ココロオークション「Ticket」(Cloud Rover)

|

ココロオークション.jpg 関西を中心に、数々のステージでスキルを磨いてきたココロオークション。2010年に結成された4人組だ。そんな彼らが1stミニ・アルバムを発表したのだが、これが勢い/ライヴ感溢れる、内容の濃いものになっている。

 曲の良さはもちろん、ヴォーカルのずば抜けた表現力に圧倒されまくり。つぎはぎされたような音のマテリアルは決してトリートメントされることなく、ささくれだって悶えてる。そこが良い。鋭いギター・アタックと厚いリズム隊がビルドアップする演奏のテンションは、他の追従を許さない勢い。そして、サウンドの陽気なテクスチャーと、やっぱり、リズム隊の存在感が凄いんだけど、このバンドが持ち続ける繊細なポップさはこれからも変わらないんだろうなという、安心感もある。

 クラシカルな部分を踏襲しつつ、さらに彼ら独自のエッセンスを散りばめた、「エヴァーグリーン」を叫ばずにはいられない作品だ。切迫したムードとポップなメロディーが対峙する、新型ロック・アルバム。さらなる飛躍が期待される。

 

(粂田直子)

retweet