MOSCOW CLUB「909 State EP」(Self Released)

|

Moscow Club.jpg  このモスクワ・クラブなるバンド、ユーチューブにアップされている彼らのライブ映像を観る限りでは、日本の4人組バンドらしい。このバンドを知ったキッカケはバンドキャンプなのだが、まず興味を惹かれたのは「909 State EP」のジャケ。ある程度音楽を聴き込んでいる方ならすぐにピンと来るだろうこのジャケは、808ステイト の大名曲「Pacific」を彷彿とさせるものだ。そりゃあ初めて見たときは、「なめとんのかコラァ!」と思ったさ。僕にとって808ステイトはとてつもなく重要な存在であり、その808ステイトをモチーフにしたとなれば、生半可な曲じゃ満足するわけがない。モスクワ・クラブというバンド名もなんか寒そうだし、音もサムいのかな? と思って聴いてみたら、意外や意外しっかり琴線に触れたもんだからビックリ。見た目で判断してはいけないとは、このことですね。

 「909 State EP」は「Pacific 724」「Ghost Dance」の全2曲が収録されたEP。「Pacific 724」はエレクトロニック・ミュージックを基調としたインディー・ダンス。前のめりなリズムが勢いを感じさせる曲で、秀逸なポップ・ソング。そして「Ghost Dance」は、ちょっとノイジーなインディー・ロック。透明感あふれるヴォーカルと親しみやすいメロディが爽やかな雰囲気を演出している。ティーンエイジ・ファンクラブや初期のスーパーカーが好きなら気に入るはず。

 まだまだ荒削りな面は否めないが、昨今のビーチ・ポップと共振する部分もあるなど、時代を捉えるアンテナも備えている。今後の活動が楽しみなバンドであるのは間違いない。

 

(近藤真弥)

 

※本作はモスクワ・クラブのバンドキャンプからダウンロードできる。

retweet