WHITE DENIM『Last Day Of Summer』(Self-Release)

|

white_denim.jpg テキサス州オースティンの3人組、ホワイト・デニム。彼らのサウンドのベースになっているのは、初期ストロークスやホワイト・ストライプス譲りのガレージ・ロックだ。だが、そこにプログレ、ファンク、フォーク、カントリー、更にはソウルやダブの要素までブチ込む貪欲な雑食性で奇妙なサイケデリアを生み出している。もし、レッド・ツェッペリンがアメリカ中西部でトリップしたならこんなふうになっていたんだろうか?、と思わせるような突然変異種のバンドだ。

 そんな彼らは、08年にデビュー・アルバム『Workout Holiday』、09年にセカンド『Fits』をリリース。これまでは速いペースで、充実した作品を制作してきた。

 そして今年はというと、案の定新作が届けられた。しかも、フリーDLでの配布に踏み切っている。現在、バンドのオフィシャルHPにてこの音源は配布中。トップページに掲載されたコメントによれば、この作品はあくまでもオリジナル・アルバムではなく、次のアルバムが出るまでの間ファンに楽しんでもらうためのものだそう。肝心のアルバムは来年になるようだ。

 とはいえ、この『Last Day Of Summer』は手抜きのラフな作品なのかといえば、決してそうではない。前2作と比較して肩の力が抜けているような印象は確かにある。だが、その結果として、これまでの2作に漂っていたムサ苦しさや男臭さがぐっと軽減。その代わり、フックのあるヴォーカルの掛け合いや、トロピカルなビートなどが前面に出てきてぐっと聴きやすくなっている。楽曲のユニークさにおいても、ミニマルなリフを延々と繰り返すインストがあったり、うねうねと曲がりくねるメロディに曲の世界に引きずり込まれたり、はたまた曲によってはサックスを導入して新たなサウンドを模索している充実ぶりだ。『Last Day Of Summer』とのタイトルどおり、ぎらぎらと照りつける日差しが和らぎ、涼しさが姿を現そうとするひとときを切り取った、くらくらするようなサウンドスケープが広がる作品だ。

 全12曲、ポップにベクトルを向けた作風に、今後の期待が高まるばかり。この作品でまだ練習レベルなのだから、これから取り掛かるアルバムは素晴らしいものになるのだろう。この音源で多くの人がこのバンドの期待を共有して欲しいものだ。

(角田仁志)

retweet