ブリッツェン・トラッパー『デストロイヤー・オヴ・ザ・ヴォイド』(Sub Pop / Traffic)

|
blitzen_trapper.jpg
 ポートランドを拠点に活動する6人組。<サブ・ポップ>移籍第一弾リリースで、彼らの名を世に広く知らしめることとなった前作『Furr』では、カントリーからハード・ロックまで飲み込んだサイケデリック・ロックを聴かせてくれたが、昨年リリースされた「Black River Killer」EPでは少し落ち着いた...例えばウィルコの近作のような手触りの、メロディの引き立った曲が多く見受けられた。

 そして5枚目のフル・アルバムとなる本作では、「Black River Killer」EPの路線を更に深めた、まさに独特のブリッツェン・トラッパー・サウンドを確立したと言えるのではないだろうか。前作で顕著だった雑多なポップ感覚は減衰し、よりルーツに寄り渋みを増したアレンジが印象的だ。ひたすら美しいメロディーとコーラス・ワークはフリート・フォクシーズにも通じるところがあり、彼らのファンにも聴いてみていただきたい。

 M8「The Tree」では、<ラフ・トレード>から作品をリリースしている女性SSWのアリーラ・ダイアンをフィーチャー。美しい歌声で作品に華を添えている。エフタークラングやホース・フェザーズとの活動で知られるヘザー・ウッズ・ブロデリックとピーター・ブロデリックの姉弟がストリングス・アレンジを担当。プロデュースは、ブライト・アイズやM.ウォードとの仕事で知られるマイク・コイケンドールとグレッグ・ウィリアムズが手がけている。
(山本徹)

*日本盤は7月7日リリース予定。【編集部追記】

retweet