『SUPER 8 / スーパーエイト』映画(パラマウント)

|

super8.jpg

〈ストーリー:1979年、アメリカ・オハイオ州。8ミリカメラで映画撮影をしていた6人の子どもたちのそばで、貨物列車の衝突事故が発生。貨物列車は空軍施設エリア51からある場所へと研究素材を極秘に移送中だった。アメリカ政府が隠す秘密を目撃してしまった子どもたちのカメラには、事故の一部始終が記録されていたが...。〉

 ハリウッドきってのヒット・メーカーである2人のクリエイター、スティーヴン・スピルバーグが製作を務め、J・J・エイブラムスがメガホンを取るSF大作。1979年にアメリカで実際に起こった事故を引き合いに、アメリカ政府がひた隠しにする秘密と、映画撮影に夢中になる少年たちが真実を暴く冒険と成長を描く。

 「この映画は、スーパー8フィルムで映画を作っていた子どもたちのことを語りたいという気持ちから生まれたもので、もともと自伝的な要素のあるアイデアだった。でも結果的には、僕が少年時代に夢中になっていた作品に対するオマージュになっていると思うよ(笑)」
 「僕の好きな映画がすべて1つになったような作品だ。ラブ・ストーリー、ドラマ、コメディ、青春ストーリー、アドベンチャー、モンスター、すべてが合わさっているのさ。これはアンブリン社(スピルバーグが82年に設立した映画・TV番組の制作会社、アンブリン・エンタテインメント)の作品の特徴だよね」(J・J・エイブラムス監督コメントより)

 21世紀の『E.T』だとか言われてる時点でネタバレも何もないとは思うんですが、『LOST』のJ・J・エイブラムスが監督作の映画です。この物語の核は移送中の「何か」ではなくて少年たちの成長を描くという意味で、観た感じだと『E.T』『グーニーズ』『スタンド・バイ・ミー』的なものを感じます。あとは『未知との遭遇』などの今から三十年ほど前を舞台にしていた少年たちが冒険に出るという物語、そして成長していくという冒険譚の系譜を正統派的に受け継いでいる作品。

 映画作りの少年たちは主人公(アメリカの少年映画でのある種の典型的な父との葛藤〈家族問題〉や失われた者に対しての気持ち〈切なさ〉、そして仲間との冒険で何かを得ていく〈成長〉)とアメリカ的なデブの子にからかわれる子に手癖の悪い子に臆病者の子という基本的なパーティ構成です。今作ではヒロインの女の子もそこに加わります。彼女もまた〈家族問題〉を抱えています。

 謎の物体(ルービックキューブ的な)を持ち帰るシーンは『グーニーズ』のエンディングでポケットから宝石が出てきたものに近いものを感じました。この映画の舞台は1979年で実際に起きた貨物列車事故を元にしています。テレビでは「スリーマイル島原子力発電所事故」が流れている時代背景。

 最後まで観た感想は糸井重里さんが作ったゲームソフト『MOTHER』を思い出しました。『MOTHER』をハリウッド映画にしたらこんな感じなんだろうなって『MOTHER』好きな僕には思えてしまいました。『MOTHER』は糸井氏がアメリカ文化に大きな影響を受け、また『スタンド・バイ・ミー』や『グーニーズ』などアメリカ映画へのオマージュが見られる作品であり、アメリカ的な町並や鉄道などが登場。総じてジュブナイル、児童文学的な雰囲気を持っています。僕が好きだった『MOTHER』は僕が生まれた当時のアメリカ映画からのオマージュだったわけですが、この『スーパーエイト』もそれらのオマージュやリスペクトから作られているので似ている感じがしたのだと思います。

 この『スーパーエイト』は母のいない世界(主人公の母は事故死、ヒロインの母は家から出て行った)で少年・少女期の彼らは残された父との関係の回復と世界の不思議と出会い仲間と共に不思議を探ります。世界とそうやって出会っていきます。「家族」というもので守られていた/あるいは庇護されていた幼少期から様々な友人と出会い、彼らは大切なものを見つけ傷つきながらも、自己のアイデンティティを獲得していきます。そういう意味ではきちんとしたジュブナイル・少年たちの冒険譚を描いた映画です。

 父親たちと息子と娘、母の形見の伏線回収がラストにきちんとやってきて、主人公が選んだ行為を見て僕らは彼が成長した事に感動を覚えます。少しだけ彼は大人になっているのです。

 ゼロ年代以降のSF的な想像力(『第九地区』『インセプション』『ダークナイト』『ハーモニー』『クォンタム・ファミリーズ』等)と近現代(70~80年代)のアメリカノスタルジーの組み合わせが上手くいっている作品だと思います。日本でも少年・少女が観に行って冒険に出かけたくなるような映画が作られてもいいのになあと思ったりもしました。あとこの映画の一番面白いところは映画仲間の一人が何度もゲロ吐くんだけど、そいつのゲロ吐くタイミングが面白すぎなところです。

 映画撮る少年の話なら『リトル・ランボーズ』の方が泣けるとは思います。でも、この映画のモンスター映画的な表現とかは劇場でもみんなビクってなっててSF映画だぜって感じで楽しめますし、世界に出会っていく彼らにかつての自分の幼少期を重ね合わせるノスタルジーを感じるのもいいです。子どもがいる人は、一緒に観に行ったらお子さんにとって素晴らしい映画体験になると思います。

 しかし、あいつがゲロ吐くタイミング完璧です。

 (碇本学)

retweet