ナダ・サーフ『イフ・アイ・ハド・ア・ハイファイ』(Mardev / Ki/oon)

|
1_nada_surf_cover.jpg
 大感動の初来日からもうすぐ一年、サマーソニックでの再来日(東京のみ)も決定しているナダ・サーフから届けられた新作はカヴァー集。これまでもザ・ディービーズ(The dB's)やピクシーズなどの楽曲を取り上げてきた彼らだが、本作も音楽オタクを唸らせる通好みな選曲となっている。彼らが影響を受けてきたであろう大御所アーティストから、スプーンのような同世代バンド、ソフト・パックのような若いバンドの楽曲まで、音楽への愛がひしひしと感じられる選曲になっている。

 原曲のメロディの良さを活かしながら、しっかりとナダ・サーフらしさの感じられる演奏になっている曲が多いが、ムーディー・ブルースの「Question」のカヴァーのように、大胆にパワーポップ風にアレンジされている曲もあり、聴き手を飽きさせない。かつてスピンアートから作品をリリースしていたビル・フォックスなど、地味ながらも素晴らしいアーティストの楽曲が選ばれており、興味を持った方はこの機会に是非オリジナルと聴き比べてみてほしい。

 日本盤ではボーナス・トラックとして、昨年のナノ-ムゲン・フェスティヴァルでのライヴ音源と、アジアン・カンフー・ジェネレーション「ムスタング」、少年ナイフ「Bear up Bison」、スピッツ「空も飛べるはず」などのカヴァーが追加収録されている。

編集部より:近日中にインタヴューをおこなう予定です。この素敵なアルバム・タイトル(『If I Had A Hi-Fi』つまり「もしぼくがステレオを持っていたら...」)についても尋ねる予定ですし、それがアップされる際に、より詳細なカヴァー曲のラインアップも紹介します。

retweet