ベベチオ『リビングのデカダンス』(In The Garden)

|

bebechio.jpg「今までで一番シンプルな気持ちで、良い作品が出来たなって思ってる。きばらずに良い事言えたし、そういう意味で焦りのない良い表現が出来た。」(Vo&Gt 早瀬直久。以下同じ)

 大阪在住の二人組、ベベチオの3年ぶりの2ndフルアルバムは素朴なメロディと共に無垢な言葉がしっかりと心に響いてくる好盤。ただ、前作までと異なり、アルバムタイトルにデカダンスという、どちらかといえばマイナスなムードの言葉を使っていることもあり、全体のイメージはモノクロだ(と思ってたら、ジャケットもモノクロだった!)。

「デカダンスって言葉自体が全部悪い意味じゃなくて...。例えば退廃的な気分とか虚無を帯びてるとか、そういうことも美化していこうって思っていて。上手いこといかへんから今日はデカダンでいこう、みたいな。そういうのが暮らしには絶対必要。良いことばっかりあって、急にダメなことがあった時にドンて落ちるんじゃなくて、予めそういうのを解っておくことが暮らしには必要なことやとずっと思ってて。でもそれをわざわざ表現するのも違うのかなって思ってたけど、今回、そこを美化していくことも必要やと思ったんです。で、リビングに大きいタンス、でっかいタンスがあったら邪魔じゃないですか?でもそこに何を入れるかが、生きるスペースに関わってくると思うんですよね。」

 ある「想い」という縦軸は貫かれているんだけど、曲のスタイルという横軸に関してはバラエティさもあり、聴きやすかったりもする今作。3年振りということもあり、音作りで新しい試みなどはあったのだろうか。

「曲の作り方は今までと変わってないですね。僕の中である程度アレンジしてから相方の平良(Ba)に聴かせてます。音作りっていうところで言うと、今回は音を結構抜いてますね。一回入れたやつを削る作業が多かった。抜いた方が曲の輪郭が見えやすくなるから。着飾るよりもシンプルなものが大事やし。」

そして、アルバムの最大の魅力が、早瀬直久の精神からチューブを絞り出すようにぬらりと滑り出す、その歌声にある。一定の距離感を保ちながらも、誰にともなく告白するような生々しい歌声は、濡れているようで枯れている。発狂横の美しさと優しさ、そして強さ。

「自然にしてても人となりは表現の中に出ると思うけど、僕の場合、意識して出そうとしてるから余計にそうなってると思う。曲に強さがあるっていうのは...俺、まあまあ強いんちゃいます?(笑)」

(粂田直子)

retweet