taca-soccer

|
12_0_taca.jpg
VAMPIRE WEEKEND『Contra』
THE FUTUREHEADS『The Chaos』*画像
CODRINE VELVET CLUB『Codeine Velvet Club』
THE DRUMS『The Drums』
SCISSOR SISTERS『Night Work』
MANICS STREET PREACHEERS『Postcards From A Young Man』
THE MORNING BENDERS『Big Echo』
TWO DOOR CINEMA CLUB『Tourist History』
EVERYTHING EVERYTHING『Man Alive』
SLEIGH BELLS『Treats』
 UK寄りでミーハーな音楽聴きの私にとって2010年は「苦しい1年になるのでは」とか「洋楽から離れてしまうのか?」なんて思ったりしたけれど、エヴリシング・エヴリシングとトゥー・ドア・シネマ・クラブ にはワクワクさせられ、ザ・ドラムスには懐かしさを感じ、スレイ・ベルズには何だか良く分からない可愛らしさを感じたりといった新たな出会いが多かった。

 また、ベテランながら軽快なサウンドで魅了したマニック・ストリート・プリーチャーズ、大人が楽しめるポップスを提供したシザー・シスターズ、集大成的素晴しさを感じさせたザ・フューチャーヘッズなど本当に充実した1年だったような気がする。

 10作品からは漏れてしまったけど、ラ・ラ・ライオット、LCDサウンドシステム、アッシュ、キングス・オブ・レオン、アーケイド・ファイア、ディーヴォ、スプーン、ホット・チップ、バンド・オブ・ホーセズ、クラクソンズなどのアルバムは素晴しかった。

 唯一残念だったのがザ・フューチャーヘッズとコデイン・ベルベット・クラブの日本盤が発売されなかった事。特に後者はフジ・ロック参戦したにも関わらずである。どちらも良いアルバムなんだけどなぁ...。
(taca-soccer)
Twitter

retweet