クラクソンズ『サーフィング・ザ・ヴォイド』(Polydor / Universal)

|

klaxons.jpg ちょー最高! このアルバムさえあれば無人島に島流しにされても構わない、というくらい最高。「これはリスナーの求めているクラクソンズのサウンドじゃない」というバンドとレーベル双方の判断で、一度は出来上がったセカンドもお蔵入り。程なくしてもうアルバムなんて作るクリエイティヴィティもモチヴェーションも失われてしまったんじゃないか、という最悪のスランプに陥ってしまうが、いや、おれたちはポップ・ソングをやってなんぼなんや! という単純明快にして大正解な結論に辿り着いたクラクソンズの復活第一声が、ニュー・アルバム中盤に配された「Flashover」だった。

 アルバム全体を聴いてみても前作とさして変わりないサウンドだが、現在のロック・シーンを根底からひっくり返してしまうくらいの強度を新たに獲得している。私がかつてキラーズやジェットのセカンドに感じた興奮を、彼らのセカンドにも感じることができる。やっぱりクラクソンズは無敵だぜ、と彼らを(何だったら彼らの母国であるイギリスの音楽シーンを)全肯定してしまいたくなるようなアルバム。おそらく最初から最後まであなたのテンションは下がらず、興奮しっぱなしのまま最初の「Echoes」をリピートすることになる。「Echoes」、これは2010年を代表する大アンセムだ。いまのところぶっちぎり。叩きつけるようなピアノと頭を揺らさずにはいられないダイナミックなドラミング。そのサウンドの中核を担うはギュインギュインのベース。ギターも負けじとばかりにホットなフレーズを繰り出す。
 
 さっき私は誤解を招くようなことを書いた。イギリスの音楽シーンのなかでクラクソンズは異端のはずなのに、なぜ「イギリスの音楽シーン万歳」という話になるのか。彼らが新しいメインストリームになるからだ。フェスのトリを任せるならクラクソンズしかいない、という時代の到来を予感させるくらいスケールのでかいセカンドだからだ。そして今作の日本盤の帯に書かれた「衒いのないロック作品」というコピーそのまんまだからだ。だからキラーズやジェットの名前も引用した。こりゃもうバカでかい会場でライヴを観るしかない。グリーン・ステージか、マリン・スタジアムか。クラクソンズはリスナーの期待に見事に応えた。もしかしたら批評家のあいだで賛否両論あるのかもしれないが、そんな意見はこの際おまけで構わない。ナイスすぎるよ、ロス・ロビンソン。

(長畑宏明)

retweet