KATE SIKORA『JUST ENOUGH SPACE』(& records)

| | トラックバック(0)
ケイト・シコラ.jpg

 東京で活動するアメリカ人女性シンガーソングライター、ケイト・シコラ。2005年にアルバム・デビューを果たし、じわじわと知名度を上げてきた彼女の2ndアルバムが本作。キラキラしたグロッケンの音に浮き足立ち、温かみのあるアコースティック・ギターと甘美な女性ヴォーカルが放つメルヘンな響きに心奪われます。


 春風のように軽やかに耳を抜けていく優しいメロディー、柔らかく包み込むようなトランペットの音色、そして鼓膜を羽毛でなでるような快感ハーモニー! グラスゴー出身で、今までにティーンエイジ・ファンクラブ、ベル・アンド・セバスチャンなどを手掛けてきたプロデューサーのデイヴィッド・ノートンとの制作だとか、バンド・メンバーに堀越武志(OCEANLANEOLDE WORLDE 等)や岸田佳也(トクマルシューゴOLDE WORLDE 等)がいる、ということも嬉しいんですが、お天気の良い日に自転車でちょっとそこまでピクニック、というようなピースフルなムードに溢れていることが凄く素敵。


 急かされたって動じない、クレヴァーで地に足の着いた、他に代わりが見当たらないくらい美しくエモーショナルなメロディーとサウンドを持つ彼女。良い匂いが鼻をくすぐる最高のポップ・ミュージックがまたここに完成。



(粂田直子)



【編集部注】『JUST ENOUGH SPACE』は11月21日リリース予定。

retweet

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: KATE SIKORA『JUST ENOUGH SPACE』(& records)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://cookiescene.jp/mt/mt-tb.cgi/3417