NICOLE MOUDABER『Believe』(Drumcode)

|
NICOLE MOUDABER『Believe』.jpg

 ナイジェリアで生まれ、レバノンで育った女性DJ/プロデューサーのニコル・モウダバー。これまでにも彼女は、「Let Go」「Hair」といったフロア・ヒットを連発し、カール・コックスやテクネイジアのミックスにも取りあげられるなど、売れっ子と呼ばれるにふさわしい評価と人気を得ている。


 それでも、イビサ系のコンピレーション・アルバムにピックアップされることもあるせいか、玄人なダンス・ミュージック・ファンにはいまいち浸透していない印象を受ける。


 確かに、分かりやすいメリハリをつけた展開でアゲていく手法は、ディープにハマりたいタイプの人にはピンと来ないかもしれない。しかし、《Drumcode》からリリースされたファースト・アルバム『Believe』は、玄人な方々からも支持されるのではないでしょうか?


 トリッキーな仕掛けや派手な音色はほとんどないが、ひとつの音を鳴らすタイミングや丁寧なイコライジングなど、細かい部分で曲に起伏をあたえるテクニックは、トラックメイカーとしての確かな実力を示している。また、全体的にダビーでクールな音像を創出しているのも特徴的で、ファンクションとレジスによるサンドウェル・ディストリクト、ほどではないが、ダンス・ミュージックが持つドラッギーな部分を上手く抽出し、ダークなアトモスフィアを醸しだしている。ジャケットのアートワークも含め、とても完成度が高いアルバムだと思う。



(近藤真弥)

retweet