JAMES BLAKE「Love What Happened Here」(R&S)

|

JAMES BLAKE「Love What Happened Here」.jpg  本作は久々に《R&S》からリリースされた、全3曲入りのEP。基本的にEPでは前衛性が剥き出しな音を鳴らすことが多いジェームズ・ブレイクだが、「Love What Happened Here」はその前衛性を保ちつつも、マッド面は影を潜めている。その代わり"暖かい"とも形容できる音楽が、「Love What Happened Here」では展開されている。もちろん従来のクールな硬質感も健在だが、音が鋭く鳴りながらも、グルーヴはゆったりと心地良いタイトル・ソング「Love What Happened Here」や、ジェームズ・ブレイク流オールド・スクール・ヒップホップと言っていい、まるで最高に笑えるジョークみたいな「Curbside」など、本作におけるジェームズは、躁鬱なら"躁"、陰陽なら"陽"の面が多く見られる。

 だが「At Birth」は、本作のなかでも少しばかり浮いた曲となっている。これまた彼にしては珍しくストレートな4つ打ちで、ドイツにおけるディープ・ハウス・リヴァイヴァルを牽引するレーベル《Smallville》周辺の音に近いトラックなのだ。「Love What Happened Here」「Curbside」が、音を鳴らすタイミングや間で表情を作りあげるトラックならば、「At Birth」はEQやエフェクトで音を変化させていくトラックだと言える。

 過去のリリース群は、自分を表現すると同時に、リスナーの想像力を介入させるための"余白"を残すプロダクションに比重を傾けていたジェームズだが、本作では自分の内面を色濃く表現することで、いつも以上にジェームズ・ブレイクという存在が音に忍び込み、存在している。自分の内面とは、ある種の"エゴ"と言ってもいいが、従来の引き算の美学よりも足し算の美学を試みた結果として、必然的に"エゴ"が強調されたのだろう。

 内に秘めたる"エゴ"を言葉ではなく音で表出するため、本作でも実に様々な実験が行われているが、そんな数々の実験をあくまでポップ・ミュージックとしてスマートに遂行するジェームズ・ブレイクは、やはり最高だ。本作の出来? 素晴らしいのは言うまでもないから、訊くのは野暮ってもんです。

 

(近藤真弥)

retweet