伊藤英嗣: December 2017アーカイブ

retweet

Top_50_17_001_Noel.jpgTop_50_17_002_LCD.jpgTop_50_17_003_Temples.jpgTop_50_17_004_TJAMC.jpgTop_50_17_005_Cornelius.jpg






01. Noel Gallagher's High Flying Birds 『Who Built The Moon?』
02. LCD Soundsystem 『American Dream』
03. Temples 『Volcano』
04. The Jesus And Mary Chain 『Damage And Joy』
05. Cornelius 『Mellow Waves』


Top_50_17_006_Charlatans.jpgTop_50_17_007_Peter.jpgTop_50_17_008_Black_Grape.jpgTop_50_17_009_Michael.jpgTop_50_17_010_Ride.jpg






06. The Charlatans 『Plastic Machinery』
07. Peter Perrett 『How The West Was Won』
08. Black Grape 『Pop Voodoo』
09. Michael Head & The Red Elastic Band 『Adiós Señor Pussycat』
10. Ride 『Weather Diaries』


Top_50_17_011_Slowdive.jpg
Top_50_17_012_GospelbeacH.jpgTop_50_17_013_Horrors.jpgTop_50_17_014_Gist.jpgTop_50_17_015_Feelies.jpg






11. Slowdive 『Slowdive』
12. GospelbeacH 『Another Summer Of Love』
13. The Horrors 『V』
14. The Gist 『Holding Pattern』
15. The Feelies 『In Between』


Top_50_17_016_Arcade_Fire.jpgTop_50_17_017_Martin.jpgTop_50_17_018_Daniel.jpgTop_50_17_019_Sugiurumn.jpgTop_50_17_020_Liam.jpg





16. Arcade Fire 『Everything Now』
17. Martin Carr 『New Shapes Of Life』
18. Daniel Wylie's Cosmic Rough Riders 『Scenery For Dreamers』
19. Sugiurumn 『AI Am A Boy.』
20. Liam Gallagher 『As You Were』


Top_50_17_021_Wire.jpgTop_50_17_022_Phoenix.jpgTop_50_17_023_Sky-Hi.jpgTop_50_17_024_St_Etienne.jpgTop_50_17_025_TDS.jpgTop_50_17_026_Fall.jpgTop_50_17_027_Chainsmokers.jpgTop_50_17_028_B&S.jpgTop_50_17_029_U2.jpgTop_50_17_030_Cut_Copy.jpg



21. Wire 『Silver / Lead』
22. Phoenix 『Ti Amo』
23. Sky-Hi 『Marble』
24. Saint Etienne 『Home Counties』
25. The Dream Syndicate 『How Did I Find Myself Here?』
26. The Fall 『New Facts Emerge』
27. The Chainsmokers 『Memories... Do Not Open』
28. Belle And Sebastian「How To Solve Our Human Problems, Pt. 1」EP
29. U2 『Songs Of Experience』
30. Cut Copy 『Haiku From Zero』


Top_50_17_031_King_Krule.jpgTop_50_17_032_Shins.jpgTop_50_17_033_Maximo.jpgTop_50_17_034_Roger.jpgTop_50_17_035_Maroon_5.jpgTop_50_17_036_Pere_Ubu.jpgTop_50_17_037_Rostam.jpgTop_50_17_038_Hercules.jpgTop_50_17_039_Skirt.jpgTop_50_17_040_Methyl_Ethel.jpg



31. King Krule 『The Ooz』
32. The Shins 『Heartworms』
33. Maximo Park 『Risk To Exist』
34. Roger Waters 『Is This The Life We Really Want?』
35. Maroon 5 『Red Pill Blues』
36. Pere Ubu 『20 Years In A Montana Missile Silo』
37. Rostam 『Half-Light』
38. Hercules & Love Affair 『Omnion』
39. スカート(Skirt) 『20 / 20』
40. Methyl Ethel 『Everything Is Forgotten』


Top_50_17_041_QOTSA.jpgTop_50_17_042_Dirty_Projectors.jpgTop_50_17_043_Depeche_Mode.jpgTop_50_17_044_National.jpgTop_50_17_045_Stereophonics.jpgTop_50_17_046_Beck.jpgTop_50_17_047_Strypes.jpgTop_50_17_048_XX.jpgTop_50_17_049_Gorillaz.jpgTop_50_17_050_Ginnan_Boyz.jpg



