山本精一『ラプソディア』(P-Vine)

|

山本精一.jpg 先端芸術的な音楽だから素晴らしいなんて思ったことはないし、前衛的だから素晴らしい音楽だと思ったこともない。そもそも先端性や前衛性を価値基準にしてしまうと音楽そのものの魅力を見失う。その意味において、埋火の『ジオラマ』は決して斬新な作品ではないが、音楽として素晴らしかった。ROVOや想い出波止場などでも活動する山本精一の『ラプソディア』も音楽として素晴らしいのだが、プログレッシヴという文脈で語られることが多い。しかし、あくまでもポップなのだ。それは例えば音楽性は違えどMGMTの『Congratulations』が奇妙でありながらもポップだったこと同様、前衛性を大衆的ポップ・サウンドに変換することはオルタナティヴな形のひとつとしてある。それがポピュラー・ミュージックのひとつの特性であり、音楽の未来を照らす。

 「音楽を別けることは嫌い」という山本精一が『ラプソディア』で描く世界には羅針盤の延長という側面もあることはあるが、想い出波止場の『Vuoi』のようなグルーヴがあり、レゲエを思わせるリズムがあり、インプロヴィゼーションの快楽も怖さも知り尽くしている彼の「間」も、『Loveless』を好む彼のノイジーなサウンドもある。歌声に、気付くか気付かないか程度のエコーを効かせ、それは時としてダブのように聴こえてくる。また、サイケデリックなサウンドと同じくして山本精一の歌詞には過剰な意味や感情的なところはあまりなく、異形に聴こえる。『プレイグラウンド』のアップデートだけではなく、山本精一がこれまで培ってきた音楽的バック・グラウンドが遺憾なく、そこかしこに出ては現れ、また出ては現れ、というのを繰り返しながら聴き手に近づいていき、そこには聴き手にとって鑑賞を超えた体験が待っている。単に前衛的なだけの音楽だったらそうはならないだろう。これは素晴らしいポップ・ソング・アルバムだ。

 ほんとうに良い歌には「分からせてやる」という自我はないし「分からなくてもいい」というニヒリズムもない。分かる分からないといったものを超えて聴き入ってしまうような、聴き手を沈黙させるものが宿っていて、それはある意味、音楽に惚れることに似ている。『Crown Of Fuzzy Groove』はインストだがそういう感覚があるアルバムだったし、歌ものである本作もまたそうだ。ここにある音の数々と朴訥とした歌声とともに音楽と同化するように溶けてしまいたいと思うのは僕だけではないはず。本作は、異形でありながらも気持ちを浄化されるようなサウンドに満ちている。

 『なぞなぞ』は孤独感を漂わせている作品だった。しかし本作は、トッド・ラングレンのように摩訶不思議で前衛性をポップに鳴らし、豊かな心地が沸いてくる作品だ。ポジティヴな様が見えるこの音楽が2012年も鳴り響いてほしいと思う。

 

(田中喬史)

retweet