マーチング・バンド『ポップ・サイクル』(U&L / &)

|
reviews_100516_1_marchingband_popcycle.jpg
「ガールズ」や「ドラムス」など検索し難いバンド名が流行中(?)の昨今だが、このバンドもちょっと検索し難い。彼らの名はマーチング・バンド。スウェーデンのリンシェーピン出身の、エリックとジェイコブという2人の青年によるユニットだ。本作は、各方面で絶賛されたファースト・アルバム『スパーク・ラージ』に続く2ndアルバムで、エド・ハーコートやカメラ・オブスキュラ、コンクリーツの作品で知られるヤリ・ハーパライネンがプロデュースを手がけている。美麗なピアノで幕を開ける「ANOTHER DAY」から、ほとんど産業ロック(?)なギター・ソロがフューチャーされた「OKEY」まで、前作よりもアレンジの振れ幅が広がり、聴き手を飽きさせない構成になっている。もちろん彼らの持ち前のキラキラした美メロは健在で、二人のヴォーカルのハーモニーもバッチリ。同郷のローニー・ディア辺りにも通じる、丁寧に作り込まれた楽曲群は、インディー・ポップ・ファンのハートを鷲掴みにして離さないだろう。

retweet