レガ『Lyrics』(Sophori Field)

|

rega.jpg「ギターの四本晶が加入後初めての音源だったので、前のギタリストが抜けて晶が入って、レガとしての1stアルバムぐらいの気持ちだったんですね。勢いのあるテンションで作ったので、そういうところからエッジの効いた作品になったのかも知れません。」(Gu、井出竜二)

 期待を上回るテンションの高い2ndフル・アルバムを発表した愛媛出身東京在住の4人組レガ(rega)。一応プログレッシヴ・ジャム・バンドってことになってはいるが、その単語だけを聞いて彼らの音楽を聴かないなんて勿体ない! 絡みつくようなグルーヴ、高揚感を煽るメロディー、色気のあるギター。重厚なベースとドラムスが緩急を付けながら次第に沸点へと昇りつめていく際の、めくるめくような快感!

「竜二がギターでメロディーを弾いていて、前の(もう一人の)ギタリストも単音弾きで、前は単音弾き同士の掛け合いだったんですよ。それが晶が入って、彼が弾くコードとかアルペジオの広がりに対して竜二が単音のメロディーをぶつけるので、以前より音の厚みが出たと思う。」(Ba、青木昭信)

 常に変化し続けるエモーショナルなツイン・ギターと、思い切り絡んでくる(笑)ベースが、扇情的なメロディーへさらに複雑なコントラストを付けていく。

「(アルバム・タイトルについて)ちょっと斜に構えたんですかね。インスト・バンドで『リリックス』って捻くれてるじゃないですか?歌詞がないのに『リリックス』って。歌詞ってメロディーに乗って伝わるものだと思うんですけど、そのメロディーの強さは今回の作品に凄くあると思うんですよね。」(昭信)

「他人と同じじゃ嫌っていうのもあるし、インストって枠に収まる気もさらさらないし。俺らの曲には歌はないけど、でも(想いを)届けたいって気持ちが凄くあるんですよ。」(竜二)

 それまでサポートギターだった四本晶が正式メンバーとなり、今作では、より、メンバー4人のバンドに対する偉大な自信と信頼が素晴らしい化学反応をもたらしたのではないだろうか。

「レガに入って最初にスタジオ入って曲作りする時に、作り方が面白いなって思って。前まで歌ものバンドにいたので、順序立てて曲作りしてたんですね。でもレガって、コラージュみたいにペタペタ素材を貼って曲を作っていくんですよ。それが衝撃でしたし、面白かったです。僕も(曲作りの時に)フレーズを持っていって『これじゃないかな?』って思いながら弾いたんですけど、それを使って曲にしてしまうっていうようなこともあって、凄いなって思いました。」(Gu、四本晶)

「晶は一発録り初めてやったし(レガのレコーディングはいつも一発録り)、割と『どうしよ、どうしよ』言うタイプなんですけど(笑)、1曲目で緊張ほぐれて、後は順調にいけましたね。頑張ってくれたなって思います。あと彼は前作の『ミリオン』(1stフル・アルバム)のツアー中にサポートで入ってくれて、そこから100本ぐらいライブをやった後に正式メンバーになったんですけど、そのツアーを重ねた時間がデカかったですね。そこがなかったら『リリックス』は出来てなかったと思います。」(竜二)

 レガの曲は一定の形に留まらず、一曲の中でも変化していくことがユニークなのだが、こういった感覚はどこからきているのだろう?

「俺ら別にインスト・バンドを聴いてきて演奏やってるわけでもないし、より、グッとくる方向に持っていこうとしたら、ああなるっていうか...。狙って変なことしようとは思ってなくて、よりメロディーを引き立たせようと思ったら、そのメロディーに行く前にこういうクッションがいるな、とか。それだけなんですよね。」(竜二)

 また、前作には感じていなかったトリップ感、サイケ感がありつつも、キラキラしていたりヘヴィーメタルな趣があったり...。そういったものが共存しているのは何故?

「自分の作ったものから刺激を受けてるっていうのが大きいかも知れない。自分が作ったものに刺激を受けつつ、さらにそれを裏切ろうっていうのがあるかな。曲が出来た時に次の欲求と次のイメージとそれに対する自分の裏切る行為がまた新しい曲を作って、それに対してメンバーが反応して。その繰り返しが無限の可能性を生んでるんだと思います。」(昭信)

 多様な音楽性を折衷する洗練されたアレンジ能力とバンドとしての半端ない熱量は勿論、それぞれに自立し、主張する音を聴いて欲しい。ギリギリなまんまだから。

*rega「Mr.MARLOWE」Music Video

(粂田直子)

retweet