フレーミング・リップス at なんば Hatch 2010/11/15, Zepp Tokyo 2010/11/17, 2010/11/18

|
 日本にハロウィンがやってきた。オレンジ色に染められたフレーミング・リップスのステージは、なんとスクリーンの女性器から出てくるという変態なパフォーマンスを見せ、更に彼ら特有の大量の紙吹雪と巨大バルーンの数々で、最初から最後まで大いに盛り上げてくれた。ステージにはメンバー4人のほか黒子ならず全身オレンジ子のスタッフが通り、一般から選ばれた全身オレンジ色のコスチュームを着たフレーミング・リップス・ダンサーズ(筆者含む...)が踊り、時にVo. のウェイン・コリンはメガフォンを使い、シンバルを叩き、ドラを鳴らし、飛び跳ねていた。G. のスティーヴン・ドローズも可愛い日本語でオーディエンスを沸かせた。

 前半の曲は日によって変わり、「ヨシミ・バトルズ・ザ・ピンク・ロボッツ」や「イェー・イェー・イェー・ソング」などを披露。終盤ではライヴのハイライトとなる「レース・フォー・ザ・プライズ」をプレイ。「ヨシミ...」同様、ウェインがマイクをオフにして歌ったことによるオーディエンスの合唱が印象的だった。そして最後には「ドゥ・ユー・リアライズ?」。こちらも英語圏でないにも関わらずオーディエンスに歌わせたウェイン。実力派の彼らの大成功のライヴだったと言えよう。

retweet