高野寛+伊藤大助『TKN+DSK Live 2012』(Tropical / Sunburst)

|
live2012.jpg

 とにかく、高野寛である。伊藤大助である。このふたりが出会えば何かが起こるのは自明であって、この時代にあって、かつて高野寛自身が歌ったように「確かな光」が射すこともまた自明である。基本的にギター、ヴォーカル、ドラムスというシンプルな編成によって繰り出される即興的演奏は、ふたりの音楽家としての挑戦であり、冒険でもあり、即興という自由の中に飛び込む覚悟である。


 もともとは曲を作り込むふたりがファースト・フル・アルバムに選んだものが、即興性を押し出したライヴ盤ということからも覚悟が窺え、本作『TKN+DSK Live 2012』は、ただ綺麗なだけの音楽ではないのはもちろんのこと、ガレージの匂いが漂う紛れもないロック・アルバムであり、楽譜をなぞるだけの音楽でもなく、曲というものが、ライヴによってどのように変化するのか、どのような方向性を示すのか、あるいは何が起こるのか分からないという音楽の根本を示すものである。つまりは「楽譜に書かれた曲」から離脱し、同じ「楽譜に書かれた曲」であっても、その曲には無数の未知なる音が宿っていることの証明として本作はある。


 もちろんそれは、ふたりの音楽愛があってこそ。曲に縛られることなく曲を解き放つ。僕はこの日のライヴにいた者で、MCは和やかであったが、演奏は、やはり、ふたりが互いの呼吸を読み、飛び出てくるポップ性と、ぐいと引き込まれるワン・フレーズの鳴りが鮮烈に予期せぬ場から現れるように在り瞬時に飲み込まれた。ビートルズのカヴァーが収録されていないのは残念ではあるけれど、ジョン・マクラフリンみたいなギターが極度に鳴る「Proteus Boogie」におけるインタープレイのどこまでも突き抜けてしまう昂ぶりは、これまでの高野寛やクラムボンにもなかったものだ。


 クラムボンの伊藤大助がドラマーということもあってかクラムボンの曲も収録されているが、ダイナミックにうねり、ドラムががっつり噛みついてくるさまはクラムボンのファンも驚くであろうし、例えばジャズのように新たな曲として聴こえ、前のめりになってしまう魅力に満ちる。特に打ち込みを交えた「id」での、メロディの流れに沿いながらも、ふたりの「この曲は一体どこに行きたいのか」という試行しながらのサウンドはエキサイティングであって、曲を生き物として奏でるさまはスリリングでもあり、音楽は生きているということを否応にも感じさせられる。そこに僕は打たれる。


 そうしてボーナス・トラックの「太陽と月、ひとつになるとき/studio recording」を除けばラストとなる名曲「確かな光」である。不覚にも涙が落ちた。決して大げさではない。目に滲むものがある。ライヴであるがゆえに素朴でシンプルだ。強く、しかしやさしく伝えるために音を削ぎ落とし、削ぎ落とし尽くして歌われる光。高野寛と伊藤大助が生み出す一日の希望。それはちいさな希望ではあるのだが、スタジオ・レコーディングでは表現できない確かな光がここにある。


 極言すればライヴを味わいたいのならライヴ盤ではなくライヴに行けばいいということになる。しかし、このライヴ盤はライヴの瞬間を収めただけのものではない。即興、曲を固めるというコンセプトからの離脱、そうして生まれる音楽の躍動。作品として記録され、記憶に残るポップ・ミュージックの新たな姿である。



(田中喬史)

retweet