SATOMIMAGAE『Koko』(White Paddy Mountain)

| | トラックバック(0)
Satomimagae.jpg

 深みのある色あせたアコースティック・ギターの音が耳に流れこむと、すぐさま《小さな守り神が 白と赤の旗を振って こっちを見ている》と紡がれる。これは、Satomimagae(サトミマガエ)による『Koko』の1曲目、「Mikkai(密会)」の冒頭である。この冒頭を聴いた瞬間、筆者は『Koko』に魅了されてしまった。


 Satomimagaeは、都内で数多くのライヴをこなしてきた女性シンガーソングライター。本作はセカンド・アルバムにあたり、ファースト・アルバムは2012年発表の『awa』。それから、2012年に公開された映画『耳をかく女』でも音楽を担当したりと、幅広い活動をおこなっている。弾き語りが中心にある彼女の音楽をジャンル名で表せば、アシッド・フォークということになるだろうか。しかし、フィールド・レコーディングも用いることを考えると、ミュージック・コンクレートの文脈を汲んだ音楽とも捉えられる。シンプルに聞こえる彼女の音楽だが、注意深く耳を傾けると、実に多くの要素で彩られているのがわかるはず。


 といったところで、本作に話を戻そう。本作での彼女は、呟きすれすれの繊細な歌声を響かせている。押しつけがましい熱さであったり、今にも聴き手に掴みかかりそうな激しさはない。それでも彼女の歌声は、聴き手の興味を否応にも引きつける。同時に凛とした佇まいを脳裏によぎらせ、がなるだけのマッチョなバンドもどきよりも力強く見える。くわえて、妖艶。阿部芙蓉美(アベフユミ)や森田童子を想起させる、どこか孤独な雰囲気も魅力的。


 歌詞のほうも、幻想と現実の境目が曖昧な風景を描いていて面白い。「Ishikoro(石ころ)」は少し殺伐とした空気を漂わせるが、アルバム全体としては母性的な温かさを垣間見せるのが興味深い。これはおそらく、本作における彼女の歌い方が、母親が子供に童話を読み聞かせるときのテンポに近いからだ。ひとつひとつの言葉を丁寧に発し、まるで大事な我が子に言葉を刻みつけるかのように。それゆえ、淡々としているように聞こえるその歌声には、彼女の豊かな感情表現を見いだせる。


 また、ミックスとマスタリングをドローン/ アンビエント作家のChihei Hatakeyama(畠山地平)にまかせた影響か、本作は優れたアンビエント・アルバムとしても楽しむことができる。彼女の歌声は、聴き手のほうから歩み寄ることを求める受動性が色濃いゆえ、その歌声に傾ける意識を薄くすると、何かしらの風景を彩る一要素に変身してしまう。川の流れる音だったり、風が吹く音、あるいは風鈴が鳴る音と一緒の自然的なものに近づく。Satomimagaeという記号を捨て去り、〝誰かの歌声〟になるというか、さながら残留思念に触れてるような気分。


 とにかく、非常に面白い聴体験が待っている。




(近藤真弥)

retweet

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: SATOMIMAGAE『Koko』(White Paddy Mountain)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://cookiescene.jp/mt/mt-tb.cgi/4034