PLASTIC GIRL IN CLOSET『A.Y.A』(Only Feedback Record)

|
PLASTIC GIRL IN CLOSET.jpg

 岩手県在住の3人組の4枚目。元々轟音ギター+美メロを男女ツイン・ヴォーカルで聴かせる彼らだけど、デビューから3年、当然、以前のままの彼らではない。今作は紅一点ベーシスト、須貝彩子をメイン・ヴォーカルに据えたガールズ・ポップ・アルバムに仕上がっており、ファーストの頃とは違い、良い意味で頭で計算しながら作っていることが分かる。


 瞬発力で曲を作ったり、偶然作った曲が名曲になったり、っていう初期衝動にはかなわないという思いもあるが、それに寄りかからず、冷静に慎重に作られたものはやはり、かっこいい。そして、キャッチーなメロディーへの純粋なこだわりは彼らの基本だと思うのだが、幸運というよりも必然。今作で発揮されているメロディー・メーカーとしての才能を聴けば、そう納得するほかない。


 普遍的な歌の強さ。その色褪せることのないメロディーの美しさにエレクトロの輝きをさらりと加え、打ち込みの要素を前に出したことで、今まで以上に洗練されたものになっている。シューゲイザー経由ポップ・ロック行き。先の長い、でも、輝かしいその道が、彼らの目にははっきりと見えているはずだ。



(粂田直子)

retweet