伊藤英嗣: April 2011アーカイブ

retweet

本日最後の更新はストロークスの新作について。すでにクッキーシーンでも松浦さんによるレヴューが掲載されていますが、待望だったわりには大絶賛の嵐ともいかなかったようすの本作。一方で、こちらの草野虹さんによる原稿はかなりポジティブな捉え方となっています。みなさんはどうだったでしょう?

サマーソニックにもヘッドライナーとして出演が決まっている彼ら。いまだに語らずにはいられない魅力に溢れているのだろうと思います。またご意見お寄せいただけたらと思います(ちなみに僕は、ストロークスってまともに接したことがないんですよね。いまだに『Is This It』を通して聴いたことすらないです。どうもすいません...)。

retweet

つづいては、おなじみMorr Musicから昨年アルバムもリリースされた16歳(!)の女の子ふたり(しかも双子!)によるパスカル・ピノン(Pascal Pinon)について原稿をいただきました。

キュートだけど一筋縄ではいかない圧倒的な個性をムンムンに発揮。真の意味でフリーフォーク! 僕にとっても愛聴盤のひとつです。未聴の方にはここでぜひレコメンドさせてもらいます。本文中でも触れられていますが、 まずはこの曲を聴いてみてください。ものすごくシンプルで沁みる歌詞も併せてどうぞ。とてもMorr Music的なやわらかさを持ちながら、シャッグス~49アメリカンズ~モルディ・ピーチズあたりにもどことなく通じる、言葉にしづらい"いなたさ"をもった存在だと思います。

財津奈保子さんによる文章も、彼女たちの音楽に通じるふんわりとした響きがあってとてもいい感じです。またアルバムを聴きたくなってきました。そんなわけでどうぞー。

retweet

せっかく原稿がいくつか届いていたのに、更新がすっかり滞っていたこのコーナー。執筆者の方々には恐縮ですが、このタイミングで一気に掲載させていただきます。なにとぞご了承ください。

で、最初に紹介するのは矢部友宏さんによる、2月26日に大阪IMPホールで催されたMGMTのライブ・レポートです。といっても、単なるレポではないのはタイトルを見れば一目瞭然。

僕は残念ながらMGMTのライブをお目にかかれたことがないのですが、体験した知人友人から感想を聞くかぎりでも極端に賛否両論に分かれる印象です。「ふつうにカッコいい!」という意見もあれば「かわいそうだから無理にライブすることないのでは?」という人まで。アルバムの評判は皆さんおおむね良好なだけに、面白い傾向だなー、と。

矢部さんの文章を読んでなんとなく思い出したのは、アニマル・コレクティヴの2008年来日公演(僕が行ったのは3/18のリキッドルーム、蛇足だけどこのときのライブは正直退屈だった...)がおわったあと、バンドのお気に入りということで当時まだ日本で無名に近かったMGMTの一曲(「Time To Pretend」)入りCD-Rが観客に配られていたことと、日本では昨年5月に公開されたガールズ青春映画『ローラーガールズ・ダイアリー』劇中の一番アガる場面で「Kids」が効果的に(もっといえばかなり"ベタ"に)用いられていたことでしょうか。

いやいや、たしかに短期間のあいだに有名になるというのは本当に難しいことです。バンドにとってもファンにとっても。すごくエキサイトしますけどね。

(小熊俊哉)

2011年4月27日

|

retweet

2011年4月27日更新分レヴューです。

パンダ・ベア『トムボーイ』
2011年4月27日 更新
リリーズ・アンド・リメインズ『Transpersonal』
2011年4月27日 更新
2562『Fever』
2011年4月27日 更新
メレンゲ『アポリア』
2011年4月27日 更新
テレボッサ『テレボッサ』
2011年4月27日 更新

retweet

昨年12月に発売された大好評のムック第1弾につづき、今度は『Cookie Scene Essential Guide: POP & ALTERNATIVE 2011』の登場!

6月2日(木)に、第1弾と同じく、CDジャーナルでおなじみ(株)音楽出版社から発売されます。

表紙&内容は以下のとおり!

