tricot「小学生と宇宙」(Bakuretsu Records)

Tricot「小学生と宇宙」.jpg 「音楽とは快感である!」


 中嶋イッキュウ(ヴォーカル/ギター)、キダ モティフォ(ギター/コーラス)、ヒロミ・ヒロヒロ(ベース/コーラス)、komaki♂(ドラム)による京都の4人組バンド、tricotにとって初の全国流通盤となる「小学生と宇宙」を聴き終えたとき、思わずそう叫びたくなってしまった。まあ、実際は「こりゃ気持ちいい!」と叫んで、隣の住人から「うっせえ!」とお叱りを受けてしまったのだが、とにかく本作は、音楽を鳴らす喜びに満ちた4人の姿が目に浮かぶものとなっている。


 tricotは2010年に結成されたバンドだが、ライブ・パフォーマンスには定評があり、バンドの自主イベント《爆祭》は、秒速ソールドアウトになるくらいの人気を集めている。筆者も何度かtricotのライブには足を運んでいるが、なんといってもその魅力は、どの観客よりも楽しそうに演奏する4人の姿だろう。息の合ったブレイクをキメた瞬間や、そんな阿吽の呼吸に酔いしれているような立ち振る舞いは、いちいちカッコよくて本当にため息がでる。究極的に言えば、4人は"カッコいい曲を演奏する自分達が好き"なのである。


 そんな陶酔も、人によっては不快に思うこともあるだろうが、筆者は全然アリだと思うし、むしろもっと陶酔すべきだと思う。というのも、最近日本のバンドのデモ音源を数多く聴かせてもらうなかで、アレンジやプロダクションといった面は秀逸でも、曲そのものの構成や演奏に関してはスリル感がなく、演者と曲の間に距離があるものが多いからだ。それはそれで良い曲もあるが、演者の顔が見えない曲というのはつまらないし、繰り返し聴きたいと思うことも少ない。それに"カッコいい曲を演奏する自分達が好き"になれるのは、"音楽が好き"という前提があってのことで、でなければ、"カッコいい曲を演奏する自分達が好き"、もしくは"カッコいい曲が好きな自分が好き"といった次元にたどり着くことはできない。こうしたナルシシスティックな要素は、精魂込めて作りあげた曲を人に届ける際には必要不可欠なものだと思う。


 その点tricotは、曲との距離が極めてゼロに近く、曲にコミットしている。曲にコミットしすぎて不安定な荒々しさを見せることもあるが、表現したい音をひたすら追い求める本能と理性がズレていく摩擦によって生まれる、ヒリヒリとしながらも聴き手を昂らせるグルーヴは唯一無二のものだ。このグルーヴがもっとも発揮されるのは、やはりライヴだと思うが、本作はそんなライヴの雰囲気に近い音が収録されている。初の全国流通盤とあってか、"これがtricotだ!"と言わんばかりの、挨拶代わりにしては強烈すぎる剥き出しな姿が克明に刻まれているが、実はtricot、勢いだけのバンドではなく、演奏力もかなり高い。繊細かつ豪快なギター、バンド・アンサンブルを力強く支えるベース、変拍子を自在に操るドラム、そのどれもが魅力的であり、技術に裏打ちされた豊かな表現力を獲得している。だが、どんなに変拍子を入れても、複雑な構成で展開が激しいものになっても、4人は"聴きやすさ"を忘れない。こうした姿勢は「ひと飲みで」に顕著で、本作中もっともチャレンジングなこの曲は、途中でテンポをぐっと落としファンク的な展開になるなど、本作の音楽的探求心を象徴しながらも、ポップ・ソングとしての万能性も備えた曲である。


 そしてやはり、中嶋イッキュウのフロントマンとしての才能にも触れるべきだろう。彼女が紡ぐ言葉は、語感の気持ち良さを重視した、例えば桑田圭祐と同様の作詞スタイルだと思うが、だからこそ中嶋イッキュウの言葉は反射神経に富んでおり、時折感情過多になりつつも、聴き手の想像力を無視せずしっかりコミュニケートする。こうした聴き手の捉え方を尊重する姿勢は、交流のある赤い公園とも通じるものだが、「夢見がちな少女、舞い上がる、空へ」「MATSURI」は、聴き手の捉え方を尊重しつつも、彼女なりのメッセージがあるように思える。というのもいま挙げた2曲、特に「夢見がちな少女、舞い上がる、空へ」は、いまどき珍しく説教臭い。この説教臭さ、現在においてはちょっと異端だと思うし、そんな異端ぶりに思わずマニック・ストリート・プリーチャーズを想起してしまったのだが、曲のドライヴ感と重なり合うように早口で歌われる歌詞は、聴き手の奥底に潜む"ナニカ"を確実に揺さぶる。


 本作を繰り返し聴いて感じたのは、いまの4人は自然と湧き出るアイディアに身を任せているということ。こうしたある種の野性的感性は、『The Music』期のザ・ミュージックと類似する部分でもあるが、この野性的感性がより意識的になったとき、tricotはもっともっと大きな存在になると思う。そういった意味で本作は、"完全無欠のミニ・アルバム"とは言えないが、それでも本作に収められた最大瞬間風速は一度体感すべきである。そのエネルギッシュなポジティヴィティーは必ず、あなたの背中をやさしく押しだしてくれるはずだ。


 《好きに踊れ》(「夢見がちな少女、舞い上がる、空へ」)


 この音楽、理屈じゃない。



(近藤真弥)



※本作は5月9日リリース。

retweet

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: tricot「小学生と宇宙」(Bakuretsu Records)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://cookiescene.jp/mt/mt-tb.cgi/3213