Cookie Scene Book & Mook: February 2012アーカイブ

retweet

執筆に数年、邦版制作に1年以上かかったピーター・フック著『ハシエンダ』が、この2月、ついに日本で発行された。

ミュージシャン(元ジョイ・ディヴィジョン/ニュー・オーダー)であるピーター・フックが書いた本? まもとなの? といぶかしく思うかたも少なくないだろう。しかし、はっきり言っておく。これは、むちゃくちゃおもしろい。そしてクオリティーも高い。

「The Guilty Parties」と題された前文(翻訳は「罪深きパーティーをくりかえす仲間たち」。本当はニュー・オーダーに「Guilty Partner」って曲がある...というニュアンスもこめたかった。でも、この一文の和訳としてはむつかしかった:笑)でピーター自身も(美しく遠回しに)述べているのだが、本書は「当事者によるドキュメント」でありながら、ある種の客観的...批評的視線に貫かれている。それでも「評論」本にありがちな堅苦しさは皆無。愛と自責にあふれている。おそらく、だからこそ心から笑えるし、感動できる。

クッキーシーンではおなじみの中谷ななみさんとぼくが翻訳を担当、現編集部の面々も制作に関わっている。現在のクラブ・カルチャーの礎となったハシエンダや、ニュー・オーダーおよびジョイ・ディヴィジョン、そしてファクトリー・レコーズの「姿勢」に少しでも興味があるかたは、是非とも手にとってご一読いただきたい。絶対、損にはならないと思う。

ウェブ媒体としてのクッキーシーンでは、すでにピーター・フックのインタヴューをお届けしているが、ここでは長文の書評を掲載する。それを執筆した近藤くんも制作に関わってはいる。しかし(ほかの編集部員と同じく)あくまで純粋なボランティアとして編集作業の一段階に協力したのみ。最初はレヴューを希望した彼だが、なんとなく「レヴュー枠」に載せるのは変じゃない? ...みたいな感じで、この別枠を用意することにした。

まだ未読のかた、そしてすでに読んでくださったかたも、ひとつの参考になれば...と願いつつ...。では、どうぞ!