七尾旅人Presents百人組手 ~日本最高峰即興演芸衝撃的再興乃序曲~ at 赤坂BLITZ 2012. 1. 28

| | トラックバック(0)

  2012年1月28日。場所は赤坂ブリッツ。そこで七尾旅人による《百人組手》というイベントが行われた。《百人組手》は、七尾旅人VSゲストという図式で次々と即興演奏が繰りひろげられるイベント。なにが起こるのか、当日になってみなけりゃわからないガチンコな企画です。今回のゲスト陣はザゼン・ボーイズ、近藤等則、坂田明、櫻井響、AFRA、飴屋法水、Chara、大友良英 オーケストラFUKUSHIMA&YOU!(「YOU!」は、一般参加した方たちのこと。客席最前列で楽器を持って演奏していました)といった面々。ご覧の通り、曲者かつ確かな実力を持った表現者が集結した。


 >>>>>>>>>>

 七尾旅人×AFRA×桜井響、七尾旅人×ザゼン・ボーイズ×近藤等則×坂田明、七尾旅人×Chara、七尾旅人×飴屋法水、七尾旅人×オーケストラFUKUSHIMA&YOU! どの対決も本当に凄いものだったが、今回の《百人組手》のハイライトかつ本質を表していた対決は、七尾旅人×飴屋法水だろう。

 唐十郎の"状況劇場"に音響として参加し、その後は演出/美術家として評価を得た飴屋法水との対決。正直この対決に関しては、文字通りなにが起こるかわからない不安と興奮が入りまじる不思議な感覚を抱いていたが、その予感は、半分当たって半分ハズレといったところだ。

 この対決で七尾旅人は、去年惜しくも亡くなった故レイ・ハラカミに捧げる歌(MCでは二度とやらないかも知れないという旨の発言もあった)を披露したが、これに対し飴屋法水は、2階席の一角で不気味とも形容できる雰囲気を発していた。ハンマーを使って力いっぱい鉄筋を打ち込み、スネアをぶち破る。そして、CDJを使用したと思われるノイズとサンプリング。そのすべての音に、表現者としての信念と覚悟がまざまざと刻まれていた。2階の手すりから花束、ぶち破ったスネア、バケツを順番にぶら下げ、そのバケツを1階の観客がどける姿に笑いが起きても、荘厳とも言えるオーラを飴屋法水は発していた。

 そして筆者がなにより驚いたのは、飴屋法水が観客に問いかけを始めたときである。筆者がその声に導かれ2階の飴屋法水に目をやると、手が真っ赤に染まっていたのだ。おそらくそれは血糊ではなく、まぎれもない飴屋法水本人の血だろう。まさに命がけで音を鳴らしていた飴屋法水だが、CDJが壊れるというトラブルが発生する。このトラブルに七尾旅人は、トラブルをネタにした即興の歌詞で対抗する(2階へ行くようにスタッフにお願いする歌を歌った)。しかし、このトラブル以降の展開が鳥肌ものだった。

 手持ち無沙汰になった飴屋法水は、ロープ伝いに2階から1階へ降りてみせたのだ。手には血に染まった傘。この事態に観客も悲鳴に近いどよめきをあげたが、そのどよめきは感動へ変わることになる。

 無事1階に降りたった飴屋法水は、手すりを綱渡りのように歩きはじめた。観客は固唾を飲んで見守る。途中落下してしまい再びどよめきが起こるものの、再チャレンジし見事渡りきると、客席から溢れんばかりの歓声と拍手が巻きおこった。そして渡りきったあとステージへ上り、演奏する七尾旅人に傘を掲げ、優しく見守っていた。その姿は、包容力の塊ともいえる存在感に満ちていて、なにより美しかった。ザゼンボーイズが「Crazy Days Crazy Feeling」を披露し、それに合わせて踊り狂う近藤等則とオーケストラFUKUSHIMAに参加した女性の表情。音によるアナーキーな攻防が繰りひろげられた、七尾旅人×AFRA×桜井響のセッション。音が存在し、それらが集まるだけで熱狂が生まれる原初的音楽を鳴らしてみせた大友良英 オーケストラFUKUSHIMA&YOU!。そして、Charaを相手にただただファンのひとりになってしまっていた七尾旅人(こういう微笑ましい場面もほんと素晴らしかった)。これらだけでなく、他にも数多くの感動が今も脳裏に焼きついて離れないが、筆者にとって衝撃的だったのは、やはり七尾旅人×飴屋法水だ。

