『リトル・ランボーズ』映画(Stylejam)

|

son_of_rambow.jpg『リトル・ランボーズ』の英語のタイトルは『Son of Rambow』で、劇中でも主人公のウィルが「僕はランボーの息子」だと言っている。数年前に公開されヒットした『リトル・ダンサー』も英語タイトルは『Billy Elliot』なのでどちらも配給会社が日本語タイトルとしてつけたんだろう。『リトル・ダンサー』もヒットしたし、こっちも『リトル・ランボーズ』にしようみたいなのがあったのだろうか。 『リトル・ランボーズ』が1982年のイギリスで『リトル・ダンサー』は1984年のイギリス北部の炭鉱町が舞台なので時代背景も近い。

 ストーリー・イギリスの片田舎に住む11歳の少年・ウィル。厳格な戒律を守るプリマス同胞協会である彼の家庭では、テレビも見てはダメ、フィクションの小説もダメ。ポップスも禁止、新聞、スポーツ観戦、ラジオ、芸術、もちろんアクション映画なんて禁止中の禁止事項だ。そんなウィルは、偶然クラスのいじめっ子・カーターと出会い、ある日偶然、彼の家で『ランボー』を見てしまう。初めて見るテレビ、初めて見る映画、はじめて見るランボー! すっかりランボーの虜になってしまったウィルは、放課後になると"プチ・ランボー"に変身して、カーターの映画製作に協力するのだった。ところが不慮の事故が起こり、ウィルは入院する羽目に...。

 監督のガース・ジェニングスは72年生まれで、ブラー『Coffee & TV』R.E.M『Imitation of Life』をはじめ、これまで多くのMVやCMなどを手掛けてきている人物。『Coffee & TV』でのミルク君が歩いているユーモアさとポップさが彼の持ち味なんだろうか、『リトル・ランボーズ』にもこのMVは通じているというか観ると同じ人がやってるんだろうなって感じがするので、これが好きならまあ映画も大丈夫じゃないかな。

 監督の幼少期の実体験が入っているらしい。実際に友人たちと『ランボー』を観て映画を撮影したのが元で、映像許可のためにスタローンに手紙を書いて許可を得たとのこと。なのでこの作品には『ランボー』の実際の映像が出てくる。 主人公・ウィルが聖書やノートに書いている絵が実際の映像と合わせて使われていたりと、ミシェル・ゴンドリーやスパイク・ジョーンズの作品に近いのはMV作りとかしてた監督の空気感とかポップさだったりするのだろう。

 この10年代(テン年代ともイチゼロ年代とも言いますが)は80年代的なものが来ると言われているのは、時代の周期が30年で回るとか回らないとか言われてて、僕が思うのは僕らの世代や少し上の人達が過ごした80年代ってのがあって、その世代が世に出ていき映画なり音楽なり表現をしていくメインになるので自分たちが過ごした幼少期や影響が作品に出てくるのでそうなるんだと思うし、あと80年代に二十代とかで活躍してた人が四十代後半とか五十代になって行く中で時代とまたかみ合っていくので、80年代の反復みたいな事になるんじゃないかなって思う。

 でも、実際に僕らの思春期だった頃は90年代なんでそれもどうだろうなあとか思ったりはする。たぶん、三十代前半と二十代後半は90年代の影響の方がデカイ。なんでどちらかというと90年代の影響下から始まった初期衝動から始めた人が出て行ってメインストリームになりそうな気がしているのだが。十年後の20年代はたぶん違う形になると思うんだけど、90年代以降ネットや携帯が生まれた頃にすでにあった世代が最前線のメインストリームで活躍する時にたぶん、今以上に世代の断絶感や距離が出てくるんだろう。たぶん、それはもうどうしようもない。最初に使える、手に出来る表現方法がまったく違うテクノロジーだと想像や手段が違うのでかなりそれがデカイかなって。まあ、ゼロ年代は暗かったし景気悪かったし、ポップで華やかなものが溢れてもいいんじゃないかなって思うんだよねえ。80年代や90年代のポップさが前ディケイドのカウンターとして。

 カーターが映画館で上映している『ランボー』を家庭用ビデオで盗み撮りしたものを、ウィルが彼の家で観た事がかなり大きな事だと思う。 監督も『ランボー』の海賊版コピーを観た事でオリジナルではないコピー(海賊版)から影響を受けている。そのことの意味。80年代にビデオデッキの普及したことに伴って、映画は映画館だけで観るものじゃなくなって再生産のようにコピーされ広まっていくという最初の時代。 オリジナルが正式な手順であろうがコピーされようが、その中身はウイルスに感染する様に影響していく。

 僕が最初に見た裏ビデオは友人の兄が持っていた飯島愛の出演作で、それもダビングという名のコピーで広まったものだった。わりと近い年代の人に聞くと最初に見た裏ビデオが飯島愛だという人は多い。確かナースの格好をしてたみたいな事で盛り上がった事がある。ある種の同時代性というのが商品の流通で触れているとあるのだが、ネットで裏動画とか見てるとそれが同世代だから伝わるとか共通するというのは減っているんじゃないかな。

 オリジナルとコピーの問題を考えてみたり、初期衝動があって何かになりたいとか憧れがあるとそれを真似る。例えばファッションだとか仕草とか髪型とか諸々。最初は誰もが真似から始めるしかない。

 彼らは『ランボー』を真似て、ランボーの息子として彼を救いに行く戦いを映像で撮ろうとする。彼らはその作品を撮るということで繋がっていき友情を深めていく。ウィルは父親を亡くしている。彼にとってランボーはある種、父の代わりであって、だからこそ父を救いに行くのだという事も大事な設定だ。彼の一家は厳格な戒律を守るプリマス同胞協会である。協会の同胞のおっさんがやってきては、戒律を守れとか父親代わりみたいな事を言うのだが、それはウィルにとっては最悪な世界だ。

 彼が自身で選んだわけではない宗教の戒律で縛られるという不自由。彼はそれらと戦う様にカーターと共に作品を作り、無茶もするし傷だらけになりながらも自分がやりたいこと、やってみたいことをする。それ自体が戒律を破り、彼ら一家は追放される危機が訪れる。その時に母が選ぶのはどちらなのか。厳格な戒律があるプリマス同胞協会について、物語がうまく機能する様に設定されているのもこの作品の上手さだと思う。 カーターも父はいないが母は海外に行っていて、兄だけが自分を孤独にしない唯一の家族である。故に、彼は兄に奉仕するような感じになっているが学校では問題児だったりする。その設定も最後にうまく活かされていてほろりとくる。

 『スタンド・バイ・ミー』や『グーニーズ』のように、少年時代がどんなに糞ったれでも仲間と冒険する事で想像する事でそこから一瞬でも抜け出す事ができる、その興奮と楽しさはその時代にしか味わえない。だから大人になり観ると昔とは違った想いが湧く、ノスタルジーが。かつて子どもだった僕らがこの映画を観ると甦ってくる。あなたの心の中の少年・少女は元気ですか?

(碇本学)

retweet