JAMES BLAKE『Overgrown』(Polydor / Universal)

|
JAMES BLAKE『Overgrown』.jpg

 ここ最近、音そのもの、声そのものが持つ響きを尊重した音楽に惹かれることが多い。例えば、甘美な歌声の響きを前面に出すため、必要最低限の音だけを選び抜いて鳴らすインクの『No World』がそうだ。


 極論を言えば『No World』は、声のアルバムである。シンプルなリズムも、ミニマルなプロダクションも、すべては孤独感を醸しだすあの甘い歌声のためだけに存在している。そんな『No World』が漂わせるのは、人間味あふれる温もりや情感だったりする。声を極端に際立たせるプロダクションは、バランスを考えれば完璧なプロダクションではないだろう。しかし、そのアンバランスさが、声が孕む人間性を引きずりだす。不完全なプロダクションだからこそ、同じく不完全な生き物である人間の姿を描写できる。そこに聴き手は自身の姿を見いだすのだ。声や音の響きに注意を向けている音楽は、そうさせるための余白を残し、その余白に聴き手の想像力をいざなう巧妙な仕掛けを施している。


 こうした音楽が多くなったのは、やはりジェームズ・ブレイクによる『James Blake』の影響がデカイと思う。このアルバムは、『No World』の雛型と言える音楽を鳴らしているからだ。とはいえ、歌声に多くの加工を施し、送り手の存在感を薄めようと試みた『James Blake』は、声のアルバムではなく、音のアルバムであった。しかし、『Overgrown』におけるジェームズは、声のアルバムを目指したようだ。


 本作を聴いてまず目を引くのは、前作と比べて歌声のエフェクトが減っていることだ。そんな歌声からは、ジェームズ・ブレイクという男のパーソナリティーを垣間見ることができる。もしかすると、《Pitchfork》のインタヴューで語っていた、世間の自身に対するイメージに違和感を抱いていることと無関係ではないのかもしれない。さらに、ブレているジェームズの顔が印象的だった前作のジャケットから一転して、本作ではひとり佇むジェームズの姿を収めたジャケットにしたのも、ひとつのメッセージだと推察できる。つまり本作は、送り手の意識が明確になった、文字通り"ジェームズのアルバム"であるということだ。


 そして、歌声に比重をおいた本作のプロダクションは、肉体性からの解放を狙ったと思われる前作と比較すれば、再獲得の歓びを窺わせるものだ。サウンドも、EPで見られる狂気を抑え、先述の歌声が持つパーソナリティーをより顕在化させるため、黒子のような立ち位置にある(実験を楽しむ遊び心が爆発した「Digital Lion」のような曲もあるが)。


 それはウータン・クランのRZAが参加した「Take A Fall For Me」でも変わらない。むしろこの曲は、RZAがトラックの雰囲気に寄り添うラップを披露していることもあって、声が際立つ本作の重要なエレメントになっている。RZA(それから「Digital Lion」に参加したブライアン・イーノ)をアルバムの世界観に引きずりこめたのは、本作がそれだけ強い引力を持っているということだろう。


 それにしても、本作で見られる再獲得の歓びは何を獲得して湧きあがったのか? 筆者なりに考えてみたのだが、ジェームズが積極的に顔を見せてくれる内容から察するに、本作はエゴを肯定したうえでの人間回帰なのではないか? ゴースト的な前作から肉体的な本作に至ったことを考えれば、あながち的外れではない気がする。それに本作は、「Our Love Comes Back」という名の曲で幕を閉じるのだから(日本盤はボーナス・トラックが最後に収録されている)。



(近藤真弥)



【編集注】『Overgrown』の日本盤は4月10日リリース。


retweet