STOROBOY「STOROBOY」(Yves Gem Romantix)

|
STOROBOY.jpg

 思わずダンスしたくなるギターの甘美な響きと極上のサウンドに満ちた1stミニ・アルバム。80年代のバンド作品の趣を持ち味としつつも、メランコリックなメロディーや胸躍るロック・チューンが満載。これまで彼らが受けてきたあらゆる音楽的影響が見事に実を結んでいるんだと思う。


 そして押しつけがましくなく、背中を押してくれるような肯定性がアルバム全体を包んでいることも大切な要素。ソウルフルじゃないけどエレクトリックなニュアンスが印象的なARAKIの歌声を泳ぎ回らせたり、タフなギターを前にグッと出したり、楽曲ごとのフォーメーション取りも巧みだし、本当、新世代ロック・バンドの真打ち登場!! なのです。


 抜群の楽曲センス、独特のルーズ感のあるグルーヴも素敵です。(おそらく)彼らが子供のころ全盛期だった、ニューロマンティック、シンセ・ポップ、ニュー・ウェイヴ。先達へのオマージュと見せかけて、周到に張り巡らせた独自の音楽を開陳する大胆不敵さ。これから先何が飛び出すか、もうこのドキドキの虜!!



(粂田直子)

retweet