CSM2_H1_226.jpgCSM2_H4_226.jpg


Side A(文章横書き)

表紙:デンジャー・マウス&ダニエル・ルッピ&ジャック・ホワイト&ノラ・ジョーンズ

特集1:デンジャー・マウス&ダニエル・ルッピ・プレゼンツ『ローマ』スターリング・ジャック・ホワイト&ノラ・ジョーンズ


その名のとおり「デンジャー」なヤツ! 00年代後半以降、ナールズ・バークレイや『ダーク・ナイト・オブ・ザ・ソウル』などによって世界を騒がせてきたデンジャー・マウスが、イタリア出身の映画音楽家ダニエル・ルッピと組んで架空のサウンドトラック・アルバム『ローマ』を制作した。リード・ヴォーカルを務めるのは元ホワイト・ストライプスのジャック・ホワイト、そしてノラ・ジョーンズ! この特集では、昨夏に来日を果たした際に取材をおこなったデンジャー・マウスの未発表インタヴューもフィーチャーしつつ、このアルバムの、そしてデンジャー・マウスの魅力にさまざまな角度から迫ります。

特集2:セレクション2011

2011年1月〜6月にリリースされたディスクからクッキーシーンお薦めの「ポップ/オルタナティヴ/21世紀ロック」な105枚を厳選して、一気に紹介します。もちろん全部は無理でも、まずは興味をひかれたものから聴いてみよう!

特集3:セレクション2010

2010年1月〜12月にリリースされたディスクからクッキーシーンお薦めの「ポップ/オルタナティヴ/21世紀ロック」な200枚を厳選して、一気に紹介します。(以下同上)

Side AA(文章縦書き)

表紙:プライマル・スクリーム


特集1:Second Summer Of Love Again

80年代後半のUKを席巻して、90年代初頭にプライマル・スクリームの傑作『Screamadelica』(今年20周年記念盤がリリース)や「インディー・ダンス」〜「マンチェスター・サウンド」を生んだムーヴメント「セカンド・サマー・オブ・ラヴ」とはいったいなんだったのか

パート1:プライマル・スクリーム:『Screamadelica』解説、プライマル・スクリームのボビー&イネス&マーティン(元フェルト)&マニ(元ストーン・ローゼズ)そして『Screamadelica』の立役者アンドリュー・ウェザーオール・アーカイヴ・インタヴュー集

*お詫びと訂正:この部分の、P151-150、『Screamadelica』に関する解説記事中、その20周年記念版日本盤の限定盤に関して「CD4枚+DVDヴァージョン」という表記がございます。これは誤りです。正しくは「CD3枚+DVDヴァージョン」となります。詳細は、サイドAA表紙裏(表3)の広告ページなどをご覧ください。申し訳ありませんでした!

パート2:ニュー・オーダー:セカンド・サマー・オブ・ラヴの拠点のひとつとなったマンチェスターのクラブ、ハシエンダの共同運営者でもあったバンド、ニュー・オーダーの(サマー・オブ・ラヴに結びついた)本質を浮き彫りにします。

パート3:80年代にはUK在住だったフォトグラファー&ライター久保憲司 vs クッキーシーン編集長伊藤英嗣による、ちょっと危険な(?)対談です。

特集2:Dig Post Punk

サマーソニック2011に、ザ・ポップ・グループとPILが出演! 00年代に始まったポスト・パンク再評価の波は、まだまだ終わりそうにない。でも、ポスト・パンクっていったいどんなもの? アーカイヴ・インタヴューを駆使したザ・ポップ・グループ&スロビング・グリッスル&ギャング・オブ・フォー詳説記事、そして縦横無尽に切りまくる吉村秀樹(ブラッドサースティ・ブッチャーズ)vs ロマンポルシェ。対談などをとおして、その"自由さ"を明らかにしていきます。

特集3:'80s Rock Now

ここ最近、80年代から活躍するバンドたちの見事な新作がたてつづけにリリースされています。それなら、'80sロックをあくまで"現在"の視点から見てみよう、という企画。冒頭に、ヒダカトオル(モノブライト) vs カジヒデキ対談を大フィーチャー! R.E.M.とディーヴォ、そしてOMDの、彼ら自身の発言を盛りこんだ記事のあとは、ザ・カーズ、ザ・フィーリーズ、デュラン・デュラン、トーマス・ドルビーなどの新作から、80年代(もしくは70年代末)までを逆照射する!

定価はムック第1弾と同じく1,500円となります。

一生懸命作りました。よろしくお願いします!

2011年5月21日0時22分 (HI)

2011年4月

|

retweet

  • リリーズ・アンド・リメインズ

    僕らの音楽は日本ではオルタナティヴかもしれませんが、作ろうとしている音楽はポップなんです

retweet

会場の片づけも終えて、先ほど東京の小部屋(文京区)に帰ってきましたー! いやー、どのDJも最高で、非常に盛りあがりましたー! 最高に楽しかったです! 来ていただけた方も、楽しんでいただけたでしょうか? そう願っています。

なお、5月か6月にはまたやる予定です。また、よろしくお願いします!

