スターズ『ザ・ファイヴ・ゴースツ』(Vagrant / Universal / P-Vine)

|

stars.jpg これはもう、ジャケ買いでしょう。ライトなホラー感のあるモノクロ写真。背後には薄っすらと人影が。でもバンド名はピンクだからポップ・センスを感じさせる。音の方も男女ツイン・ヴォーカルによるデュエットがロマンティックでいてポップ。5人組の彼らが繰り出すサウンドはヴァリエーション豊かだが、そのどれもがポップ感十分だ。アンドリュー・ホワイトマンがゲストとして参加。ブロークン・ソーシャル・シーンと共にカナダを拠点とするスターズが、自ら立ち上げたレーベルからの1作目『The Five Ghosts』、それはロマンチシズムをひょいっという具合に提示する。
 

 特に女性ヴォーカルの歌声がキュートでいてセクシー。ドット・アリソンとムームの元ヴォーカリスト、クリスティンを意識しているのか? と思えるような一人二役的な歌声が楽曲の雰囲気の幅を広げている。男女のヴォーカルを何重にも重ね幻想感を出したかと思えばシンプルに艶っぽい歌声を押し出す。さらにエコーを効かせてどんどん歌声を伸ばしていき、ぱたんと途中で途切れさせ、次の瞬間、おとなしかった歌声が軽やかにステップを踏み出すところにキュンときた。確信犯的なロリータ・ヴォイスはトミー・フェブラリー級だ。
 
 どちらかといえば、「ありそうでなかった」というよりは「ありそうで、やっぱりあった」というインディー・ポップスでとんでもなく目新しいわけではないが、そんなことはどうでもいいよというノリが良い。室内楽的なストリングスもアコースティック・ギターも、そっと触れ合う程度に添えられて、茶目っ気のある電子音もエレクトリック・ギターもピアノの音色もかわいらしく、つまりはアルバム全編がチャーミングなのである。しかし糸を切られた操り人形が意志を持ち、勝手に繰り広げる劇を観ているような奇妙な風景が目に浮かぶところもあるからたまらない。大げさで強引な例えを出せば、ビートルズのサージェント・ペパーズの世界をチャーミングにした感じ(とはいえ、なんとかリヴァイヴァルみたいなものでは全然ないよ)。凝っているけどお高くない。庶民的な朗らかさがあるというか、身近な暖かさがじんと伝わる。かなりの傑作だ。
 
 ただ、ボーナス・トラックは賛否両論だと思う。アルバム・リーフやオブ・モントリオールなど、「おお!」となる名前があるけど、妙にエレクトロニカっぽくしていて奏功しているとは言い難く、実験が実験の域を脱していない。ボーナス・トラックだと割り切って聴けばそれはそれでいいのかもしれないが、個人的には輸入盤の方が好みかな。

(田中喬史)

retweet