たくさんあった。トップのフランク・オーシャンは、まさにポスト・パンクそのものという音楽性もさることながら、このリスト(http://genius.com/a/frank-ocean-lists-his-favorite-songs-in-boys-don-t-cry-magazine)にもノックアウトされた。これは、おれか? みたいな(笑)。とりわけ、現状リストの最後尾に並んでいるザ・スミス、プリンス、トーキング・ヘッズ(〝Road To Nowhere〟!)、ザ・キュアーとかね。


19位のピート・マクロードは、キリング・ジョークのユースがプロデュースしたセカンド・アルバム。フォーク・ロッキーな前作から一転、たとえば「90年代のプライマル・スクリームやローゼズが好きなひと必聴」的な素晴らしさになっている。32位のひとが、あの賞を受賞したことは最高にうれしかった。まさに、大笑いできるほどに。


43位のジャスティンは、もちろんモーション・シティー・サウンドトラックの中心人物。バンドのサヨナラ・ツアーをしてるころ、こっそりソロ・シングルを出していた(笑)。ぼくはiTunesでみつけて買ったのだが、アイコン写真(いわゆるジャケ写)を拡大してみると、マイ・ブラッディ・ヴァレンタインのTシャツ着てる。曲名ともども、いい意味で、モーション・シティー・サウンドトラックのデモと言われても納得しちゃう感じ。「今後への期待」も含めてのセレクション。


期待といえば、もうすでに2017年のトップ50に食いこみそうなアルバムを、職業がら2枚も聴いてしまった(笑)。うん、きっと、いい(音楽)年になる!


(伊藤英嗣)




retweet

2012年から絶賛放送中テレヴィジョン・クッキーシーン、時代を超えていいと思える曲(いいヴィデオ)を常にお届けしています。


第64弾のテーマは「2016年のトップ50レコーズ予告編」。


タイトルそのまま、って感じ(笑)。今年中に発表する当該記事に必ず登場するアルバムのなかから、まずは10曲をお届けします。クッキーシーン「2016年のトップ50レコーズ」は、現在絶賛セレクト会議中です。お楽しみに!





上記リンクからご視聴いただく場合、画面左上隅のマーク部分あたりをクリック →「リスト一覧」がポップアップ → その最上部あたりをクリック、という手順でもご覧いただけると思います。


また、ユーチューブ内でTELEVISION COOKIE SCENEチャンネルをフォローしていただければ、ユーチューブ・ダイレクトでお届けするようになった2015年3月(TVCS#57)以降のアーカイヴも観やすくなるかと。まあ、ユーチューブ自体から削除されてしまったヴィデオは、当然消えますが。


選曲者がツイッター・アカウント(https://twitter.com/COOKIE_SCENE)からおこなう各曲の簡易解説も、数日中には。


なお、次回第65弾は、2017年1月(前半か後半、いつかは謎)更新予定です。


よろしければ、是非!


2016年12月23日3時33分(HI)

retweet

2012年から絶賛放送中テレヴィジョン・クッキーシーン、時代を超えていいと思える曲(いいミュージック・ヴィデオ)を常にお届けしています。


第63弾のテーマは「ルー・リード対ボブ・ディラン」。


この10月にルー・リードが最後に生前立会リマスタリングを施したRCA→アリスタ→RCA時代のアルバムのボックス・セットが出ることは、今年前半からわかっていたので、それが出たらルー・リード特集をやろうかな?と思ってたんですが、先月か先々月、ちょっとびっくりするニュースが入ってきましたよね。ボブ・ディランが、ノーベル「文学賞」を受賞(笑)。


なぜ笑ってるかといえば、以前から候補にあがっていたことは当然知っていたけれど、日本のメディアの慌てふためきぶりが最高におもしろかったから。シンガー・ソングライターに「文学」って、そんなにおかしいか? まあ〝戦争の親玉〟の歌詞とかが身にしみてるひとなら、むしろ彼とノーベル賞のとりあわせが痛しかゆしだろうけど、彼らが困惑してたのは、たぶんそういうことじゃない。おそらく、日本って、なぜか「ノーベル賞の権威度」が高すぎるんだろうな。


そして、そういえば、ディランは大昔からずっとCBSコロンビア/CBSソニー(現ソニー・ミュージック)だけど、今はルーもそこに所属してるわけで。それ以前に、このふたり、どちらもニュー・ヨークの詩人でありながら、いろんな意味で両極端だった。


そんなわけで、彼ら以外の曲(4、5、8曲め:注:この曲順は2016年11月13日時点のもの。ユーチューブがどれかを「削除」したら曲順変わっちゃうけど:笑)もまじえつつ、彼らの共通項と相違点、両者が際立つようなプログラムを作ってみました。





上記リンクからご視聴いただく場合、画面左上隅のマーク部分あたりをクリック →「リスト一覧」がポップアップ → その最上部あたりをクリック、という手順でもご覧いただけると思います。


また、ユーチューブ内で、TELEVISION COOKIE SCENEチャンネルをフォローしていただければ、ユーチューブ・ダイレクトでお届けするようになった2015年3月(TVCS#57)以降のアーカイヴも、たぶん観やすくなるかと(ユーチューブ自体から削除されてしまったヴィデオは、当然消えますが)。


選曲者がツイッターのクッキーシーン・アカウント(https://twitter.com/COOKIE_SCENE)からおこなう各曲の簡易解説も、今月中には。


なお、次回第64弾は、12月(前半か後半、いつかは謎)更新予定です。


よろしければ、是非!


