ソニックアタックブラスター『月を見る人』(銀盤社)

|
tsukiwomiruhito.jpg

 これは良い。聴いていて武者震いが止まらない。ヘヴィ・ロックやプログレッシヴ・ロックの要素、芥川龍之介が町田康の文体で書いたような歌詞も病みつきになる。さらにはフォークやトイ・ポップ調の曲もあり、めまぐるしく変わる展開は痛快。要は素晴らしいまでにリスナーの音楽欲をそそる作品なのだ。それは男女4人組、ソニックアタックブラスターが4枚目となる本作『月を見る人』でひとつの到達点にたどり着いた結果であろう。


 とにかく鮮烈。そりゃあファースト・フル・アルバム『阿呆の一生』も鮮烈だったし、前作『赤と黒』も、日本語の発音特性を巧く使ったヴォーカルや、ダイナソーJrにも通じるギター・サウンド、女性コーラスによる優美で、そしてフランクな官能美はいかんなく発揮されていた。しかもザゼン・ボーイズを彷彿させる"聴き手への迫り"は怒濤だった。キング・クリムゾンから大友良英、武満徹のサウンド・トーンまでも、あっけらかんと自らの音楽に落とし込むさまは大胆不敵。それらが、本作には贅沢なまでに詰め込まれている。さらには「何をしようが現実は変わらないよ」なんていうニヒルな言いを蹴散らすヘヴィなサウンドと歌詞が実に格好いいじゃないか。


 さらに嬉しいのは、「音楽はこうあるべき」という声が本作には一切ない。前作まではグランジをお手本としているんじゃ? というところや、ダウニーを鏡に映して鳴らしているようなところもあったのだが、本作では完全に吹っ切れている。そして、無難な音がない。世の中に出ると、暗黙の了解だとか、出る杭は打たれるだとか、はたまたデリケートな部分には触れないようにと生きてしまう場合が時としてある。しかし、ソニックアタックブラスターはそんなものとは無縁だ。むしろ音楽の、そしてリスナーの最もデリケートな部分を強く突いてくる音がある。ドラムス、ベース、ギター、ヴォーカル、ヴァイオリン、和太鼓、それら全てが無難な音を避けている。いや、違う。このバンドはテンプレートが用意されているような音を鳴らせないのだ。そうして鳴らされる音に聴き手は思わずギクリと胸を刺されるだろう。だから聴いていて武者震いが止まらないのだ。それでいて、9曲目「顔」ではタンゴを歌謡曲に落とし込み、朗らかに和やかに可愛らしい女性ヴォーカルがスキップを踏んでいるのだから思わず微笑んでしまう。


 おそらく、本作を聴いて「変わっている音楽」だと感じるリスナーは少なからずいるだろう。かくいう僕が最初はそう感じてしまったのだが、しかし、何と比べて変わっているのだろうか? それはリスナーが、そして僕が漠然と抱いている「音楽の基準」だろう。そうしたあまりにも潔い本作を聴いていて思わされるのは、僕らが抱えている「音楽の基準」なんてものは必要ないということだ。なぜって、音楽を何らかの枠の中から解放させるのがリスナーであると同時に、リスナーを解放させるのが音楽だと僕は思うから。本作はそういった音楽とリスナーの相互関係の中で激しく呼吸し、生きている。


 とはいえ、アウトサイダーであるとか、奇天烈であるとか、そういうことではなく、純粋に作品として素晴らしい。とにかく聴いていて楽しいのだ。ソニックアタックブラスターは和製レッド・ツェッペリンとか、現代の日本語ロックと呼ばれることもあるのだが、しかし、本作を先入観に捕らわれず、聴き手は自分の「音楽の基準」も「変わった音楽という枠」も破り散らして自由に楽しんでほしい。そうすることで本作は、そして音楽は今以上にもっともっと自由になる。



(田中喬史)

retweet