MAS『えんけい / Enkei』(Penguinmarket)

| | トラックバック(0)

mas.jpg アグレッシヴなサウンドに併せ持つ翳り...。本気で〈10年に一度の傑作!!〉と言ってしまいたい、5年振りとなるMASの3rdアルバム。ツジコノリコやtoto(suika)のプロデュースを手掛けるヤマダタツヤ(Tyme.)をリーダーとする5人組。疾走するリズムの上を神秘的なバイオリン、濃厚なサックス、密かに白熱するギターを中心としたアンサンブルがダイナミックに絡み合う。圧倒的なロック・グルーヴをかますアバンギャルドかつナイーヴなサウンド、絶望感と隣り合わせの愛の重みにズキリ。その後には小さなキラリ。反復されるリフにキラキラと舞い散る音の粒が溶け合った今作は、聴き手の期待をなだめるように静かな世界が展開されていくが、だからこそタイトル(=円径、遠景...)に込められた思いが伝わってくるし、そこから聴こえるメッセージに耳を傾けたいと思う。それにしても、暗部の中に果敢に美しさを見いだす彼らは、なんて志の高いグループなんだろう。

(粂田直子)

retweet

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: MAS『えんけい / Enkei』(Penguinmarket)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://cookiescene.jp/mt/mt-tb.cgi/2467