ザ・スーザン『Golden Week For The Poco Poco Beat』(Downtown / Hostess) 

|
susan.jpg
 すごく風通しがいいアルバムだ。一般的な括り方としては「インディ・ロック」なんだろうけど、ザ・スーザンが鳴らす音はどこまでも開放的で自由を謳歌する喜びがある。祭り的なトライバル・ビートもすごく楽しくて、シンプルなガレージ・スタイルに隠された素晴らしいメロディと幅広い音楽性。様々な音楽がフラット化され、そのフラットな状態から最適な音を選ぶのに四苦八苦している姿が浮かぶアルバムも目立つなか、シンプルな音のなかに音楽的振れ幅の大きさを落とし込むことができているし、そうした音を選ぶ審美眼もかなり高い。『Golden Week For The Poco Poco Beat』というのは、アーケイド・ファイア『The Suburbs』みたいに何かを背負っているわけでもなく、ただひたすら「どこまでも良いアルバム」だ。誤解を恐れずに言えば、ザ・スーザンは「自分達が面白いと思う音楽」を作っていると思う。つまり、クリエイティブな目的のみで音楽を鳴らしているし、だからこそ『Golden Week For The Poco Poco Beat』のようなアルバムが欧米で評価されていることにすごく感動してしまう。

 ザ・スーザンの凄いところは、「日本的なるもの」を振りかざさずに評価を得たところだ。日本にも海外に進出しようとするバンドはたくさんいるけれど、欧米というマーケットは自分達にとっての文化的他者性というものを中心化して評価したがるし、そのせいで「日本的なるもの」を強要されるという一面もあったと思う。もちろんザ・スーザンにも固有の文化的背景というのはあるだろう。音にもそれは滲み出ているのだけど、それはアメリカで本格的に活動するようになってから、自分達は日本人であることを自然と自覚せざるえない状況にあったわけで、そこに不自然さはない。だが、「違和感」というのは存在する。しかしその違和感というのはあくまでザ・スーザンとしての個性が違和感を創出しているのであって、それは極めて音楽的な違和感なのだ。つまり、『Golden Week For The Poco Poco Beat』というアルバムは、「ザ・スーザンというバンドの美しい音楽が詰まっている」という点でのみによって傑作に成り得ている。しかも世界というマーケットでそれを実現している。

「コーラスワークが面白い」その通り。「クラシカルな曲調もある」その通り。「アジアや中東の独特なメロディを取り込んでいる」その通り。他にも様々な音楽的指摘があるだろう。その全てがその通りだ。何故なら、ザ・スーザンが鳴らしているのは「音楽」だから。でも、そんな後付けの指摘なんか無視して、まずは聴いてみてほしい。僕は基本的に「聴けばわかる」というスタンスだから、なるべく聴く前の人に説明や解説などはしたくないのだけど、ここまで「聴けばわかる」と自信を持って紹介できるアルバムは久々だ。そして「聴けばわかる」と自信を持って紹介できるのは、先に述べたように「ザ・スーザンというバンドの美しい音楽が詰まっている」からで、それは「それしか必要としない」ということでもある。情報が神様となったこの世界において、ここまで純度が高いアルバムが生まれるのは凄いと思うのだが、どうだろうか?


*日本盤は1月26日リリース予定です。【編集部追記】

retweet