ねごと「Sharp ♯」(Ki/oon)

|

ねごと「Sharp ♯」.jpg ねごとの魅力のひとつは、「ループ」「ワンダーワールド」「七夕」といった曲に顕著である、ここではないどこかをふわふわと見つめているような、少しひねくれた世界観だと思う。先に挙げた3曲で言うと、「ループ」の宇宙的トリップ感、小さな子供と遊んでいる風景が目に浮かぶ「ワンダーワールド」、そして、ライトノベルチックなファンタジーを感じさせる「七夕」と、それぞれ固有の世界観がありつつも、どこか聴き手をおちょくるような、心地良いイタズラ心が感じられた。だが「Sharp ♯」は、ねごと史上もっとも"想い"がストレートに出た、良い意味でねごとらしくない疾走感あふれる曲に仕上がっている。

 「Sharp ♯」制作のキッカケは、3年前のフジ・ロックで故・アベフトシに捧げる曲としてThe Birthdayが「愛でぬりつぶせ」を演奏した映像だそうだ。3年前のフジ・ロックにおける「愛でぬりつぶせ」のパフォーマンスは、膨大なエネルギーとパワーに満ちあふれるものであったが、そのエネルギーとパワーにねごとが影響されているのは、先述の疾走感にも表れている。この疾走感を生みだすのに、4人とも相当な試行錯誤を重ねたのは曲からも窺い知れるが、そのなかでも、澤村小夜子のドラムがもっとも重要な役割を担っているように思う。従来の"ほんの少し複雑"なプレイは残しつつも、スネアやハイハットなどの音作りに気を配っており、バンド全体を意識したリズムはバンド・アンサンブルの土台となっているし、藤咲佑のベースも、疾走感をさらに加速させるシンプルなプレイに徹することで、バンドのグルーヴを支えている。さらに沙田瑞紀は、エッジーかつオフェンシブなギター・サウンドを掻きむしるように鳴らし、そこに蒼山幸子のヴォーカルが加わることで、「Sharp ♯」の眩い輝きは聴き手に届けられる。

 そして、蒼山幸子のヴォーカルにも言及しておきたい。「Sharp ♯」リリースに伴うインタビューで4人は、『ex Negoto』をリリースし、数多くのライブをこなしていくなかで、メンバー間でのコミュニケーション不足に陥っていたことを告白しているが、そうした苦悩を乗り越え手に入れた強い意志のようなものが、「Sharp ♯」における蒼山幸子のヴォーカルにはある。それは歌詞に表れているのはもちろんのこと、声そのものにも表れているのが、本当に素晴らしい。可愛らしいポップなヴォーカルが特徴であった蒼山幸子だが、「Sharp ♯」では聴き手の心をこじ開け、感情を鷲掴みにするような、ある種の荒々しさと野蛮さすら感じるヴォーカルを披露している。その力強いヴォーカルは、ねごとが飛躍的進化を遂げたことの証左であり、明るい未来をも確信させてくれるものだ。

 ちなみに「Sharp ♯」は、通常盤と限定盤の2種類がある。通常盤には、ゆったりとした気持ち良い名曲「Drop」と、ザ・クリブスのカヴァー「Tonight」が収録されており、そして限定盤には、tofubeatsによる「Sharp ♯」のリミックスが収録されている。まあ、なんともファン悩ませな仕様となっているが、筆者は「Sharp ♯-tofubeats remix-」を気に入っている。大胆なヴォーカル・エディットと、tofubeatsらしいビートのタメが感じられる優れたリミックスだと思う。

(近藤真弥)

retweet