THE MYNABIRDS『What We Lose in the Fire We Gain in the Flood』(Saddle Creek)

|
mynabirds.jpg
 元Qアンド・ノットUのドラマーであるジョン・デイヴィスが、ジョージー・ジェイムズというユニットを結成し、アルバム『Places』で突き抜けたポップ・ソングを聴かせてくれた時は新鮮な驚きを感じた。アルバム一枚を残してジョージー・ジェイムズは解散してしまったが、そのメンバーだった女性シンガー、ローラ・バーヘンが新たに立ち上げたユニットが、このTHE MYNABIRDSだ。

 アズール・レイやO+Sのメンバーとして知られるオレンダ・フィンクがゲスト・ヴォーカルとして参加し、 トム・ナトゥ(ジーズ・ユナイテッド・ステイツ)、ネイト・ウォルコット(ブライト・アイズ)といったサドル・クリーク周辺の腕利きミュージシャンが脇を固める。そして、ソロ・ミュージシャンとしても高い評価を受け、先日リリースされたダミアン・ジュラードの最新作などでもその手腕を振るっているリチャード・スウィフトがプロデュースを担当。

 ジョージー・ジェイムズの作品でも垣間見られた60年代ポップス〜R&Bへの愛が、よりストレートな形で表出した楽曲が並ぶ。ボビー・ジェントリーを思わせるローラのハスキー・ヴォイスを、あなたもじっくりと堪能して欲しい。

retweet