 本編は、七尾旅人×オーケストラFUKUSHIMA&YOU! の対決で幕を閉じたが、この後またもや、印象的な場面に遭遇する。

 アンコール前、ステージ上には誰ひとりいないにも関わらず、「YOU!」としてオーケストラFUKUSHIMAに参加していた前列の観客がそれぞれ楽器を鳴らしはじめ、それに合わせて自然と手拍子が起こったのだ。その音楽が持つエネルギーとグルーヴは、もうひとつの原初的音楽として、あの場にいた観客全員に共有されていた。その光景に筆者は、不覚にも目を潤ませてしまった。

 そしてアンコールである。七尾旅人×Chara×ザゼン・ボーイズ×近藤等則×坂田明による「Rollin'Rollin'」。それは、ここに至るまでの"驚き"と"感動"の積み重ねが爆発した瞬間そのものであった。ラップのパートになると、舞台袖からやけのはらが登場しラップを披露するのだが、そのとき筆者は、完全にフリーク・アウトしていた。覚えているのは、ひたすらニコニコしながら踊って、両隣の観客と「ヤべえ!」と叫んだことくらいで、あとは無我夢中で体を揺らしていたと思う。

 「このグルーヴを捕まえて/それがすべてさ/それがすべて」(Rollin'Rollin')

 このフレーズを、深く胸に刻みながら。

 アンコールが終わると出演者が次々と立ち去り、最後に七尾旅人が飴屋法水の残した血まみれの傘を差し、ステージをあとにした。その後ろ姿は、全力を出しきった充実感と、観客への感謝が滲みでていた。

 "言葉にしてはいけない音楽"は、この世にたくさんある。なかには、音楽を言葉で語ること自体に嫌悪感を抱く者もいるだろう。しかし、今回の《百人組手》で鳴っていた音楽は、"言葉にしてはいけない音楽"ではなく、"言葉にできない音楽"だった。こうして言葉を紡いでも、すべてを伝えることができない音楽。それは、あの場に居た者だけが"即興"によって得られた見えない"繋がり"であり、"希望"なのかもしれない。だがそれは、決して閉鎖的なものではなく、また、やぶれかぶれでもない。例えば、ザゼン・ボーイズ×近藤等則×坂田明との対決で披露された「シャッター商店街のマイルスデイビス」。このなかで七尾旅人は、《溶けたのは炉心でなくて、溶けたのは炉心でなくて精神》と歌った。この言葉は、七尾旅人なりに3・11以降の風景を真摯に見つめていたから出てきた言葉であり、だからこそ、「圏内の歌」 「シャッター商店街のマイルスデイビス」 「メモリーレーン」、そして先述の故レイ・ハラカミに捧げられた歌には、絶望を原風景としながらも、"未来という希望"が確かにあった。その"未来という希望"は、あの場に居た全員がそれぞれ持ちかえり、日常生活のなかで周りの人たちにポジティブな影響を与えるのではないか? そんなことを、筆者は想像してしまった。そしてこれこそが"繋がり"ではないかと。私的なことで言えば、終演後外に出て会場を見あげていた筆者を見た観客が、「良かったですね!」と声をかけてきてくれたこととか。これも立派な"繋がり"であると、筆者は思う。

 喜怒哀楽には収まらない感情や表現、そして恐怖といった負の要素も入りまじった混沌が渦巻いていた今回の"百人組手"だが、しかし不思議と、清々しい気分で会場を後にできた。それはなぜなのか? こうして書いてみても、正直わからない。それでも確実に言えることは、ネガティヴなシニシズムは皆無であり、さんさんと輝く太陽のようなポジティヴィティーが、あの場にあったということ。

 さらにもうひとつ、確実に言えることがある。そして最後は、そのもうひとつの言葉で締めさせてもらう。

  「音楽最高!」である。

 

(近藤真弥)


retweet

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 七尾旅人Presents百人組手 ~日本最高峰即興演芸衝撃的再興乃序曲~ at 赤坂BLITZ 2012. 1. 28

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://cookiescene.jp/mt/mt-tb.cgi/3101