41. Queens Of The Stone Age 『Villains』
42. Dirty Projectors 『Dirty Projectors』
43. Depeche Mode 『Spirit』
44. The National 『Sleep Well Beast』
45. Stereophonics 『Scream Above The Sounds』
46. Beck 『Colors』
47. The Strypes 『Spitting Image』
48. The xx 『I See You』
49. Gorillaz 『Humanz』
50. 銀杏 Boyz(Ginnan Boyz) 「恋は永遠」Single


2017年は、素晴らしいアルバム(やEPやシングル)が多すぎた。かなり悩んだが、結構いい感じにおちついたんじゃないかな? トップ10に、ジ・オンリー・ワンズのピーター・ペレットと、ザ・ペイル・ファンテインズやシャックなどを率いてきたマイケル・ヘッド、ポスト・パンクUKを代表する二者のアルバムが入ってるのも、今のクッキーシーンならでは。

12位のゴスペルビーチはファーザー(Further)やザ・タイド(The Tyde)、ビーチウッド・スパークスなどでおなじみブレント・ラドメイカー、14位のザ・ジストはヤング・マーブル・ジャイアンツのステュアート・モクサム、17位はザ・ブー・ラドリーズのマーティン・カーのバンドなわけで(ザ・ジストは、基本レア・トラック集とはいえ、約35年ぶり)、2017年は「英雄帰還の年」だった。

19位のスギウラム、ぼく的にはいつまでも若手って気がしちゃうけれど、ここには彼(杉浦くん)の娘さんの声まで入ってる。どこかミュート・レコーズっぽい感触もあって、もちろんアーティフィシャル・インテリジェンス(人工知能)をアイ(I:i:わたくし)にかけたんだろうタイトルの冒頭が偶然ぼくの息子の頭文字と同じ(笑)という点もふくみ、あらゆる意味でシンクロした。

23位のスカイハイ(残念ながらここに〝キョウボウザイ〟は入っていないにしても)や34位のロジャー・ウォーターズの位置づけに関しては、「クッキーシーンは政治的なメディアである」という命題をあてはめてもらって、かまわない。40位の新進豪州バンド、メチル・エーテルは4ADからのリリース。〝ユビュ(Ubu)〟という曲に、完全にやられた。

そして1位のノエル。日本盤を入手して、本当によかった。海外盤ボーナス・トラックは〝デッド・イン・ザ・ウォーター〟。どうしても一道くんを思いだしてしまう...。邦盤はそのあとに〝ゴッド・ヘルプ・アス・オール〟が入ってる。まじ救われた。

(伊藤英嗣)

2017年は、音楽の楽しみ方がガラリと変わってしまいました。というのも、ふとした思いつきで始めたスポティファイが、想像以上にすごかった。圧倒的な手軽さと天文学的な物量にも埋もれることのない音楽を見つける、個人的にそんな行為が楽しかった。

8位のブラック・グレイプは20年ぶりの新作。ジョン・ライドンにセックス・ピストルズとPiLがあるように、ショーン・ライダーにもハッピー・マンデイズとブラック・グレイプが必要なのかも。マンデイズよりも自由で、実験的で、ひたすら明るい。31位のキング・クルールは前作よりもバンドっぽさを増した生演奏のグルーヴが最高! いつかベックのような存在になるかもね。

00年代に登場したバンドたちが素晴らしいアルバムをリリースしてくれたことも、うれしかった! 37位は元ヴァンパイア・ウィークエンドのロスタムのソロ。「バンドを離れて自ら歌う」という選択が何よりも挑戦だったはず。『Half-Light』というタイトルにも示されているとおり、不安と希望が折り重なるサウンドは儚くも新鮮。41位のダーティ・プロジェクターズは、実質デイヴ・ロングストレスのソロ・プロジェクトになってしまったけれど、独特のメロディとグルーヴへの探究心は相変わらず。むしろ、研ぎ澄まされているとさえ思える。そして、43位はザ・ナショナル。サウンドの緻密さとは裏腹に熱量が増したこのアルバムは、彼らの最高傑作だと思う。今こそライヴが見たい!

(犬飼一郎)


今回はいいレコード(録音作品)が多すぎたので...さらに50点!