ザ・トーレスト・マン・オン・アース『ザ・ワイルド・ハント』(Dead Oceans / Moorworks)

tallest_man_on_erath.jpg
 スウェーデン出身のSSW、クリスチャン・マットソンによるソロ・ユニット。主にアコースティック・ギターやバンジョー(一部の曲では鍵盤も)を使ったシンプルな弾き語りを中心に、枯れた味わいのフォーク・ソングを聴かせてくれている。ボブ・ディランを引き合いに語られることが多い彼だが、本人もディランからの多大な影響を公言しており、デイトロッター(様々なアーティストのライブ音源を公開しているアメリカのサイト)では、ディランの「I Want You」のカヴァーも披露している。

 もちろん、彼の音楽は単なるディランのモノマネにはとどまらず、歌詞やメロディー、歌声やギター・プレイなど楽曲の節々に、独特の工夫や味が見受けられる。どこか飄々とした雰囲気のディランに対し、マットソンの歌声は、よりダイレクトに聴き手の心を揺さぶる、切実さを孕んでいる。

 本作でめでたく日本デビューを果たしたザ・トーレスト・マン・オン・アース。ジョン・ヴァンダースライス、ボン・イヴェールらとのツアーや、SXSWへの出演を通じてアメリカでは既に高い知名度と人気を獲得しているが、日本でも大ブレイクを果たすか!? 「地上で最も背の高い男」から、今後も目が話せない。

retweet

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ザ・トーレスト・マン・オン・アース『ザ・ワイルド・ハント』(Dead Oceans / Moorworks)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://cookiescene.jp/mt/mt-tb.cgi/2156