2016年11月13日10時15分(HI)

retweet

Melodic Rainbows.jpg

90年代に結成され、すぐさまクリエイション・レコーズを代表するバンドのひとつとなったハリケーン#1。元ライドでありその後オアシスに加入したアンディー・ベル(前者ではギタリスト、後者では基本ベーシストだった)の印象が強いひとが少なくないようだが、これらのバンドすべてを誕生前後から見てきた(聴いてきた)ぼくとしては信じられない。それはちょっとメンバーの「肩書き」にひきずられすぎ? とか言いたくなってしまう。ハリケーン#1は、どう考えても、中心人物アレックス・ロウのヴォーカリストとしての力量に支えられたバンドだろう、昔から。


00年代にリリースされた彼のソロ・アルバムを聴いたときもそう思ったし、昨年リリースされた復活第一弾アルバムでは、アレックスがアンディーと比肩する、もしくはそれ以上のソングライターであることが、はっきりとわかった。そして、つい最近出た最新アルバム『メロディック・レインボウズ』には、そこからさらに一歩ステップ・アップした新しい、もしくはオルナタティヴでチャレンジングな姿勢がばりばりにうかがわれ、たまらなく素晴らしい。昨夜彼らの来日公演を見て、そんな思いを新たにした。


先述のソロ・アルバム、リリース時、彼とは一度電話インタヴューという形で直接話したことはあったが、対面で会ったことはなかった。そのうえ「ジャーナリストとして、かぎられた時間に必要な音楽的会話をする」ことに集中していたので、いわゆる「よもやま話」はできなかった。アレックスがボクシング経験者であることは知っていたが、ぼくも大学生時代、1年間だけやったことがある。体育の選択授業で(笑)。試合に出たこともある。ゼロ勝1敗(笑)。


今回、名古屋得三の楽屋にて、主催バンド、ザ・メイフラワーズのご厚意と、アレックスが上記電話インタヴューを憶えてくれていたことにより、彼とリラックスして話せる機会が持てたので、それを伝えた。彼は、楽しそうに笑いながら、自分のかつての対戦記録も教えてくれた。14勝1分1敗、らしい。「なかなかの記録じゃない?」「グレイトすぎ!」。


さて、今回楽屋に行ったことには、理由がある。


アレックスは一昨年、癌を患った。切開手術の末、バンド活動で極東ツアーができるところまで回復した(わけだがなお、このあとは南米に行くらしい)、それでも約5年間は再発リスクが高まるため、定期検査はつづけねばならない。実は、偶然ぼくの77歳の母親も、アレックスの数ヶ月後に癌の切開手術をしている。そして今、ぼくの尊敬するアーティストふたりが、癌と戦っている。


だから、彼らふたりに対するメッセージがもらいたかった。


ひとりは、かつて何度も取材でお会いしたことがある、ジャパニーズ・ヒップホップの開拓者ECDさん、もうひとりは、お会いしたことはないけれど高校生時代から尊敬してきた、プラスティックスやメロンやメジャー・フォースの中西俊夫さん。


彼らのことをちゃんと説明して、もらうことができた。



これは彼らへのメッセージという形をとっているが、癌と戦っている、すべてのひとたちに対するそれでもある。


ぼくはそう思っている。


2016年11月5日12時55分(HI)

retweet

2012年から絶賛放送中テレヴィジョン・クッキーシーン、約1年ぶりの更新です。「時代を超えていいと思える曲(いいミュージック・ヴィデオ)」を常にお届けしています。


第62弾のテーマは、ハリケーン#1復活! 久々の来日!


クッキーシーン伊藤も、11月4日(金)名古屋公演に前座DJとして参加します。そこで今回は彼らの最新ヴィデオと、彼がロックDJをやるときの定番曲を並べてみました。これら全曲が4日(金)にかかるとはかぎりません(笑)。真面目な話、ライヴDJプレイは流れ(フロアのノリ)が最も重要なので。




上記リンクからご視聴いただく場合、画面左上隅のマーク部分あたりをクリック →「リスト一覧」がポップアップ → その最上部あたりをクリック、という手順でもご覧いただけると思います。


また、ユーチューブ内で、TELEVISION COOKIE SCENEチャンネルをフォローしていただければ、ユーチューブ・ダイレクトでお届けするようになった2015年3月(TVCS#57)以降のアーカイヴ(ユーチューブ自体から削除されてしまったヴィデオ以外)も、たぶん観やすくなるかと?


選曲者がツイッターのクッキーシーン・アカウント(https://twitter.com/COOKIE_SCENE)からおこなう各曲の簡易解説も、今月中には。


なお、次回第63弾は、11月(前半か後半、いつかは謎)更新予定です。


よろしければ、是非!


2016年10月12日14時05分(HI)

retweet

こんにちは。この10月もしくは11月には復活できると思います。

いや、させます。がんばります。よろしくお願いいたします。

2016年8月15日16時30分(HI)
 1  |  2  | All pages>