『ザ・ストーン・ローゼズ:ロックを変えた1枚のアルバム』(East Press)

|
2012_07_roses.jpgフォトグラファーとして、ライターとしておなじみ久保憲司さんと、クッキーシーン編集長であるぼくの共著である標題の書籍が、2012年7月6日に発売されました。

基本的にザ・ストーン・ローゼズのファースト・アルバム『The Stone Roses』および、彼らという存在を「読み解く」一助となれば...という企画意図に基づいて制作されたものです。中核をなす部分は、クボケンさんとぼくによる、いわゆる「解説」文やコラムですが、クボケンさんによる写真など、それ以外の部分も激しく充実しています。ある意味、ムック的な作りになっているというか。

シングル「Elephant Stone」をプロデュースしたピーター・フックをはじめとして、電気グルーヴの石野卓球、コーネリアスこと小山田圭吾といったひとたちがローゼズについて語った記事も、ヒダカトオルとカジヒデキによる対談記事も収録。イアン・ブラウン、ジョン・スクワイア、マニ、レニという『The Stone Roses』~『Second Coming』期の黄金メンバー全員のインタヴューも、もちろん載ってます!

ちなみに、月刊誌時代のクッキーシーンでぼくとの対談記事を毎号掲載させていただいた、ロッキング・オン2代目編集長、増井修さんの特別寄稿もありますよー。

制作陣には現クッキーシーン編集部/スタッフの多くが参加しています。2012年4月から7月まで、このサイトの更新がレヴューを除き滞っていたのも、この本の制作に全力を傾けていたから...(ご迷惑おかけして、申し訳ありませんでした...)。

自分で言うのもなんですが、内容はばっちりというか、おもしろいと感じていただけるのでは...? 「オルタナティヴなロック」に興味のある方、必携! などと思っています。全国の書店、レコード店、アマゾンやHMVなどのウェブ・ショップで発売中。どうか、よろしくお願いします!

retweet