SGT. 『BIrthday』(Penguinmarket)

|

Sgt.jpg  彼らには鳴らすべき音がわかっていたんだと思う。研ぎすませた演奏と楽曲があれば、何度でもその音に命を吹き込んで、大勢の感性を揺さぶり得ることを確信していたんだろう。フルアルバムとしては前々作『Stylus Fantastics』から3年、待望の新作がリリースされた。予想外の展開とかっこ良さに狂喜。そのクオリティーの高さがハンパじゃないことに、ファンならずともそろそろ気付くべきだ。しかしこのアルバムは、ある意味トリッキーかつホットな音で埋めつくされている。ダイナミックな破壊力、緻密かつ完璧なアンサンブル、そしてどこまでも美しいバイオリン。恐ろしいぐらいにアイデア満載で刺激の塊。最初は一瞬、そのスリリングさに腰が引けそうになるが、一度耳に馴染んでしまえばもうヤミツキ。レーベルメイトでもあるUhnellysのKimを迎えた、バンド初の試みであるボーカル曲もかなり、ハマる。

(粂田直子)

retweet