JAMES BLAKE「Enough Thunder EP」(Atlas / Polydor)

|

James Blake「Enough Thunder EP」.jpg  静かな高揚感を携えた「Once We All Agree」で幕を開ける「Enough Thunder EP」。本作はソウル・ミュージックの要素が目立ち、『James Blake』にあったベース・ミュージックの要素は後退している。そして、「Order / Pan」で見せたマッドな面が窺える。このマッドな面に関しては「We Might Feel Unsound」に顕著で、ジュークを匂わせるビート、そこへ不気味な音響処理とジェームズの歌が交わっていくこの曲は、『James Blake』以降の実験が実を結んだ名曲と断言していい。だが、この成果で満足しないジェームズは、「Not Long Now」でさらなる実験精神を見せつける。リバーブをかけるタイミングや長さ、注意深く耳を傾けないと分からないディレイなど、隅々まで神経が行き届いた、狂気に近い完璧主義が支配する。しかし、ソウル・ミュージックの要素がもっとも色濃く出た、ボン・イヴェールとのコラボ曲「Fall Creek Boys Choir」では、心に訴えかける素直な感情が露わになる。優しく抱擁するようなピアノが美しい「Enough Thunder」や、ジョニ・ミッチェル「A Case Of You」のカヴァーも同様で、今まで以上にパーソナルな面が表現されているのも、「Enough Thunder EP」の特徴だ。

 本作を聴いても分かるように、ジェームズ・ブレイクの音楽には、ソウル・ミュージックもあればミニマル・テクノもある。ブルース、ゴスペル、アンビエント、ベース・ミュージックなど、数えだしたらキリがないほど、様々な音楽が鳴っている。だからこそ、ジェフ・バックリィの系譜で捉えることもできるし(僕も最初はそうだった)、ダブステップの文脈で聴く者もいる。しかし、個々の経験や価値観といったフィルターを通せば、また違うものに見えてくる。この見えてくるもの、つまりイメージを増やすことに、ジェームズは力を注いでいるのではないだろうか?

『Looping State Of Mind』におけるアクセル・ウィルナー(ザ・フィールド)もそうだが、ジェームズ・ブレイクは、イメージの連鎖によって聴き手の興味を引き寄せる。それはビートではなく、音の連続によって生み出すグルーヴ、"音によるリズム"と言ってもいい。最初は、音の中にジェームズ・ブレイクという"主体"を感じ取ることができるが、音を聴いてイメージを浮かべる、そしたら次の音がやってきて、また新しいイメージを浮かべるといった具合に、前述したイメージの連鎖によって、どんどん"主体(ジェームズ・ブレイク)"から視線がずれていく。そして、浮かべたイメージが積み重なったとき、新たな主体が目の前に現れる。それは"聴き手という主体"だ。ジェームズ・ブレイクの音楽は、"聴き手という主体"と"聴き手"が向き合っているかのような心理状態を作り出す。このまったく新しい音楽的体験に、我々は衝撃を受けてしまったのだ。聴き手の想像力、人生経験、正直な心、そして、これらを聴き手から引き出すジェームズのアイディア。すべてが必要不可欠で、どれが欠けても成立しない。そういった意味で、ジェームズ・ブレイクは"不完全な音楽"を鳴らしてきたと言える。

 いま思えば、『James Blake』のジャケはかなり示唆的だ。あのぶれた顔は、「あなたがいなければ完成しない」というメッセージだったのかもしれない。「あそこに写っているのは、聴き手であるあなただ」と。

(近藤真弥)

retweet