2011年4月17日7時22分(HI)

retweet

レディオ・クッキーシーンの試験放送という位置づけにあった、4月16日(土)夜〜17日(日)早朝のユーストリーム放送、パイレーツ・クッキーシーン、なんとか終わりました。

最後、原因不明のトラブルで突然放送が終わってしまい、申し訳ありません。次回までに、なぜそうなったのか調べておきます...。

見ていただいた方、本当にありがとうございます! ときどきちらちら視聴者数も確認させていただいていたんですが、常に「会場にいらっしゃる方の数より、ちょっと少ない」感じで、ああ、なるほど...と妙に感心(?)してしまいました。

今回はクラブ・イベントの生中継。「現場」がドタバタで、いいタイミングでのツイートがむつかしかったのと、どうしても「会場をのぞき見してる」感じの放送になってしまったことは反省材料です...。

でもって、5月か6月から、いよいよレディオ・クッキーシーンの本放送(?)を始めたく思います。

それは、音源をかけて(カメラ&会場に向かって)トークする(チャットもする)という、ラジオ番組形式になります。それを公開放送で中継しつつ、そのあとクラブ・イベントに転じパイレーツ・クッキーシーンの放送にチェンジする(もっと、頻繁にツイートもおこなう)...という形を考えております。

今度は早めに告知します。がんばりますので、待っててくださいね。

よろしくお願いします!

2011年4月17日7時20分(HI)

retweet

Lounge Cookie Scene: POP & ALTERNATIVE '00s

日時:4月16日(土)21時〜翌朝5時

場所:渋谷 echo

入場料:1000円(チャージ+ワン・ドリンク)

DJs & Timetable *時間はある程度前後する可能性がございます!

犬飼一郎        Twitter        21:00~21:40            40 min.
小熊俊哉        Twitter        21:40~22:20            40 min.
深水光洋        Twitter        22:20~23:10            50 min.
伊藤英嗣        Twitter        23:10~00:20            70 min.
Kawanishi       Twitter        00:20~01:20            60 min.
黒田隆憲        Twitter        01:20~02:20            60 min.
近藤真弥        Twitter        02:20~03:20            60 min.
ekatokyo        Twitter        03:20~04:10            50 min.
@K                 Twitter        04:10~05:00            50 min.

当日の模様は、いらっしゃれない方(特に都内からは遠い場所にお住まいの方)のためにユーストリームで配信/放送します。詳しくはここをご覧ください。

狭い会場のため、いらっしゃる方の様子も流れてしまう可能性がございます。絶対に映りたくない! という方は、サングラスもしくはマスクをご着用のうえご来場ください(笑)。また、いいタイミングでメッセージボードなどを掲げていただければ、カメラマンの判断により、それを映すことも可能かもしれません(初めての試みなので、本番になってみないと、できるかどうかわからないですが...)。

どちらにしても「現場」がいちばん楽しい! とは思います。可能であれば、是非遊びにきてくださいねー! よろしくお願いします!

2011年4月15日2時28分(HI)

retweet

2001年7月に発売された20号から2008年3月に発売された60号までは付録CDという形で、2008年6月に発売された61号から2009年12月に発売された78号までは「記事が掲載された一部のバンドの音源ストリーミング」という形でお届けしていた「Radio Cookie Scene」が、2011年5月、とりあえず月1回約1時間くらいのユーストリーム配信/放送という形で、ついに復活します。

その前に、ある種の試験放送ってな感じで、4月16日夜から翌朝にかけて「Pirates Cookie Scene」という番組を配信/放送します(うまくいったら、「Radio Cookie Scene」と平行して「Pirates Cookie Scene」もつづけるかも...)。

クラブ・イヴェント、ラウンジ・クッキーシーンの生中継です。

URLなど詳細は以下のとおり。お時間のあられる方は、是非ご覧ください!

>>>>>>>>>>


Pirates Cookie Scene: POP & ALTERNATIVE '00s

日時:4月16日(土)21時〜翌朝5時

収録場所:渋谷 echo

ユーストリームURL:http://www.ustream.tv/channel/pirates-cookie-scene

DJs & Timetable *時間はある程度前後する可能性がございます!

犬飼一郎        Twitter        21:00~21:40            40 min.
小熊俊哉        Twitter        21:40~22:20            40 min.
深水光洋        Twitter        22:20~23:10            50 min.
伊藤英嗣        Twitter        23:10~00:20            70 min.
Kawanishi       Twitter        00:20~01:20            60 min.
黒田隆憲        Twitter        01:20~02:20            60 min.
近藤真弥        Twitter        02:20~03:20            60 min.
ekatokyo        Twitter        03:20~04:10            50 min.
@K                 Twitter        04:10~05:00            50 min.

2011年4月15日2時44分(HI)
 1  |  2  |  3  |  4  | All pages