佐伯誠之助「Ingo Beats Vol.1」(Vol4 Records)

|

INGO BEATS JACKET.jpg「面白くてカッコいいから、とにかく聴け!」

 本当はこれだけで十分なんだけど、それはあまりにもアレなので、蛇足になることを覚悟の上でいろいろ書いていきます。

 小学生レベルが鉄板で食いつくネタを、いい大人が綿密なプログラミングとサンプリングで音楽にしてしまった。それが、2011年07月21日(オナニーの日)に突如リリースされた「Ingo Beats Vol.1」というEP。

 司会のお姉さん口調の"みなさ~ん、チンポ好きですか~"から怒涛の下ネタが展開される「珍宝的 ~シーズン1~ The Chimpo -Season1-」。『Vitamin』以前の電気グルーヴを想起させる軽快なハウス・チューン「Sodc網頁開放!! SodcHPopen」。おそらくパクったであろうベースが特徴的な「珍宝何故勃起 Chimpo Wa Naze Tatsuno」。どこまでも馬鹿馬鹿しく、でも異常に完成度が高いトラック群。そこに『Voxxx』までの電気グルーヴが持っていた「自己破滅型の卑猥な狂気」を混ぜ合わせると...。あら不思議、見事な「Ingo Beats Vol.1」の完成というわけである。

 しかし、久々に"マラ"とか"ザーメン"と歌っている音楽を聴いたなあ(少なくとも日本語では)。「Ingo Beats Vol.1」には、今の日本に必要なものがあるとそこそこ思ってます。


(近藤真弥)


※このEPは、Vol4 Recordsのサイトから無料ダウンロード可能です。


 

retweet