タラチネ『ビューティフル・ストーリーズ』(& Records)

ta.jpg 音楽とは今ここにしかない。次の瞬間には消えている。その儚さを噛み締めながら人は歌をうたう。しかし歌い続けても歌は自分とともに消えていく。ならば音楽で世の中を満たしてしまえばいい。本作を聴いて思ったのはこのバンドにはそれができるという妙にロマンチックなことだった。

 クラムボンのミトからも絶賛されている02年に結成されたタラチネ。男女混声6人組の彼らは06年にミニ・アルバム「桃源郷」でデビューし、その後ミトをプロデューサーに迎えシングル「Mellow Gold」、ファースト・アルバム『世界の歌』をリリース。そうして約6年ぶりに発表されたセカンド・アルバムとなる本作『ビューティフル・ストーリーズ』は高野寛や山下達郎などの作品と同様の大衆性とメロディの丸み、繊細なサウンド構築とイノセンスに満ちている。ポップ・ソングにジャズが入り込んだような音楽だ。クラムボンのような音響美があれば古き良きアメリカン・ミュージックの要素も忍ばせている。

 タラチネの音とはそこに何かが在ることを肯定し、そこに何も無いという虚無を絶対的に否定する。一度聴けば胸の内で鳴り続き鳴り止まない。いつまでも息をする。人懐こく、つい口ずさみたくなるメロディ。空気公団のように。その大衆性のある音楽でタラチネは気取りのない日常の物語を作り出し、それはフィクションでも何でもなく聴き手を包み込んで邪気を消し去る。渋味のある桑原沖広の歌声と幼げな岸真由子の歌声は自らの過去を吸い込みながらうたっているように聴こえ、《缶コーヒーの甘すぎる味に溶かし込んだものは昨日のアレやコレ》(「ハッピー・ピープル」)、《気まぐれにつぶやいた意味のない言葉に一人でうなずいてあとは何も聞こえない》(「Nighthawks」)というように、自身の記憶を歌に落とし込み、過去を通過したうえで手に入れたメロディと歌がしなやかに広がる。今ここにある音が全てなんだという達観した空気が漂い、しかしそれは朗らかだ。清々しいサウンド構築なのに哀感がある。

 『ビューティフル・ストーリーズ』からどこか哀しみと喜びという、相反した模様が窺がえるのは作品を出すレーベルがなくなった時期があり、袋小路に立たされた体験が反映されているのかもしれない。また、一時期、気持ちを一新しようと大胆なメンバー・チェンジを行なったことも反映されているのかもしれない。タラチネが鳴らすイノセンスとは苦悩を経験したがゆえのものだろう。本作はそれまでにバンド内で起こった、ぐしゃぐしゃの表情で泣いたことやぐしゃぐしゃの表情で笑ったことの総和によって成り立っているのだと思う。この作品は頭だけで生み出した音楽ではないのだ。

 触れる程度に寄り添うシンセやインプロヴィゼーション的なギター、軽快なピアノとドラム、たゆたうコーラス、メロディオン、その全ては穏やかで温かさのあるメロディ・ラインに沿う歌声と同じく、過剰な自意識は窺がえず、メンバー同士の朗らかな会話として聴こえてくる。そしてそれらもまた、過去を通過したがゆえの音なのだろう。何かを乗り越えれば人と人は親密になる。それはリアルでとても人間味のあることだ。音楽も例外ではない。時代によって音楽は変わるのだろうが、しかし、音と音の会話という、時代が変わっても変わらないものをタラチネは大切に鳴らす。比較的音数が多い5曲目の「Swimming」での音の添い合わせ方はまるでトッド・ラングレンが6人いるかのような音の会話だ。

 前作『世界の歌』を通過し、日常の『ビューティフル・ストーリーズ』を描いたタラチネに、今後、音楽と非音楽の境目のない音楽を描くことを期待したい。日常も非日常もない音楽。彼らならやってくれるはずだし、それができることをタラチネは本作で証明した。彼らの歩みはたとえゆっくりだとしても止まることはない。その静かな衝動を宿した音が本作に躍動感を与えている。

 『ビューティフル・ストーリーズ』は決して手のひらサイズのお手頃な音楽ではないし、一度聴いたら棚に収める音楽でもない。無邪気だが真摯に向き合える音楽だ。本作に収録されている一曲一曲が終わる度に、このモノクロのジャケットに"これから先"の色が塗られていく。そしてまた、聴き手である誰かが色を塗る。その連続が僕らとタラチネの色であり、音であり、一人ひとりの物語として"ビューティフル・ストーリーズ"になっていく。そんな感動作だ。「僕らの美しい物語はそう長く続かなく、美化によって成り立っているのかもしれない」。そう思ったら本作を聴けばいい。この作品で鳴っている音のどこを取っても淡白なモノクロの色はないのだから。

 

(田中喬史)

retweet

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: タラチネ『ビューティフル・ストーリーズ』(& Records)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://cookiescene.jp/mt/mt-tb.cgi/3320